Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2016年6月23日

ご苦労様


 
蓮のつぼみに毛が生えているのかと思ったのだけれど、家で拡大してみたらアブラムシだった。
 
 
昨日、蓮池では・・・
 

 

 

 

 
一本一本、アブラムシを焼いて水で洗い落とし、水面に落ちたアブラムシも焼き殺すと言う作業を・・・
 
焼くと破裂して油が出て水に広がるのです。
なるほど、「アブラ」ムシ。

 
ご苦労様です。

 

 

 

 

 

 

2016年3月6日

ダイサギ

近くの池にサギがいた。
 

 
このスマートさはダイサギ?
 
判定のために写真を撮った。
 
 

 
 
あ、やっぱりダイサギ。
 

   出典:「こちら」
 
 
 
今日は色々いた。
 

この夫婦と、
 

2羽のカワウ。
こちらは夫婦じゃないよね?

 
 
 

 
 

 

2015年11月10日

日曜夜から温かい

昨日の朝は風も強くて落ち葉がすごかった
 

竹の家。
 
 

センダンの家。
 
 

どんぐりの家。

 
 

こちらもセンダン。
 
道路掃除が大変だろうなあ。

 

 

 
 

 

 

2015年8月30日

蓮池

満開です。
 

 

 

 

 

 
人もいっぱい。
高価なレンズが並ぶ。
おじさま達は若い女性に熱心にカメラの指導中。

 
 
「はやくしてよ。」

 

 

 

 

 

 

 
忘れてましたが氏神様のお祭りです。

 

 

 

 

2015年2月10日

松の木切られた

昨日家に帰って犬たちをトイレに出した時になんだか明るくて気付いた。
 

 
近所の松の木(カラスが巣を作って困っていたらしい)が切られている!!
 
 
後で以前の写真載せます。
 
 
 
 
 

2015年2月9日

ハス池に集う高級レンズ達


 
私がカワセミの写真を撮るハス池はこんな住宅に囲まれた小さな池だ。
 
ほとんど毎日カワセミがいるから、趣味の人たちが集まる。
池の中にカワセミがとまりたくなるような・・・もとい、カワセミをとまらせたくて木の枝を刺す。
一時はその下に餌の魚を囲ったそうだ。
 
 
そして、自転車に乗ってこんな立派なレンズを担いで大勢通ってくる。
 

 

 
カワセミが餌を獲りに池に飛び込むと連写のシャッター音だけが響き渡る。。。
 

 

なるほど・・水に飛び込んだときくらいしか、家や車が入らない写真は撮れないかも・・・
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年8月22日

これが自然

長年建っていた家が壊されて、跡地が3分割されて売りに出されている。
半年前まで家が建っていた場所は乾いた砂地になっていて、そこにパラパラ生えだしたのはカヤツリグサとイヌホオズキとヒルガオ。

 
アリジゴクの穴がいっぱい。
 

 
これがこの辺りの砂山の自然なんだろうなあ。
 
 
 
 
 
 
 

2014年7月27日

トゥクトゥク

今日獣医の帰りに変な乗り物を見た。
写真に撮っておいたら、「 8Hotel 」と書かれている。

 
それで検索したら、8Hotelというおしゃれなホテルの、3輪タクシー  トゥクトゥクだそうだ。
 
 
観光地だからか? おかしなものがいっぱい走っている。
( 江の島には馬車も走っているからなあ・・)
 
 
 
 
 
 
 

2014年7月2日

あら! こんなところに・・

朝の自転車散歩。
野菜を買いたくて早く出た。
 

 

今日はミニトマトを3袋ゲット。
150円なりよ!
甘くてとてもおいしいのです。
 
 
 
そこからのコース、庭木を見たりしながら走っていたら、かわいい自転車の絵。

 
あ、自転車はこっちに停めてってマークかぁ。
 

 
センスいいなあ。
 
と、あらためて戻ってみたら・・
 
 

あら! こんなところにイタリアンレストランが!!
 

ワイン食堂 グレコですって。
『 グラスワイン一杯~お気軽にどうぞ 』って書いてある。
今度覗いてみよっと。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2013年11月8日

売れるか??企業庁のアパート

近くにある企業庁のアパートがついに閉鎖されて売りに出されたらしい。
ずっと長いこと、ほとんどが空き家だった。

県の職員のためのアパートで、上下階(テラスハウス?)のたしか2DKで、広い庭付き、駐車場付きで、家賃は数千円という優良物件だったらしい。
「県も税金の無駄遣いだよね。」と言われて久しかったが、いざ無くなるとなるとさびしいものだ。

ただし、海抜4mというこの土地柄。
津波が怖いから売れるかどうか。

老人ホームが建つのがいいという声が多くて驚いた。

 

 

 

 

両親が鵠沼に家を建てた昭和32年、ほとんど何もないこの土地に、もうすでにこのアパートは建っていたのだった。


(これは現在の佐々木家あたりから我が家の方向を見ているところ。 我が家は医師の積んであるところにこれから建つ。木造の家は現前田家の場所に立つ小林家(隣家)。 2本の松は現パークハイツの角に植わっていた。 )

 

 


この1の場所に立って、黄色い矢印の方向を撮っている。

 

 

 

 


( これは、現上田宅の前から自宅方向を写している。 地図の5の場所から紫矢印方向)

 

 

 


(稲葉屋前の角から自宅方向。 地図4)

 

 

 


(地図2から自宅方向)

 

 

 


(地図3から自宅方面)

 

 

 


(自宅前道路から黒沢家方向。 地図6)

 

 

 


(自宅裏から橋本家方向。 地図7。 自宅と隣の稲井さん宅になるところだけは盛り土がしてあった。 現木村家のところには池があった。 盛り土の端は石積みになっていて隙間にアカテガニが棲んでいた)

今ではびっしり家が立ち並んでいて、同じ写真の撮りようがない。