Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2012年12月28日

新顔 バン(幼鳥)

近くの蓮池に集まるカワセミ狙いの面々。
昨日は5人いた。
日がなカメラをのぞいていられるっていい生活だなあ。

 

で、新顔、バンがいた。

 

くちばしが赤くないのは幼鳥らしい。

 

近くにこんな池があるって幸せだわ。

 

 

 

 

 

 

 

2012年12月4日

庭で紅葉

どんぐりから芽を出したミズナラが今年も黄葉(こうよう)した。

 

その横でキイジョウロウホトトギスがきれいな黄色に。

花と葉と2回楽しめるね。

 

 

 

2012年11月30日

冬だね  ユリカモメ

寒くなって境川にユリカモメがやってきた。

 

 

 

 

2012年11月19日

ニッスイ 「魚譜431選」

ダイビングが大好き、海の生き物大好き、ジンベイザメが一番好き!という、保健のF先生が
素敵なクリアファイルを持っていた。
 

見せてもらったら、ニッスイ「魚譜431選」というもの。
 

「それ、欲しー!」と言う先生たちでネットで探したら、クリアファイルは超レア物だったのだけど、
ポスターは ご希望の方へお一人様1枚を無償(送料宅配便着払い)で差し上げます。ご希望の方は下記宛先までFAXにてお申し込みください。
なんて嬉しいことがかいてあったので、6人で申し込んだ。
送料425円で嬉しいこと。

 

大きいので貼る場所に困るかもしれないけれど、いいよ!これ。

 


 

 

 

 

 

2012年11月18日

ドブネズミ

 

学校の正門の内側にドブネズミが死んでいるというので回収に行った。
 
外傷はないから、道路を渡っていて車にはねられて、ここで力尽きたんだろう。
丸々太って毛艶もいい。
ネズミだから、生まれて数ヶ月かもしれないけれど、
こうやって、今年生まれた子供たちが親とはなれて独り立ちし、車にはねられる。
日本中で、タヌキやキツネやテン、イタチ、ウサギ、膨大な数の当歳子が命を落とす。
車の危険を学習した子だけが生き残って次世代を産む。
今、現実として、これが自然淘汰と言っていい状態だろうけれど、もったいないことだ。

 


ドブネズミとよく似たネズミに、クマネズミがいるが、こちらはもう少し耳が大きく(前に倒すと目にかぶるくらい)尻尾が体長と同じくらいある。
だからこれはドブネズミ。

 

コピー用紙の包装紙に包んで持ち帰ったら、軍手に二重にしたスーパーの袋を持った教頭に
「 え!! ぷーままさん、素手で片付けたの?? 」
と、驚かれた。
紙で尻尾をつかんで回収したんだけど、こういうことをするとすぐ変人扱いされる(笑)。

 

 

 

2012年10月27日

今年も満開 キイジョウロウホトトギス

なかなか一斉に咲くと言うわけにはいかないけれど、キイジョウロウホトトギス、満開です。

2012年10月23日

自然薯と長芋

自然薯と長芋って同じものだと思っていた。


                               (クリックで拡大。字が読めます。)
違うものだったんだね。
葉っぱがきれいなハート型をしているのが自然薯だって。

どうりで、山でとったむかごが激ウマだったわけだ。
あのむかごは自然薯だったんだ。

2012年10月14日

今までで一番遅いキンモクセイ開花

大学時代からずっと毎年気をつけているキンモクセイの開花時期。

1年のときに大学院2年の先輩の誕生日が9月28日だった。
最初に聞いたときにキンモクセイが咲いていたので、それ以来、キンモクセイが咲くと、
〇〇さんの誕生日だ、と思い出す。

おかげで、今年は早い、とか遅いとか思うようになった。

前後しても5日くらいだったのに、今年はなんと15日も!!

もう咲かないのかと思ったよ。

2012年10月11日

のんびり

学校のプールでカモが7羽のんびり休んでいた。

網で覆われたここは天敵が来ない楽園かも。

そんなに糞すると追い出されちゃうぞ。

2012年10月5日

その後のドバト

自分で餌を食べるようになったけれど、撒き散らしてしまってひどいことになっている。

火曜に獣医さんに連れて行って、コクシジウムがいることは分かった。
腸内細菌は悪玉が多い。
体重は200gだった。

何とか餌を食べるようになったもので、昨日から私の手を攻撃するようになってきた。
「 こっち来るな! 」と言うわけだ。


噛み付くし、


翼パンチもお手のもの。
目が真剣だなあ。

噛み付くときは必ず目をつぶる。 目を傷めたら致命的だからね。

 
ところが、今日、攻撃しながらピーピー可愛い声で鳴き始めた。
攻撃しているのに、だんだん手に近付いてくる。

結局手から餌がほしかったのだった。

手が汚すぎて写真はないけれど、麦+ひえ+玄米を水にふやかしたものをすり鉢ですりつぶしてやったところ
大変な騒ぎ。
・・で、あっという間に手が怖くなくなってしまった。
やっと腹いっぱい食べられたと言うことか、隅っこでぐっすり寝ている。

明日は横浜の鳥専門病院に電話して予約を取らなくては。(血便がとまらない。本人はいたって元気だけれど)