Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2018年9月19日

良かったこと悪かったこと

 
実は置き忘れたスマホにはトヨタカード(クレジットカード)とスイカが入っていました。

盗まれなくてよかった~~。

 

 
 

 

 

帰りの車の中でリラ娘にガムをあげていたら、ガムと一緒に肩を前歯で噛まれました。

 


 
穴空かなかったけど、痛かった~~~。

 
 

 

 

 
 

 

 
 

 

2018年9月7日

嫌な雲が出ている

空を見上げたら、端っこがレンズぐもっぽい雲がたくさん。

嫌な感じ。

 


 

公民館に行ったら十何年ぶりかに私の高血圧のもとになった人を見かけた。

 

当然知らん顔だけれどね。

 

今でもいろんな人にひどいことしているんだろうなあ。

 

嫌な感じがしたのはそのせいか(笑)。

 

 

風も強い。

 


こんなことになっていた。

さて、今晩は山梨に向かいますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年9月6日

今度は地震


 
今度は北海道で地震。

朝の3時過ぎだって。

 


 
このときはまだ、震源の機械の数値が届かなくて震度6強と言っていたけれど、
人が歩いて調べに行って深度7に訂正された。

 

火山灰の山が崩れ何人もがなくなり、行方不明になっている。

 

客土した札幌では液状化で家が傾き、道路が泥で埋まっている。

 

 
ここのところ天災が多すぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年9月5日

台風は関西に大きな被害をのこしていった

大阪とか、屋根が飛んだり看板が飛んだり、それどころか自動車が動き、自動販売機が道路を走り、家に角材が飛び込んだり、マンション屋上の給水タンクが飛び、タンカーが橋にぶつかり、トラックが転がり、火事も起きたりしてひどい被害だったようです。
関西のお友達、日常を取り戻すのに時間がかかると思いますが、どうぞお気を付けて。

 

 
うちの周りは朝、松葉を掃除するのが大変だったくらいで、なんともなく過ぎました。

 

 

 

 

 

 

 

今日から給食が始まって、今日はカレーでしたが、たくさん食べる4年生。
この子は際立ちました。

 


 

 
野菜も載せてしまいました。

 

そして、おかわり!!

 


 
いやーすごい食べっぷり!!

 
 

 

 
 

 

 

 

 

2018年9月4日

台風が近づいている

非常に強い台風が四国から大阪にかけて通って行った。
 
こっちもこれからかなり強い風が吹くらしいと聞いて、風よけに縛ってあるすだれとかを2重に縛り上げた。
 

 


 
「 それ、なあに?  たいふうって おいしい?? 」
 
のーてんきな娘が一人。

 

 

 

 

 

 
 

 
 
 

2018年8月27日

ラムネ瓶を知らない人って

うちの塾の生徒にいたけど、教えたら超感激していた。

 

 
ここにビー玉をひっかけて飲むということ。

 

「 え?これ、瓶を作るときに盛った所じゃないの?? 」
の話をしたところ、目の前でツグ氏が 「え??」(笑)
 


 


 

えらく感激していただきました。

 

今まで、ビー玉が邪魔だから口のプラスチック破壊してビー玉出して飲んでいたんですって!!

 

ついでに、「 ふぁいあ~!!」で燃える心配のない葱ちゃんからも薀蓄を傾けられる。

 

何故ビー玉は「ビー玉」というか。

 

ラムネに使える玉がA玉で、使えないB級品がB玉⇒ビー玉、という含蓄の深いお話。

 

(これは本当はウソで、2002年に突然こういう話が広まってしまったらしい。本当はビードロ玉が縮まってビー玉になったらしい。)

 


 

楽しかった、美味しかった。

また行きたいなあ。

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

2018年8月22日

暑くて暑くて・・・

30℃越えはつらい。

冷房の入った部屋にずっといるのもつらい。

 
体のあちこちが痛んでくるような感じで。

  

もともと夏は苦手なのだけれど、年とともに苦手が強くなってきていると思うな。

 

 

 

 

 

 
 

 

 

2018年7月31日

最近のこと

私は本当に暑さに弱いのです。

 

こんな暑さでは何もできません。

 

実は私は高校一年の時にバセドー氏病を発症しました。それまではこんな暑がりではなかったと思います。それまでと違って遠い高校に通いだしたとたんに、162㎝52キロほどだった私は6日で46キロになりました。夜中にものすごい汗をかいて寝ている私を見て、父が色々調べてバセドー氏病を疑い病院に連れて行ってくれました。さすが生物学者です。今みたいなネット時代でないときによく病名にたどり着いたものだと思います。

 

高校1年の夏休みに確か3週間か4週間入院しました。その後、この病気の権威である原宿の伊藤病院に転院しました。投薬で完治しなかったので高校3年で手術をすることになりました。同じ病気で術後にケロイドになっている人とか見るのが怖くて、他の病院で手術を受けました。高校3年の9月から3か月間の入院でした。
他の人の3分の1の大きさの甲状腺になったので一時は65キロまで体重が増えました。その後おちついて、でも、夏は48キロくらい、冬は58キロくらいという体重変動を25歳くらいまで繰り返しました。

 

病気は治ったと言われました。でも、そのせいでしょうか、ものすごく汗をかきます。

 

涼しい山を登っても、今日みたいな日の朝ちょっと仕事をしても、額からも首筋からもひじの内側なんてところからも汗が床に垂れます。眼に汗が入っていたい、というのを普通に日常生活の中で経験します。朝からずいぶん水を飲むのですが、まったくトイレに行かない・・・みんな汗で出てしまうのです。

 

一緒に山に石を取りに行く友達はスラックスの上に汚れ除けのオーバーズボンをはいて、山を下るとそれを脱ぐ、という人が多いですが、私はそれもできません。大体、山を登るとスラックスは内側から汗でびっしょりになります。それを二枚も履こうものなら、もっと汗が出ます。私にとっては、山ではくスラックスは毎日履き替えるもので、そうしないと、次の日は汗の臭いがものすごいことになってしまいます。三千メートルの稜線ならいざ知らず・・・です。でも、昔も、山登りの際には下山用の服を持っていっていました。

 

年をとってくると、いくら手術をしていても、甲状腺ホルモンが出過ぎたり、足りなかったりということが出てくる、というのを10年ほど前に知りました。今は自分でわかります。甲状腺ホルモンは出過ぎても足りなくても体が疲れます。そして、そういう時に、食べた食事の量と体重の増減でホルモンの多少が何となくわかるのです。

 

ひと月前の血液検査ではホルモンは久しぶりに正常値でした。でも、ここの所の山登りの際の汗の出方、息の切れ方は、またホルモンが出過ぎているのだなあ、と感じています。

 

その状態でこの暑さ・・・応えます。

 

 

 

そんななんですが、先々週は長野の涼しい山に水晶を採りに行きました。

 

わざわざ涼しい山をえらんだはずでしたが、やはり登りには目に汗が入ってしみるし、帽子は汗でびしょびしょになるし、首にかけたタオルはびっしょりで絞れるほどでした。

 

途中、雲が出て日が陰った時は、ちょっと「ラッキー✌」と思いました。

 

ところが、ところがです。

 

12時ころ、かなり大きな雷が鳴ったのです。

 

「これはやばいな、入道雲が出ているんだろう。降るかな??」と思いました。でも、その一回だけでした。
樹林帯の中だし、車道までは30分もあれば下りられるし、まあ大丈夫だろう。

 

そう思って、そのまま私たちは石を掘り続けました。

 

 

3時には車に戻ろう、そう決めて石掘りをしていたのですが、2時近かったでしょうか、遠くから雨の音(雨が木の葉に当たる音)が急速に近づいてきました。

 

めちゃくちゃ大粒の雨です。

 

しかも空を横に這うものすごい雷。

 

慌てて雨具を身に着け、ザックにカバーをして下り始めました。

 

雨具は上着だけです。スラックスが泥だらけなので下を付ける気にならなかったのです。

 

樹林帯ですから横から風が吹くわけもなく、そんなに濡れはしないと思いました。

 

でも、とにかく大粒の豪雨でした。

 

 

あっという間にレインハットでない帽子はびしょびしょになり、まあ、フードをかぶれば済むことでしたので頭は良かったのですが、裾から流れ落ちる雨でスラックスはびしょ濡れ。そのうち長靴の中まで侵入しました。

 

まあ、そんなことより、雷がすごかったです。空を右から左へ、後ろから前へ、バリバリバリバリ、バリバリバリバリ、と音が通り過ぎます。

 

樹林帯の中だから大丈夫なんて最初は思いましたが、どこだったか森の中で雷が落ちたという木を見たことを思い出して、実はとても嫌な気分でした。

 

雷の音が、どこかにドーンと落ちた音ではなくて空を這う音だったのが救いでした。(気持ちの上でねww)

 

やっとのことで車まで帰りつき、とりあえず、シャツとスラックスを履き替えました。

 

靴下はジャーっと絞れました。逆さにした長靴からも水が流れ出ました。
網戸にしていったのでリラ娘のじゅうたんの端っこもびしょ濡れでした。
私たちは公営のお風呂に入るべく車を走らせたのです。・・・が、レタス畑まで来て、「??!」
なんと、レタス畑には雨の痕跡すらありませんでした。
入浴施設の駐車場には同じように山から下りてきた人達がいて、登攀用具をフェンスに干したりしていました。
雨の山は涼しいくらいでしたが、村は暑くて参りました。

ちょうど水晶の出る穴を掘りあてたところだったのでそこを放って帰るのはちょっと悔しかったですが、これがパンツまで濡れて持ち帰った水晶です。

小さいものがもう少しありましたが先週の集まりでプレゼントしてしまいました。

 

 

 

 

このクラスターがあったので正直ちょっとほっとしたのです。

あんなに苦労して‥って感じですから。
渇鉄鉱におおわれていたこのクラスターは、頭もちゃんとしているし、ちょうど手ごろな大きさで、産地らしい水晶でした。
実はまだ、酸に浸かっている水晶もあります。渇鉄鉱が頑固なのです。
ほりかけた穴、悔しいから本当は次の週にも行くはずでした。
そこにあの台風。
採集は無しになりました。

台風が近づく中、二階テラスの日よけを巻き上げてひもで縛るという作業をしました。

紐を切るハサミをつい手の届くテラスの柵の上に置いて忘れてしまったのです。
2日後に気づきましたが、探してもありませんでした。
4日後に、意を決してキンチョールをもって庭に下り、真剣に探しました。
置いた場所の下には柚子が枝を伸ばしていて、まっすぐ落ちるのは難しい様子でした。
30分ほどして、1階テラスのコンクリートの陰にハサミを見つけました。

見つかってよかった~~。

 

 

 

このハサミ(写真下)は、父の形見の一部で、私は爪を切るのも何も、ぜんぶこのハサミを使っている万能ばさみです。一般の物よりちょっと小ぶりでとても使いよいのです。

 

 

落ちたショックで先っぽがちょっと曲がってしまいましたが、研いで治しました。

 

暑い⇒涼しい山に行く⇒やっぱり暑い⇒雷と豪雨に会う⇒暑い⇒台風⇒涼しい⇒暑い(今ここ)
地球温暖化のせいだそうです。ってことは来年もまた暑いの?? 

 

あ~~こんなに暑いなら北海道に住めばよかった…などとほざいていたら、北海道も暑いそうで昨日は佐呂間町で35度を超えたそうです。

 

 

あ~~、早く夏終わってほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年7月28日

台風が近づいています

 

朝起きたときは雨が降っていて、お外を見てたそがれていたリラ娘ですけど、
その後、晴れてきたので、散歩に行きました。

 

 

 

 

海はそんなに荒れているようには見えなかった。

伊豆半島、箱根は見えない。

 

 

 

 
昼前にはこんな青空が広がって日差しがじりじりしていたんですが、台風が近づいています。

ひさしぶりに土曜日に家にいたので肉を買いに行きました。
今晩は黒毛和牛のハンバーグ!
 

 

 

 

 

バイクの点検とタイヤ交換終わったと連絡あったので取りに行きました。

 

 

 

 
リアタイヤとリアブレーキパット交換、チェーングリスお願いして16,800円也。

いつも安くて助かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年7月23日

熊谷で41.1℃

日本国内最高気温を記録したそうです。
 
 
日本の気候が異常なのだと思っていましたが、世界的に異常気象だそうです。
 
スウェーデンでは
歴史的な猛暑と乾燥のために「建国史上最悪の山火事」が発生中。全土50カ所以上で火の手が上がっており、鎮火の目処は立たない』のだそうです。
 
 
こちらに色々書いてありますが
 
気象庁もわかりやすいものを出しています。
 

 
 
 
 
地球温暖化が原因だそうですが
 
 

 


 

 

どうなっちゃうんでしょうね。