Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2012年12月26日

いやー、すごすぎる

美的センスを必要とするものは別として、
( どういう意味かというと、
たとえば焼き物をやっていたとき、思いどおりの湯飲みや皿がひねれて、そこに絵を描いたとたんに
全体を台無しにしてしまう、そういうセンスね。いくつダメにしたことか・・)

生き物とか景色とかを模写することにかけては、結構いい線言っていると思っていた私だけど、
今回、Kabaさんに自慢されて、「わたしも!」とお願いしたてっちゃんの木のカービングのブローチ
作っている途中の写真も見て、楽しみにしていたのが、今日届きました。

(自慢されたのはこれ。)

参りました・・・

すごすぎる。

 

こんなちっちゃなものに、この細工、この色付け。
頭周りの(特に目)描写のすごさったらないわ。

 

 

こんなに小さなものにこれだけの彩色をできるって・・・

 

 

実は、写真で惚れ込んで、箸置き(部屋で眺めて暮らすから、箸は置けそうにないけど)も譲っていただきました。

 

 

なんでも自分で作れると思っていた私ですが、これは作れません。

脱帽・・・!