Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2012年12月24日

Merry Christmas To You

 

悔い改めよ

そして楽しいクリスマス!

 

 

 

by ぷーランシスコ=ザビエル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年12月5日

寒いから

先週末からとにかく寒い。

寒いからノエルはこたつに入りっぱなし。
(電気なし。自分の熱で暖まっている。)

夜はどうしても布団に入りたい。
入れてやらないと夜中に布団を鼻でめくるので、しょうがない、毛布で場所を作って一緒に寝ている。
しっこちびりだから、おむつして、ノエルのところだけ毛布を巻いて。

その上にママと同じだけ布団かけてるんだから、ママより毛布分多い!

写真撮影してから袖を見たら、黒い服だったので、よだれとか目ヤニとかいっぱい。
あら~、普段から私の袖でふいてたのね~。

 

 

 

2012年11月28日

ノエル獣医の結果

先週、私が部屋に戻っても毛布をかぶって寝たまんまだったノエル。

獣医に出かけることにしたとたんに、ぴょこぴょこ跳ねて、どたどた歩いて、すっかり普段通りに。
 

 

 

 

 

心筋症も心配で診てもらいましたが

心臓は肥大しているものの、2年前にMRIとって調べた時と大きさは変わらないので大丈夫、とのこと。

 

 

 

 

2012年11月9日

ワクチン

3時に家に帰ってから、今日は3匹を連れてワクチンの注射に。

COCOは去年のことがあるので抗体検査。
黒犬さんたちは健康観察をしてから注射。

なんと、ぷーの心臓に異音があるそうだ。
先住サルーキ、ビーボも、ず~っと異音があるといわれ続けたが、なんともなかったっけ。

心配していたノエルの心音は異常なし。

COCOは狂犬病に続き、ワクチンも接種は検査後。
抗体があるなら接種はしない。
検査のほうがワクチンより高い・・・涙。

そういえば今年は狂犬病の予防注射は2匹しかしていないので、外に貼る犬のシートも2枚しかくれなかった。
3匹いるのに2枚って、いやだなー、と、新しいのを張るのをやめた。
本当はいけないんだけどね。

WANSを連れ帰って、今度はピッピを獣医に。

まだかさぶたが大きいので抗生物質は切れなかった。

獣医のはしご。
つかれた~。

2012年8月28日

この間の雷のとき

机の下にもぐりこんで、出て来れなかった強面のやつ。

 

あまりに邪魔なのでベッドで毛布をかけてもらった。

雷が鳴っている間は机の下から出なかったけどね。

 

 

 

 

 

 

2012年8月27日

左手

は、寝ているときの君のこの左手が大好きだよ。

 

 

 

 

 

2012年8月20日

舌が短いから?

 

ママが鼻の上にアイスクリームのせた。

 

そんなに「待て」させてたら、アイス、溶けて垂れちゃうよ。

一生懸命なめても届かないんだよ。

 

すこしずつ長く味わえるけどね。

 

 

 

 

 

 

 

2012年8月19日

弱虫


昨日の朝はこいつに起こされた。

 

 

「 まま、こわいやつが ごろごろ おこってます。 」

 

 

「 あ、ほら また なった。 」

 

 

「 ねえ、そっちに いっても いいでしょ? 」

『 だめです! 』

「 ええ~~・・・  けち。  」

 
「 あ、また なった。 」

 

 

弱虫に朝から起こされました。
人にしがみつきたくてしょうがありません。

 

 

それにひきかえ、こちら様は・・・

 

 

 

あのねえ、あんたたち。
バランスってもんがあるでしょうが・・・

 

 

 

 

 

 

 

2012年7月28日

ぷーの腫れの正体


『 暑い日は疲れるぜ・・・ 』

検査を終えて、細胞診の結果待ちの時間を獣医さんの床でくつろぎまくるぷー。

「 はじめまして。 どうしたの?? 」
「 いたいことされた?? 」
治療の終わったニャンコさんとしばらくおしゃべりした後、
一番邪魔な場所を見つけて(お決まりの・・)
そこに横になってうつらうつら・・・
通る人の邪魔をしていたと思ったら寝てしまった。

( 寝てても起きていても邪魔なことに変わりは無い・・)

で、肝心の結果はと言うと・・


触診の段階で、
『 脂肪腫にしては固まっている様子が無い。
  脂肪腫とか腫瘍と言うのはなんというか、塊になっているもので、これはそれが感じられない。
  だらだらと無秩序にやわらかいものが散在している感じ・・・
  腹腔内の脂肪がはみ出したヘルニアととても良く似ている・・・
  でも、かなり真剣に探したが、ヘルニアの出口となる腹膜の穴は見当たらない。 』

ということで、
最悪脂肪腫、たぶんヘルニア。
どちらにしても、経過観察。
「 最近、よろけたり、ビッコを引くことがある・・・のは、11歳8ヶ月と言う年齢のせいだろう・・・。
  この塊をかなり真剣に触診したので、もしこれが原因でよろけているなら痛がったはず。 」

だった。

「 ヘルニアの場合、大事な内臓がその穴から出たりすると大変な事態を招くことがあるのだが、
  一応触診で穴は見つからないので、たぶん心配は無いと思うが
  毎日様子を気をつけてみているように。 」

「 急に大きくなったり、あまり大きくなり続けるときは考えましょう・・ 」

はあ・・・

今まで外科的なことで獣医にかかったことは何回かあるぷー。
( 低温やけどで内股に大穴、 食器のかけらで額に三日月の切れ目、 
  足の指に出来物・・・中身は血液・・・現在小ぶりの巨峰くらいでついたまま、など )
とうとう内科的なものが来たか、と思ったが、どうやら違うらしい。

我が家で唯一アニコムに入っていない。
もう年齢的に入れないし、
3頭入るくらいなら自分で積み立てたほうがいい・・・(三頭で年間17万くらいになる)
今のところ2頭はとんとん・・・なんだかねー。

ぷー様、その点だけは優等生か(笑)。

  

2012年7月27日

ぷー様バリカン・・・腫瘍???

おととい、ぷー様にやっとバリカン当てました。

ぷーままが、あまり暑さを感じないせいで、すっかり忘れていた・・・

アンダーコートは本当に白髪だらけなので、お約束の白髪頭出現。

オーバーコートもずいぶん白くなったねー。

・・で、刈り込んでからシャンプーして、白髪頭はタッチアップの白髪染めで黒く・・・

・・で、この時点でまだ気付いていないぼんやり飼い主。
この写真にはっきり写ってるじゃん・・・

この後、わきの下などの毛玉を発見して鋏で切っていたときに、左ソケイ部(後足付け根)に大きな塊発見した。
我が家で唯一内科系の病気をしなかったプーについに腫瘍か!

やわらかい塊が片手でつかめないくらいの大きさになっている!

写真でも、大きな塊に押されてお腹のピンクが写っていたのに。

昨日午前中授業をなくして獣医さんに行って来ました。


『 僕、これから獣医さん。 それにしても暑いなあ・・・。 』

暑さを感じないぷーままがクーラー入れずに走ったもので、慌ててクーラー入れてもしばらくハーハー。

途中の川のいつものカワウたち。
黒いのに日当の電線に止まってそりゃあ暑かろうよ。
ハアハアするわけだ・・・(鳥も犬みたいにハアハアするのだよ)・・・片瀬のカワウみたいに橋の下に集まればいいのに・・・

続く