Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2014年2月23日

一週間前の丹沢

息KOがバウアーハウスジャパンまで軽油を運んだ。
雪かきのユンボ用だ。
 
車は西丹沢自然教室までしか入れない(あとは除雪されていないから)
 

 
 
ウェーダーを履いて(私の砂金掘り用だけど)、ラッセル、ラッセル、
 

片道一時間かかったそうな。

雪をかいたバウアーハウスはこんな雪山に囲まれた。

 
 
 
 
 
 
 

2013年6月10日

丹沢のお母さんの畑を荒らすやつ

土曜日はezBBQcountryに寄った後、山北に行ったのだが、猛烈などしゃ降りになって、何もしないで帰ることにした。
「 そのまま帰るのならお茶でも飲んでいきなさいよ。 」
ということで、上がってお茶をごちそうになった。

昔、昔の丹沢の話・・・
あそこはどうだった、どこまで車で入れて、どんなだった、というような昔話で盛り上がった。

さて、帰らなくちゃ・・・
「 先生、帰る前に畑の菜っ葉を採っていきなさい。 」

うれしいなあ、お母さんの作るお野菜は甘くておいしいのですよ。
特にスナップエンドウの甘さと言ったら・・・
塩大臣のお弁当の付け合せに最高なの。

 

畑に行くと、 「 ? あれ?? 」
「 あ! サルだ!! 」
「 しっ! こらっ!しっ!!! 」
↑全部私です。
変だなと思ったら、私に気づいた猿が、逃げようかどうしようかこっちを見ているところだった。

走り寄りながら、腕を振り回して、「 しっ!!しっ!! 」と怒鳴った。
でも、のろのろ逃げるだけ。
腹が立つなあ。
人間が遅いことを十分認識している。

走り寄る私を後ろ目に見ながら、柵際のスナップエンドウをもいで口に運びながら柵に登って行く・・・
悔しい、本当に腹が立つ。

私の大声を聞いてお母さんがロケット花火を持って畑に来た。
ロケット花火を空に向けて発射。
それを見て一目散に林の木の中へ走るサルたち。

花火を自分たちのほうに飛ばされたこともあるんでしょうね。・・でなかったら逃げないもの。

 

追い払いながら撮った写真。
最後に残ってこっちをにらんでいたボス猿。

あ、赤い発信機。

先週、谷峨の東名下で見たやつだ。
あの時も、大人が7頭ぐらいに子ザルが2匹いた。

みんな逃げるまで、電柱の上で私を見張っていた。

今回も、安全なところにみんなが避難するまで最前に陣取って、それからおもむろに向こうへ行った。

カラスなら石を投げる真似をすれば逃げるけれど、その石が届かない距離も知っている・・・

届かないから安全、と、こっちを向いている。
ぐやじい!!

猿が乗っている網の畑のじいちゃんと、左の畑のじいちゃんも飛んできた。

お母さん『 あ~~、やられた! 孫に星の形のキュウリ作ろうと思っていたのに。』
     『 なすも、こんなに小さいのにみんなもいでいる。 』
     『 あ、トマトももいだ。 一口かじって捨ててった。 』
     『 ジャガイモも抜いてかじって行ったわ。 大根と玉ねぎは無事だったわね。 』
     『 インゲンもエンドウもみんな倒れている。 』

① キュウリは中くらいのは半分くらい食べて捨ててある。
② ナスはやはり、もいでかじって捨ててある。
③ ジャガイモは何本も抜いて、見えた芋はかじってあるが、皮に近いところは捨ててある。
  食べたのは一個につき70パーセントくらい。
④ やっと2~3センチになった青いトマトはもいでかじっては捨ててある。
⑤ スナップエンドウはもいで中の種だけ食べてさやは捨ててある。
  (このスナップエンドウは皮が厚くてそこが甘くてとてもおいしいのに!)
⑥ 引っ張るからエンドウもインゲンもトマトもぽきぽき折れていて、ツルはちぎれて
  地面に倒れている。
⑦ 中に手を伸ばすときにキュウリの葉や新しい茎がぽきぽきおられている。

左の畑のじいさんはまだ屋根をかけていなかったので(網で屋根をかける)山の上側のジャガイモをみんなかじられた。

「 一番山側にエンドウを植えるからいかんよ。 サルはエンドウが好きだからなあ。 」
上の畑のじいさんが意見していた。
「 ピーマンとゴーヤはサルも喰わんというやつがいるが、どうだね? うちのピーマンは喰われたがなあ。 」

お母さんの畑は半分は網の天井があったのだけれど、

天井のないところのエンドウとジャガイモを食べていたら、

天井部分の入り口が開いているのに気付いたのだな。(麻の色の部分が開いていた)

あまりのひどいにわか雨に、お母さん、入り口を閉めずに家に戻ったのだった。

 

「 網の端(地面につくところ)をちゃんと止めないと子ザルが入るぞ。 」
「 全く贅沢な食べ方をしおる。 」

お母さん曰く、完璧に囲うにはサルが食い破れない材質が必要。
隙間があるくらいが破られず、入るのに時間がかかって、その間に人が追い払いに来れるのだとか。
見張りながら野菜を作る、本当に大変だ。

 

 

山梨の「お山のばあば」もいつも言っていた。
『 一つちゃんと食べるなら、サルにも取り分をやるよ。 あっちをかじり、こっちをかじり。
 そんな食べ方をするから嫌われるんだ。 』って。

本当に。
日本中で起きていることだろうが、こんなサルたちと闘いながら野菜を作るのって本当に大変だ。
サル、シカ、イノシシと闘いながらの野菜作り。
サルは賢いから、それを逆手に取った撃退方法があると思うけどなあ。
きっと、一軒だけなら効き目があると思う。
赤外線感知で花火とか電気とか。
みんなでやると、サルも慣れて逃げ方を学習してしまうんだろうな。

 

美味しいエンドウをもらえなかった私もとても悔しかった。。。

 

 

 

 

 

2013年6月9日

ez BBQ countryへ道草

いつもの西丹沢への道を走っていたら(寝坊して遅くなったけど)一台前を走っている軽トラックに
ezBBQの字が見えた。
もしかしてK君?
K君にメールしてみたら、「キャンプ場にいます。でも軽トラならスタッフです。」との返事。

くっついてBBQ countryへ寄り道することになりました。

矢倉岳を見ながらどんどん登っていく・・・

地蔵堂で左に入り・・・

 

 

K君に会うのも本当に久しぶり。

今度はぜひ、おいしい生ビールを飲みに来るように言われました(笑)。

夕日の滝ってもっと南だと思っていたので(箱根金時山のすぐ北だと思っていた・・)、意外と近くてびっくり!
今度は押しかけますよ。

ビーパルの今年のテントサイトのNo1に選ばれたらしく (「トイレも炊事場も何もないところがいい」と書かれたそうな。) 夏の週末や夏休みはテントサイトは予約一杯だそうです。

知り合って、もう25年。
当時は若かったね(笑)

夕日の滝の下でパンニングしたけれど、砂鉄もなし・・・
この後山北では雨に降られて何もせずに帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

2013年4月29日

こんないい天気で本当に気持ちいい


                               (町営のキャンプ場は満場)

同じ道を行くから同じ景色だけど、初夏のこの青空とくっきり白い富士山と今まさに萌えようとする新緑!
毎日でも通いたいわ!

でも、今日はお疲れモードで自宅謹慎中。

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年4月28日

初夏の気持ちのいいお天気だった

空が青くて、春の霞のかかった空とは違った。

 

 

 

 

 

 

バウアーハウスで気持ちのいいお風呂につかって帰ってきた。

 

 

お日様の当たるなかで広いお風呂につかるのって最高!

 

 

 

 

 

 

 


新緑は最高においしそうな美しさで、

 

 


空はとことん真っ青で

 

 

 


お茶の緑も美しく、
本当に気持ちのいい一日だった。

 

 

 

 

 

帰ってからTANちゃんとお食事。
蕗の煮たのと、タケノコの煮物、タケノコご飯、もやしのサラダ、小田原のブリの刺身、
ふるぎやの手作りコロッケ、昆布の煮物、牛筋の煮物、いろんな巻物、シラスの天ぷら。

ほほほ、食いすぎた。

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年4月22日

バウアーハウス、新築オープン

ログハウスがシンボルだったバウアーハウス。

 

 

 

築後30年近くたって痛みがひどくなってきたログハウスを去年から建て替えた。

 

 

なかなか、垢抜けたいい建物になった。

 

 

 

 

テラスへの出入り口もすっきりして

 

 

玄関へのまわり廊下がなかなかいい。

玄関を入るとこの吹き抜け!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年4月21日

カーナビが狂った

昨日、山北の棚沢のおばあちゃんの家を出発して丹沢湖のトンネルを抜け、中川温泉を過ぎて箒杉の近くで気づいた。
視界に「 中央道 」という文字がちらっと飛び込んだのだ。

拡大写真

下の青い線が中央道。

 

 

なんじゃ??と、写真撮ってから画面に触ると、

今度は突然 1/5の拡大画像に。

わたし、奥秩父の道なき山の中走ってるじゃん(笑)。

 

 

バウアーでエンジンかけなおしたら直りました。

 

 

 

 

 

 

 

2013年4月18日

久しぶりの砂金掘り

土曜日は半年ぶりくらいに砂金掘りに行った。
粉のような金だったけれど、そこの金の状況がわかってよかった。

 

ひと月くらい前に、丹沢にできた知り合いから電話があった。

いろいろ話をしていたら、私がHPに書いた場所に砂金掘り師が車を止めにくる、と
駐車場の人が言っていた話が出た。

 

 

こういうことが続くと、場所も砂金の写真も載せられなくなる・・・

車で行くなら、きちんと駐車場を確保してほしいな。

金を掘るのも楽しいけれど、地元の人と交流できるのも楽しい。
親戚が新しくできたみたいな感じかな。
それもせずにただ車を止めるだけってどうかなあって思いませんか?

 

(小っちゃい砂金。 目盛りは0.5mm)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年11月13日

丹沢野菜の晩御飯

棚沢のお母さんがくれたお野菜で、野菜中心の美味しい晩御飯。

 

 


キヌカツギ・・・激うま。

 


正月菜とチンゲンサイの炒め煮。(油揚げ入り)

 


ふるぎやさんで買ってきたフキの葉の煮物。

 

フキ本体は写真撮らずに完食。

 

ロールキャベツは残り物。

これに新米って、もう、食べ過ぎてしまう。

 

 

 

2012年11月11日

猿も・・


丹沢のお母さんの畑に緑の物体が落ちていた。
大きすぎるけど西洋スグリみたいな・・・

 

聞いたら、今朝猿が来たんだって。
やっと色づいた金柑の黄色いのだけ選んで食べていったって。

 

ほ~~お、猿も金柑は皮だけ食べるんだねー。
(中まで甘くなったら中身も食べるんだな)