Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2017年3月21日

2晩続けて女子会

写真はないのだけれど、
家を洗い終わってから、買い物して、
ご近所さんの、例の馬を飼っているおうちのママさん、Y子ちゃんというのだけれど私と誕生日が二日違い、長男とあちらの長女さんの誕生日も2週間と違わないという超同い年のママさんに
「 美味しいディップ作ったから取りに来ない? 」って声をかけたのね。
 
取りに来たY子ちゃんと、5時間も話し込んだ(笑)。
実は先々週、あちらの家で6時間話し込んでる。
 

 

で、日曜は、「 シュウマイ作るから来ない? 」「 あら、じゃあ、M子さんも・・ 」
って、彼女の家に近い元洋書やさんもお誘いして3人でやっぱり5時間ほど楽しく話し込んだ。
c0162128_20492326.jpg
( M子さんの洋書やさんの建物、素敵~~。 M子さんも素敵なんだけど。 )
 
女子会は気兼ねなくて楽しいね~。

 

 
私も時間があるわけじゃないので作りながらのおしゃべり。
 
それが、『 話しているうちに目の前で次々作ってくれるのがいい。 』って喜んでもらえて
『 居酒屋さんにいるみたい。 』

 
 
また行ったらぜひ一緒に、という話になった。
 

何軒か、年の近い奥様のいるおうちがあるから、みんなで寄り集まってワイワイやりたいな~。
 

 

 

 

 

 

2017年3月20日

見つけた~

リラ娘と自転車で走っていて見つけた。
 
c0162128_20293729.jpg
ナラメイガフシ。
 
 
この前、これと間違えてナラの花を持って行ってしまった私。
ナラの花も知らないというわけで・・・
 
 
ちなみにこの名前は、ナラメイガフシ (ナラ+メ+イガ+フシ)だそうで、ナラのメイガがつくるフシではないので注意(そんな間違いをするのは私だけか・・)。
 
 

 
そのすぐ横に、このきれいな繭。
 
c0162128_20344184.jpg
 
イラガの繭ですよ。

 
 

 

 
 

 

 

2017年3月19日

ペンキ塗った~

家が乾いたので早速ペンキ塗り。
 
キシラデコールは高いので、ステインプルーフという、キシラデコールと同じじゃないかと言われるものを使います。
 
c0162128_1944834.jpg
 
まずは長靴をひっくり返してポンポン叩いて中に「カメムシが入っていないか確かめてから」履きます。
入ったまま足を入れたら悲劇ですからねえ。
 
 
c0162128_19453412.jpg
ペンキは2缶。
ケルヒャーで色まで落ちてしまったところには色の入ったもの、そうではないところは無色透明なもの。
 
 
c0162128_1948239.jpg
 
c0162128_1948521.jpg
 
c0162128_19491970.jpg
 
c0162128_19495197.jpg
 
c0162128_19511897.jpg
 
途中、大工さんのY君の長男が一時間だけ手伝ってくれて本当に助かった。
 
 
へとへとになったけど終了!

 

 

 
 

 

 
 

2017年3月18日

山梨でペンキ塗りしています

去年の秋に塗るって決めたのに天気が悪くてぬれずにいたペンキ。
3連休だから塗りに来ました。
 
c0162128_7473875.jpg
 
金曜夜に出かけてきました。
着いたときは-4℃。
 
 
c0162128_7492121.jpg
 
 
さむいよ~~。
 
 
でも、薪ストーブガンガン焚いてすぐに温まった。
 
 
 
しびれ対策のリリカ飲んでるので朝寝坊してのんびり始まり。
 
今日はケルヒャーで汚れ落とし。
早いところ終わらせて乾かさないといけない。
 
 
c0162128_7522633.jpg
 
c0162128_7525655.jpg
 
こんなに苔が生えちゃってるのをきれいに洗い流した。
 

c0162128_7541632.jpg
 
c0162128_7543184.jpg
 
きれいになったので、晩御飯のお買い物。
 
駒ケ岳は雪が降って白くてきれい。
 
c0162128_756966.jpg
 
 

帰ってから忘れ物に気づいて、リラ娘自転車につけてエブリまで走ってみた(笑)。
 
c0162128_7565477.jpg
 
 
尾白川の水がとてもきれい。
 
c0162128_7585580.jpg
 

標高差、140mだった!

 

 
 

 

 

 

 

 

2017年3月4日

終わったよ

c0162128_12163068.jpg
 

野菜たっぷりのラーメン朝から食べて、
 

 
c0162128_1217610.jpg
 

c0162128_12172640.jpg
 

薪小屋のサイズに合わせて切って、薪小屋に積み込んだよ。
 
 

c0162128_1218671.jpg
 
昔、薪ストーブ初めて設置したとき、薪をのこぎりで切ってた。
若かったなあ(笑)。
 
今はこのお道具様様。
c0162128_1219098.jpg
 
小さいし、電動だし、パワーないけど、私が使うにはいいところかなー。

 

 
 
お昼に終了!

 
 

 

 

 

 

 

 

昨日やってきた

27日月曜の朝、散歩に出たらご近所さんに桜の木が切って積んであった。
 
もったいない~~。
根が母屋の下に伸びてしまって家が傾く前に、と、泣く泣く切ったそうだ。
 
薪用に譲り受けてきた。
 
c0162128_1222119.jpg
 
 
この車はそんなに大きくないけれど、まあ、ちょうど積める量だった。
 

 

 

 
 
で、昨日、学校が終わってから山梨まですっ飛んできた。
 
途中サングラスを忘れたことに気づいて(夕日に向かって走るからね~)取りに戻ったら30分ロスした。
その30分の間に日が沈んでサングラスはいらなかった(笑)。
 
c0162128_1282511.jpg

 

 

 

山梨について、桜はおろして、薪ストーブガンガン燃やして安ワイン飲んで、暖かくして寝た。
 
c0162128_129021.jpg
 
夜寝る前に丸太を数本入れたら、ちゃんと朝まで燃えていた。
やっぱり丸太は火持ちがいい。
 

 
 

 
さて、これから朝ごはん食べて桜をチェンソーで切って薪小屋に積むのだ。
 

 

 

 
 

 

 

2017年2月22日

山梨県立博物館で

展示が超文系だったもので興味の方向が違って戸惑ったのだけれど、
ここだけは私の専門だったところ。
 

 
c0162128_1753919.jpg
 

 
左のポスターはフィリピンのものだけれど、山梨県の日本住血吸虫駆除の歴史は、いくら文系でも避けては通れないものなんだなあと今更ながら思いましたよ。
 

 
 

 

 

広島県の片山地方と甲府盆地、筑後平野に地方病として猛威を振るった日本住血吸虫症。
おなかが腫れてついには死に至るこの病は、原因がわからず、「水腫脹満(すいしゅちょうまん)」と呼ばれ、 『水腫脹満 茶碗のかけら』・・・この病に罹ると、割れた茶碗同様二度と元の状態に戻らず、役に立たない廃人になり世を去る、と恐れられたのです。
 

〽 竜地(りゅうじ)、団子(だんご)へ嫁に行くなら、棺桶を背負って行け
〽 中の割(なかのわり)に嫁へ行くなら、買ってやるぞや経帷子に棺桶
 
などと歌にも歌われた日本住血吸虫症は、1904年(明治37年)7月30日にやっと原因寄生虫が見つかり、1913年にやっと中間宿主であるミヤイリガイがみつかり、ライフサイクルもわかって、予防に向かって動き始めたのです。
 

 
その長い戦い。
 
c0162128_17444098.jpg
 
 

 
 
この展示、実は・・・
 
c0162128_17452168.jpg
 

 
ミヤイリガイがびっしり張り付けてあるのです。
 

 
c0162128_17455445.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

2017年2月21日

石窯焼きのピザ屋さん

県立博物館のレストランはこの時期やっていなくて、入り口に移動ピザ屋さんがいたのだけれど、
これが本格的な石窯を積んでいてちゃんと薪を燃やしてピザ焼いているの。

c0162128_16524667.jpg
ぴっちぴちのとびきり可愛いお姉さんがピザ生地伸ばして石窯で焼いてくれます。

c0162128_16535466.jpg

c0162128_16542015.jpg

c0162128_16551687.jpg

c0162128_16545398.jpg
ね?
可愛いでしょ???
ピザもおいしかったよ。

 

 

 

 

 

2017年2月20日

日曜は

c0162128_16375771.jpg
 
夜中に雪が降ったけれど、ストーブを付けまくって暖かい白州で
ずっとうだうだ過ごして、昼前に帰路についた。
 
 
c0162128_16382783.jpg
 
 
八ヶ岳がこんなにくっきりのいいお天気で、
 
c0162128_16401561.jpg
 
甲斐駒もきれいに見えていた。
 
帰る方向には富士山。
 
c0162128_1639564.jpg
 
 
山梨県立博物館に寄ってみたら、まあ展示は文系であまり面白くなかったけれど、
白根三山がきれいに見えた。
 
c0162128_1643714.jpg
 
北岳山荘が見える。
 
c0162128_1644266.jpg
 
c0162128_16444756.jpg
 
 

農取小屋は見えないのかなあ・・・

 

 
 

 

 

 

 

2017年2月18日

そして温泉へ

山梨の家を温めてから、白骨温泉まで雪見ながらの湯治に行ったのだ。
 
左腕がしびれていてね。
こんなに長く、痛かったり、その後しびれたり、治らなかったことないのでねえ。
 
c0162128_663845.jpg
 
 
梓川の湖、凍ってる。
 
 
c0162128_673141.jpg
 
 
雪国らしくなってきた~~。
 
 
 
c0162128_69011.jpg

c0162128_69349.jpg
 
茶色いけどすごいつらら。
 
 
 
c0162128_6105764.jpg
 
うち湯は暖かかったんだけど、露天風呂は温度が低い!
 
c0162128_6124047.jpg
 
c0162128_6152691.jpg
 
ここにお湯が落ちてくるので湯の花がすごい。
よく見るととてもきれいなんだけどね。
落ち口の湯の花を取り除いたら湯船に直接入るようになって少し暖かくなった。
ぬるかったけれど、硫黄たっぷりでなかなかいいお湯だったよ。
女湯は小さいのでまだ暖かかったみたいだし。
 
のんびりのんびりず~~っと浸かってたら温まった。
 
 
実は雪見のお風呂初めてだったからなかなか楽しかったし。
 
c0162128_6174767.jpg
 
c0162128_61934.jpg
 
 
 
 
 
梓川の揚水発電所。
c0162128_6195035.jpg