Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2018年11月21日

カレー大盛り

あんまりすごい量なので写真撮らせてもらいました。

 

4年生の女の子です。

 

 

 

 
後でカレーは足しました。

最初からは、とても乗らなかったので。
カレーが大好きなのだそうです。

 
 

 

 

 

 

 
 

 

2018年11月20日

マレットを巻く

5,6年生の音楽会が近づいています。
 

割り当てられた音楽の時間中練習します。木琴も鉄筋もたたきっぱなしです。

 

マレットの糸が切れてしまい、しょうがなく糸巻きをしています。

 

 

力を入れて毛糸を巻くので、右手の指先が切れてきてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

2018年11月2日

給食の王道


 

今日の給食はこれでした。
 

「揚げパン」!!
シナモンシュガーのたっぷりかかった揚げパンは、子供たちの大人気・・・かと思いきや、半分以上残す子供も大勢います。32人のクラスで、10人以上が残します。

 

時代が変わったのですね。

 

 

ちなみにぷーままも、甘いご飯というのはあまり得意ではありません。

 

 

このたっぷりかかっているシナモンシュガーは5人ほどの子供が争って分けて行きました(笑)。

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月11日

稲刈り付き添い

 

近くの小学校や中学校も来て結構賑やか。

 

 

農家の方、保護者、たくさんのお手伝いがあります。

 

 

 

 

 

 

 

ダイサギが一羽。

 

稲刈りのあとはカエルやバッタがうじゃうじゃいることを学習しちゃったのね。
追い払ってもどんどん田んぼに入っていく。

 

 

あっという間に刈り取り終了。

 

 

 

この方が面倒見てくださった「わかくさもち」を刈りこみました。
干して、精米して、暮れに餅つきします。

 

この帽子、というか、手ぬぐいというか、かっこいいですね。

 

 

ハト麦(ジュズダマ)を一塊刈り残したそうで、

 

 

う~~ん懐かしい。

 

 

 

 

 

 

子供たちが田んぼから持ち出して、サギに喰われないように草むらに放しました。

 

 

さて、バッタを捕まえては殺して喜んでいる子が一人。
それを得意そうに話すので、「最低だ」と怒っておきましたが、そういう子をどうしたらいい物か。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年9月27日

アニメ盛り


 
給食のごはんをこんなに大盛りにする子がいます。
 

まるで大盛りご飯のアニメみたいだというので、「アニメ盛り」というのだそうです。

 


 
食べっぷりは見ていて気持ちがいいです。

 


 
もう入らないと言って、立ってお腹をゆすりながら食べてます(笑)。

 

こういう子に限っておかずは先に食べてしまいます。
 
ご飯はご飯だけで食べるのです。

 

 

 

 

太り過ぎないと良いのですが。

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

2018年9月12日

科学クラブでプログラミング

 
まあ、プログラミングと言ってもレゴ社の出来上がったものを使うのだけれど。
 


 

女子はいろいろ動きを考えて必死に作っていたが、男子はレゴの大物を作ってそれをただ回すだけ。

 

小学校高学年の男女差ってすごいなあ。

 

男子の子供なこと。

 

 

 

 
音楽室の作曲家の絵を見て、

 


 

 
「こいつ、絶対落語家だ。」

 

はいはい。君たちの認識ではこれは落語家にしかならないのね。

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

2018年6月28日

科学クラブで鉱物

数年前にツィッターで知り合った方から九州のいろいろな産物を頂いた。
「鉱物好きの子供が増えますように」と。

何年も使わせていただいている。

 


 
 
砂の中から磁鉄鉱の結晶探し。

 


 

 

 

尾平の水晶のインクルージョンを観察。

 


 

 
さすがの科学クラブでも、「これいくらになる??」と聞く輩が2人ほどいた。

 

 

 
 

 
 

 

 

 

 

2018年6月14日

消防署見学付き添い

今日は4年生が消防署を見学に行くのに付き添った。

 

学校から徒歩。

 

街中を4クラス、歩行者の邪魔にならずに歩かせるのはなかなか大変。

 

かなり怒鳴りながら歩く。

 

消防隊員はイケメンが多いのだが、彼も例外にもれず・・(笑)・・(消防隊員の人が子供たちに自分で「イケメンが多い」などというものでつい)

 


 

 
この左右8本あるレバーは上のクレーンを動かすため。

 


 


 

 

 
こんないろんなものがついていても、消防車は一台一千万くらいで2千万はしないのだそうだ。

 

それに比べて、高いのがはしご車で、50m級と30m級の二台があるが、一台5億とかするらしい。

 
 

 

 
圧縮空気ボンベを付けているのは去年教えた生徒のお父さん。レスキュー隊員になって体が締まり去年より若々しく見えた。

 


 

署内には隊員のためのトレーニングルームもあり、仮眠所とか食堂とか全部公開。

 

 
隊員の個人装備入れは2人共用だそうで、どこにもファブリーズが何本も入っていたのが印象的だった。

 

 
ちょうど中学の職業体験の生徒が6人来ていて(♂4♀2)なかなか優遇されていて、小学校や保育園やスーパーに行くよりはるかにいいじゃないかと、娘や息子に比べて思った私だった(笑)。

 

 
その、高価なはしご車で上昇体験を先生二人がすることになり、

 

 

 

子供たちは2人の先生をとてもうらやましがっていたけれど、私としては、このクレーンを操縦しているこれがうらやましかったなあ。

 

 

なかなか面白かったです。

 

 

中学生!消防署はねらい目!!
絶対面白いぞ!!

 
 
 

 
 

 

 

 
 

2018年4月26日

社会見学付き添い


 
 
道端にこんなきれいな花が咲いているというのに、「こらぁ~~!」と怒鳴りながら

4年生の社会見学に付き添いで行きました。

 

まだいろいろ怒られ慣れていない子たちは、説明を聞かなかったり、道路に広がったり・・・

 

ぷーままに怒られて、目をまん丸にして驚いている始末。

 

 

ま、だんだん良くなっていくことでしょう。
素直な良い子たちですから。

 

 

おかげで一万歩歩きました。

 
 
 

 

 
 

 

 

2018年3月22日

5年生のミョウバン結晶作り

3クラス目はゲスト授業。まあ、私に授業やって、っていう安易な申し入れだけどね(笑)。
 

理科の授業大好きだから一も二もなく引き受けちゃった。
 

 

 
この、アトランティックサーモンが入っていたノルウェーの発泡スチロール箱が

36人分のプラコップを入れるのに最適で、しかも程よく冷えていくのでちゃんと結晶ができるとても都合よい入れ物。

 


 
ほーら、出来てる出来てる。

 


 

 
 
こんなのもあるけど、

 

 


 

 

 
自分のを写してほしい子供たち。

 


 
喜んでもらえてよかった。