Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2015年12月7日

NIKONショールームで

お試ししたレンズはこれ。(右)
 

 
左に比べると確かにお値打ち。
買える値段だもの。
価格コムでみたら、人気No.2だった!!

 
昔は、例えば500mmレンズなら、1/500のシャッタースピードでなければ撮れないと言われたらしいけれど、三脚無しで撮れる手ブレ防止は確かにすごいと実感。
 
遠くにゴジラ発見した(笑)。
 

 

 

ビルの高いところから、私のカメラにもいろいろついていた機能をちょっとお試し。
(レンズは自前)
 

 

 

 

 

 

 

2015年12月5日

久しぶりの東京歩き

半年ぶりかも、東京。
もう、すっかりお上りさん。
 
新宿のニコンに連れて行ってもらった。
ニコンの望遠レンズすごい!!
 
 

 

 
こんな景色をレンズ借りて覗いてみると・・・
 
 

 

 

 

 
三脚無しでこの写真!!
シャッターボタンを半押しすると、それまでブラブラしていたファインダーの中身がピタッと止まる、それはそれは魔法のような手ブレ防止装置!!
 
お値段も本当にお値打ちだと思うけれど、2.3kgほどあるレンズ、持ち歩けない(笑)。
 
 

 

 

2015年3月21日

新しいカメラって

この間買ったNikonのD3300。
最近の製品には定価と言うものがなくて、Nikon Directという、ニコン直営のオンラインショップで見ると、本体のみ62,100円也。
ニコンのカメラがいったいどういう値段なのかと言うと、そのNikon Directでの値段で言えば(どれも本体値段、税込)、
        D3300       62,100円→これを価格コムで調べて38,000円ほどで購入。
        D5300        64,800円
        D5500        89,100円
        D7100        99,900円
        D7200       148,500円
        D610        194,400円
        D750        229,500円
        D810        348,300円
        D810A       418,500円
        Df           285,943円
  Df ブラック Gold Edition  313,200円
        D4S         666,514円
  
安いし、一番下のランクのカメラだけど、どーしてどーして!!
 
動画も撮れるようになったし!
今回体育館の中での卒業式の写真を撮って気付いたのだけれど、

 
今までは暗いところでオートで撮るとストロボが炊けてしまい、真っ暗の写真になるし、だからと言って遠景用の山マークにしても暗~~い写真になってしまうので、マニュアル設定にして自分でシャッタースピードと露出を合わせるしかなかったのだけれど、なんとこのボタンにすると勝手に合わせてくれる!
相手が動くと写真がぶれるけれど、記録写真だからその程度でOK。
楽ちん、楽ちん。
 
 
今までは明るい1:1.4Dの50mmの単焦点レンズを付けたのと、2台使い分けて来たけれど、式自体を撮るだけなら、
カメラを2台ぶら下げる必要が無くなった。  
道具の進歩ってすごいねえ!!
 
高いカメラが欲しくないわけではないけれど、
第一お金もないし、そんな高いカメラやレンズを持ったら犬と一緒に歩いたり自転車に乗ったりできなくなる(笑)。
 
犬に壊されても笑っていられる、そんな値段の物しか持てないね。
(言い訳だけど。)
宝くじに当たったら(って、買わなきゃ当たるわけないか・・笑)買うかも。

 
 
 
 
   
 

2015年3月16日

カードリーダーが壊れた

毎日一回以上使うカードリーダー、
昨日写真を外付けハードに移そうとしたら変な表示が出て移せなくなった。
何回やっても駄目なので、持ち歩いているカードリーダーと取り換えた。
寿命かなあ。
 
 

 
 
 
でも、捨てちゃうんなら開けて中見てみよう、と開けてみた。
 

 
 
 
開けてみたら、中は簡単な作りで、プラスチックのかけらがいっぱい詰まっていた。
それを吹き飛ばしてもう一度使ってみたら、直っていた。
毎日使うとSDカード、削れてくる。
以前、それが原因でカメラが故障した。
カメラのカード入れも掃除できるといいなあ。
 
 
 
 
 
 

2015年3月8日

聴力や耳鳴りのこと

ためしてガッテンで耳鳴りのことをやっていた。
 
聴力が悪くなると脳がもっと音を拾おうとして結局耳鳴りになる・・・耳鳴りは脳が作り出すものだと。
 
 
私はもう12年前に走行中、突然車にぶつかられてむち打ちになり、右の頬の感覚が無くなって、その後右耳を悪くした。
右耳に補聴器を入れれば耳鳴りはほとんどなくなるが、補聴器を外すとかなりうるさい。
もう慣れちゃったけどね。
 
耳鳴りの治療は補聴器なんだって!!
 
 
 
そういえば、年とともに聞こえなくなる高い音。
聞こえない人ほど耳鳴り予備軍なんだそうだ。
 
 

このカメラのスイッチを入れると、中学生が「うるさい」と言う。
前のカメラの時もそうだったから、ニコンデジ一はみんなそうかも。
 
この音、小学生も聞こえるらしい。
職員室で若い先生に聞いてみたら20代後半の先生では、聞こえる人と聞こえない人がいた。
30代ではみんな聞こえない。
 
 
 
 
さて??
ニコンをお持ちのあなた。
あなたは聞こえるかしら???
  
 
 
 
 
 

2015年2月18日

レンズが悪いのだと思っていたのだけれど

日ごろ使っているSIGMAの17-200mmのレンズ、ピントの合い方が甘くなっている気がして、
日頃の使い方を考えたら当たり前かも…と思っていた。
何しろぶつけたり日常茶飯事だしねえ。
 
でも、今朝、カワセミをとってみたらそれほどの違いは無い様な・・・
今までのピンの合わなかったときがどうも、暗すぎたような気もしてきた。
 
今度明るいときにちゃんと撮って比べないとだめだなあ。
 
今朝の200mm。

 
300mm。

 

 

 
 
 

2015年2月2日

カメラ壊れてた

リラ子と爆走してぶっ飛んだ(本当に)土曜日に、カメラ壊れて無くてよかった~~と思ったのだけれど、今朝壊れていることに気付いた。
 
昨日、液晶の画像が消えないなあと思ったのだった。
このカメラ、消えないのか・・いや、設定を治さなきゃと思っていたのだけれど、今朝江の島でカメラを使おうとしたらバッテリー切れ。
あれ??
液晶つきっ放しだったのか・・と帰宅後設定しなおそうとしたらボタンが効かない。
裏面の一つを除いて全くダメ。
 
こりゃ駄目だ。
よく見ると左上の再生ボタンの横にプラスチックが割れ飛んだような跡。
ここから落ちたか・・・
 
 
 
 
学校でしげしげとカメラを眺めていたら再生ボタンが押しっぱなしになっていることに気付いた。
んん??
このボタンが戻れば何とかなるか??
 
で、ボタンの周りを見ると本体プラスチックがつぶれている。
こりゃ駄目だ、と、とがったはさみの先でプラスチックを削り取った。
 
何回か削って(周りも結構傷にしてしまった)やっとボタンが戻った。
 

 
治った(笑)。
 
写真で見ても一番上のボタンが下のボタンより引っ込んでいるのがわかるでしょ?
もっと引っ込んでいたのですよ。
この状態でも接点は離れたらしく、ボタンは働いている。
 
カメラを使うに当たって私が設定したいろいろな数値はすべて吹っ飛んで初期設定に戻っていた。
衝撃はボタンだけではなく本体の中心にも及んだらしい(笑)。
 
この程度で済んでめっけもんだったと思うのが私の良いところ(悪いところか???)。   あはは。
 
 
 
 
 
 
 
 
4万弱のカメラにおそらく1万以上の修理費って、と思っていたので、今回はこれで良しとすることにした。
今度壊れた時は買いなおしだね。

 
 
 
 
  
 
 

2015年1月22日

カメラにも出費

同じ時期にいろいろダメになるというジンクスか、これも。
カメラもピントが合わなくなった。(この間落としてしばし治っていたのだが)
半年以上、ピントの合いにくいカメラをだましだまし使っていたが、なんだか写真もはっきり写っていないみたいで、
右目のピントが合いにくい今、しょうがないなあと一番安い店で一番安いニコンをポチした。
 
いったい何年使ったのかと検索したら2007年10月25日に「じつは・・」と書いていた。

 
7年の酷使で故障しだしたという事かな。
7年使えば元とったか(笑)。連日の酷使だからね。
 
 
今回はこれ。

日々の記録だから安いので十分。
安いと言ったってコンデジより高いしね。
 
一つ上のタイプはいろいろ変わっていて使いこなすのが大変そうだったし・・・(負け惜しみではないよ)
壊しそうだったし。
 
 
ちょっと小さくなったから、重いレンズとのつり合いになれるのに時間かかりそうだけれど。
 
 
 
 
 
 
さて、D80を修理に出すかどうか・・・悩むなあ。
 
 
 
 
 
 

2014年10月28日

新しいカメラバッグ

今までのバッグが、ふたが硬すぎて腰にあたるので、
秋葉原に行ったついでにヨドバシでカメラバッグを物色した。
 

 
安くて使い良いのを見つけた。
カメラを保護するケースは真ん中にあって、パソコンも入るようになっている。

 
 
 
 
 
 

2013年1月26日

フィルムケース

カメラがデジタル化して、フィルムを見なくなって久しい。

 

小学校の教育現場では、実は、フィルムケースがとても有用だった。

 

ビーズのような細かいものを入れたり、
子供たちの大好きな「スライム」を入れるのに、これほどいい容れ物はなかった。
これが手に入らなくなったせいで、100均のチャック付きビニール袋等で代用して
スライムが漏れてしまって大変なことになったり・・・

 

今回、理科の臨時任用のK先生が懇意の写真屋から大量のフィルムケースをもらってきてくれた。

 

 

さて、このフィルムケース、かなり年季が入っているものもあり、結構汚れていたので、
少し使いたいな、と思った私は洗って使うことにした。
( 5年生の「もののとけ方」の実験で使うホウ酸を入れたかった )

 

洗っているうちに、ケースに何種類もあることがわかってきた。
「 そうそう、違っていたっけ・・。」
と思う以上に種類があった。

ここまでは覚えていた。

上から、富士フィルム、 サクラフィルム、 コダック。

 

 

 

ところが、見た覚えのない入れ物が・・・

はて??

 

 

おまけにフジとサクラにも新旧があることが分かった。

左二つがフジで、右がサクラだが、
確か、透明なほうが古くて、白く濁っているほうが新しかったかと・・・

 

更に、コダックと思しき入れ物に3種類!

 

 

もっと新しいところで、小さいサイズのものがあるのだが、
古いものにこんなにあったっけなあ。