Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2017年7月30日

東西中高交流砂金掘り大会

 

 

今年は、元「中高」生のこの人たちも飛び入り参加。

 

 

ただし現役「中高生」ではないので、参考タイム、ということで。

 

リレー、個人戦・・・と戦います。

 

 

 

 

昨日、ボタンによるタイマーの不作動があったそうなので、念のためにストップウォッチでも計ります。
 


 

 

昨日のジュニア一般と総合とで2年連続優勝した大妻の女の子はすごくて
今日も大妻はなかなかの成績だったけれど、何しろ人数が多くて何チームにも
分かれていて、

 

 
結局のところ、この新聞に書いてあるけれど、灘校が総合優勝した。

 

朝、N先生がげきを飛ばしただけのことはあったなあ。

 

 

 

 

暑かったし、目も使いすぎて、富士山超えて帰ってくるの大変だったよ。

 

来年は車用クーラー作っていく!!

 
 

 

 

 

 

 

 

2017年7月29日

第17回湯之奥金山博物館・砂金掘り大会

なんと、もう、17回なんですね。
今年も砂金掘り大会がやってまいりました。

 

 

お!
兵庫のN中高のN先生、げきを飛ばしています。

 

 

 

 
 

 

応援団によるパンニング「良い例、ダメ例」の実演。

 
 

後、個人戦の始まりです。

 

 

今年は10個入っていたそうです。
 
私は7個見つけたのですが、1個回収できずにどうやら下に落とした模様。

 

どうも焦ってしまうのだなあ。

 

毎年反省。

 

 

 

 
 

 

 
 

2017年6月14日

下部へ

 

 

残雪の見える南アルプスを後に、早朝、下部に向かったの。

 
 

 

下部では、今日、第一回のあおい商店の砂金掘り大会。

 

 

 

あ!猿。

 

 

 

 
 

 

 

さて、砂金掘り大会。参加者15名。

 

 

結構頑張ったけど、頂上の三人には全く及ばず(笑)。

 

 

 
 

 

帰り道に、今度はシカだ!

 

 

とにかく渋滞酷かった。

 

 

 
 

横浜に帰る人、長くて4時間のところ7時間かかったそうです。

 

この日の砂金と砂白金。

 

 

 
 

 

 

 

 

2017年5月4日

宮城で砂金

これが大谷鉱山下の砂金です。

 

c0162128_16491124.jpg
サイズは深く聞いてはいけません(笑)

 

こちらが鹿折金山下の砂金です。
c0162128_16491161.jpg

 

あはは、いかにもこっちのほうが大きいですね(笑)。

 

 

 

さて待ち合わせ場所に向かいましたが、合流する二人が、仙台周辺の渋滞に巻き込まれて予定の時間につかず、まず合流が遅れました。
この日4か所目の採集地に向かったのですが4時半を過ぎてしまいました。 

 

私の現在の眼では、暗くなると山道を降りるのは不可能に近い・・・
私だけ、先に秋田の道の駅に向かうことにしました。
夜間走行も怪しいのでね。

 

 

c0162128_16552834.jpg

 

c0162128_16551602.jpg

 

c0162128_16554984.jpg

 

c0162128_16555716.jpg

 

それにしても暑い日で、花はきれいなのですが、日に当たったフジの実が音を立ててはじけて落ちてきます。
c0162128_16554162.jpg

 

 

 

 

続く
2017年5月3日

宮城県で砂金掘り

さて、宮城県の長者原SAで目覚めました。

 

ドッグランに行くと、リラ娘と遊んでもいいというビーグルちゃんがいて遊んでもらいました。
飼い主はいいと言いましたが、ビーグルちゃんははっきり嫌がっていました(笑)。
嫌だと思います、あんなにしつこくて、あんなに人に手をかける奴なんて。
おかげでリラ娘はスッキリ爽快な顔をして、真黒で、体を拭かないといけませんでした(笑)。

 

 

さて、今日合流する二人に現在地を送ってびっくりしたことが・・・
長者原SAの住所が
『 〒989-6235 宮城県大崎市古川宮沢字金堀場金堀場25 』
あとで知ったのですが、上り線のSAは全然違う住所でした。
『金掘場』って!!!
これは周りを見たくなるじゃないですか。

 

ETC出口が新設されていたので早速下りてみました。

 

 

作られたばかりのSAから一般道への道はまだ未舗装。
しかし、見回しても砂金が掘れそうなところは目につきません。
まあ、いいや。
今日は予定もあるし、と、先を急ぎました。

 

振り返ると、奥羽山脈はこんなにまだ真っ白です。

 

 


仙台平野は田植えが始まっていて、川の水がどろどろ・・・

 

試しにやってみましたが臭いし、汚いし・・・
早々に退散しました。

 

 

この石碑みたいなのは何でしょうか??

 

 

 

 

一か所目、大谷鉱山からの沢筋で掘ってみました。
粉が出ますが、本当に粉。
地元のおじさんが見に来て、「山菜泥棒かと思った」「砂金かい?」と長く話しかけられました。
私が掘っていた場所に家があったのだそうです。
ちょうどおじさんの家までが津波で流されてしまったとか。
今はもう少し上に家を建てているのだそうでした。
帰り際に少し上に登ると、なんと道端に

 

 

山菜の採れる山中にボートです。
なるほど、ここまで津波が来たということですね。
このボートを放置しているということは持ち主は・・・

 

 

 

 

二か所目は鹿折金山跡です。

 

金山跡から流れてくる川でパンニングしましたが出ませんでした。

 

 

金山の資料館を見ました。
横の川でパンニングしましたが粉が数粒。
さらに資料館の下でもパンニング。
まあ、大谷鉱山の下の川よりは少し大きかった、という程度でしたがまあサンプルとして(笑)。

 

 

 

それより、ここに来る道が混んでいて山の中にう回路を求めたら、山中にこんな干し物が!!
何だと思います??
中華食材やさんのふかひれ干し場でした!!

 

 

 

 

 

 

続く。
2017年4月20日

大月で砂金

合戦に行く前に大月で砂金掘って行った。

 

地図で見て、ここならという所に行ったんだけれど、まあ、粉砂金ね(笑)。

 

c0162128_16205646.jpg
 

 

採れたからよし。

 
 
 
 

 

c0162128_16205668.jpg

 

この川にはジルコンがいっぱい。
左下の緑のは何かなあ。
左上の色の薄いのは形からしてザクロ石だと思うんだけれど。

 
 
 
 

 

 

 

2017年4月19日

川中島合戦絵巻 其の四

火縄銃の後は上杉軍が武田の陣地に切り込むのだ!

 

c0162128_15512293.jpg

 

c0162128_15515644.jpg

 

はっと気づいたら旗を採られてしまった我らが大将。
じゃあ取り返せと、敵の旗を何枚も取ってきた我が隊(笑)。

 

c0162128_16053559.jpg

 

いやあ、暑かったけど楽しかったよ。

 

c0162128_16074660.jpg

 

衣装のこの部分が鉄なので暑くて暑くて・・・
(やけどしそうに熱くなってるんだもの)

 

最後に謙信公と記念撮影して、

 

c0162128_16055552.jpg

 

帰り道で出会った信玄公とも(笑)

 

c0162128_16054996.jpg

 

 

 

 

おしまい。

2017年4月18日

川中島合戦絵巻 其の三

c0162128_15383785.jpg
 

河原では最初に古式砲術保存会による火縄銃の実演。

 

 

 


 

いやいや華やかで、お腹にずんと来るすごい音だった。

 
 
 
 
 
 
 

続く
2017年4月17日

川中島合戦絵巻 其の二

c0162128_15280770.jpg

 

さあ、これから川中島へ向かいます。
(嘘。笛吹川の河原に向かいます。)

 

 
c0162128_15295324.jpg

 
c0162128_15310514.jpg

 
檄を飛ばす謙信公にあいさつして、市街地をえっちらおっちら。

 

c0162128_15320449.jpg

 
c0162128_15321525.jpg

 
c0162128_15324121.jpg

 
c0162128_15330024.jpg
 

 

c0162128_15331095.jpg

 

 

 

続く

 

2017年4月16日

川中島合戦絵巻

砂金掘り仲間に誘われて、石和で「川中島合戦絵巻」というイベントに参加してきたよ。

c0162128_15214757.jpg
会場について圧倒されたのがこの女の子!
c0162128_15091058.jpg
 
 
お母さん手作りの衣装ですごい!!!
 

 
 
 
我々はといえば・・・
 
c0162128_15173077.jpg

こんな感じね~。
 

 
 
 
c0162128_15184761.jpg

 

c0162128_15192716.jpg
記念写真撮ってご飯食べたらもうへとへと(笑)。
 
c0162128_15200676.jpg
爆睡する私・・・
 

 

 

 
 
続く