Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2013年9月4日

COCOと別れた日


学校を出たら、北の方の雲がすごかった。


埼玉や茨城で竜巻を起こした雲だ。

この時おそらくCOCOの発作が始まっていたのだ。

前の日にはこんな笑顔を見せていたのに。

   

 

お家に帰ってきたCOCOとお別れの挨拶をしたノエル。
( COCOが発作を起こして苦しんでいる時もずっと同じ部屋にいた。)
何が起きたのかわかっているようで、
夜、ぼーっと外をながめていた。

とても、とても静かだった。
(ノエルはCOCOが大好きだったからね。 COCOはがさつなノエルが嫌いだったけど。)

ぷーにもCOCOにお別れを、と思ったら、
なんと、COCOを踏んづけてお供えを食べようとした!
やっぱり!

   

   

   

   

   

 

2013年9月2日

いい子だったCOCO、またね。


                                   ( 昨日のCOCOです )

今日、大きな発作を起こしてしまいました。
朝は元気だったのですが、時々喉がぜーぜー鳴りました。
夕べも寝苦しそうにあちこち動き回ってはバタンと倒れて、また動き回って、と、あまり具合よさそうではありませんでした。

薬を飲むのが大変なのが、蒸しパンにくるむとぽんと飲んでくれるので、仕事帰りにお店を3軒まわってやっと蒸しパンを買ってきたのに。

家についたら、バイクの音を聞いて息KOが飛び出しました。
「 COCOが痙攣している! 」

口から泡を吹き、前足が宙をかいて、でも後足は全く動かない・・
舌が大きくはれ上がって口からだらりと出てしまっていて、歯茎は真っ白。

ああ・・・苦しませるのはもうよそう、と思いました。
いつもいい子のCOCO。
穏やかに逝かせてあげたい。

今日から私は仕事で日中いないし、塩大臣も明後日から大学で、日中誰もいなくなる。

誰もいない時に、苦しんで死んでほしくない・・・

苦渋の決断でした。
でも、それしかないだろうって。
昨日までも、すでに後足は力が入らなくなっていましたし、
何回も、もうこのまま死んじゃうんじゃないかと思いました。
ひっくり返って起き上がれない。
足が小刻みに痙攣している・・・

三人で獣医に連れて行きました。
途中車の中でも小さく痙攣しました。

獣医さんでは疲れたのか昏々と寝ていて、一回くしゃみもしました。
血色も戻りました。
でも、呼んでも聞こえているのかいないのか・・・

このまま家にいてもどんどん弱って、何も食べられない、シッコもできない・・となっていくのはかえって辛いことじゃないかなあ、

治る病気なら、なんとでもしてあげる。
でも、治らないとわかっているから、出来る限り苦しまないで済むように。

 

 

さよなら、COCO。 
うちの子になってくれて本当にありがとう。
本当にいい子だったよね。

もうばあばに会えたかなぁ。
会えたら、ばあばを散歩させてあげてね。
ばあば、COCOが行って驚いた?? 
面倒見てあげてね。 
COCOと一緒にいたら幸せなこと、請け合いだから。

3WANSは今日でおしまい。

COCO、またね。

   

   

   

   

   

 

COCO 最高のパートナー

さよなら、COCO。 
大好きだよ。
ほんとうにありがとう。

   

   

   

   

   

 

2013年9月1日

こら

人のスラックスによだれつけるな!

「 あ。  ままが おこってる。 」

   

   

   

   

   

 

2013年8月19日

しばらく定期的に書けないかもしれません

COCOの具合が悪いのでいろいろ大変です。
詳しい話はまた後程書きますが、今はあまりに暑いので、夜は3WANSと一緒にエアコンをかけた部屋で過ごしています。

相変わらず自分よがりで手のかかりっぱなしのぷー様と、初めてと言っていいくらいの手をかけてくれるCOCOと、オラの方も向いてくれよというノエルの真ん中に簡易ベッドを置いて寝ています。

私自身も、ここ数年、夏の暑さには勝てず、今年のようにひどい暑さだとぐったりしてしまっています。

今日は、さっき部屋を出たら、夜風が涼しかったのですが、でも、純毛の3WANSにはつらいでしょうから(特にCOCOには)エアコン切れません。

   

   

   

   

   

 

2013年8月18日

もう一軒他の獣医さんに行きます

昨日の結果はかなり悪かったです。

詳しくはそのうち。

   

   

   

   

   

 

2013年8月14日

COCOの結果

上が先週の木曜日、下が火曜日の血液検査の結果です。

100以上が正常の血糖値(ピンク線)は31が102になって改善されたのですが、
80以下正常のGPT(緑線)が294から1000以上(測れない)に。
200以下のALP(青線)は858から1212に。

150以下のWBC(白血球)が155から228に。

どうしちゃったんでしょう。

薬を飲んでもすぐには効かず、ちょうど悪くなる方向のピークだと考えたいですね、と言われましたが、どうなんでしょう。
甘いものや餌の回数、量を増やして、血糖値は元に戻したので元気はかなり回復しました。

が、
なんとなく覇気がない。

帰ったらすぐかかりつけの獣医さんです。

    

    

    

    

    

 

2013年8月9日

COCO、夏掛け布団に

COCOが、あまりに暑そうなので毛を梳くことにした。

人間用の梳きばさみを使って下毛も飾り毛も梳いた。

 

  

  

140gも梳きとった。

 

 

これで、羽毛布団から夏掛け布団くらいになったはず。

ちょっとだけ楽になったよね。

    

    

    

    

    

 

COCOの検査結果

血液検査の結果です。

GPT  80以下が正常値のところ 294
ALP 200以下が正常値のところ 858
肝臓の機能が低下しています。

GLU 100が正常値下限のところ 31
低血糖がかなり深刻です。

WBC 155 白血球がわずかに(正常値上限150)多いほかは
異常は認められません。

抗生物質と肝臓の薬が2種類出ました。

  

 

19時までの病院でしたが、たくさん待っている人がいて、COCOが呼ばれたのは21時でした。
最後から2番目の女性は老猫を連れてきていて、診察室から漏れ聞こえてくる話・・・水を異常にたくさん飲む、とてもダルそうにしている、ほか・・・は、聞いていた私も「糖尿病じゃないの?」という症状でした。
血液検査をして、先生が、「糖尿病ですね。」『 え~~っ! 』
お仕事をしているらしい彼女は、一日2回のインシュリン注射と何回もの血液検査の必要性を話されて、泣いていました。
(自分で注射しなくてはならないって、結構ショックかもね。)
まずは一番弱いものから初めて、食事と注射の時間を決めて土曜日に血液検査、その後もそうやって薬の量を決めるそうですよ。

そんなこんなで、COCOの診察が終わったのは9時半すぎ。

とにかく、とても丁寧に説明してくださる先生で、だから時間がオーバーするんですね。
9,10,12日診療した後4日間お休みだそうなので、COCOも12日にもう一回血液検査してもらいに行こうかと思います。

お薬、効くといいなあ。

    

    

    

    

    

 

2013年7月31日

犬の食器を洗う

ワンコの食器って、洗っても洗ってもぬるぬるして、ぬめりが取れない。
家ではしょうがなくて、ステンレスたわしなんか使って洗っていた。

それがね。
おととい、偶然洗面所で、アクリルたわしで洗ってみたら、これが楽ちんにきれいになること。

 

汚いアクリルたわしだけど、食器は簡単につるピカに。

どうぞ、お試しを。