Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2013年8月25日

山梨の植物達(2)

枝の先に玉がついているようなタマアジサイ。
咲き始めると一斉。
 


 

 

ウドの花芽 

 

 
タラノキの芽 

 
 
ママコノシリヌグイ

 

ハエトリナデシコ 

茎の途中に粘着質の分泌物を出すところがあって、小さな昆虫を捕らえるというのだが虫がつかまっているところを見たことがない。

 

 

 
 
帰ってきてから気付いた。
カメラの中にゴミが入っていた。(反射鏡にゴミ)
写真の中央右に黒い影はそれでした。
ああ・・・
 

 

 

 

 
 
 
 

2011年10月5日

上野原の酒饅頭

山梨への移動はいつも夜中で、なかなか景色も名物も手に入らないのだけれど、
ここのところは夜中の移動がだんだんつらくなってきて、
特に夜中に帰ってきてそのまま翌週の仕事をする根性が全く欠落してきた。
根性だけならたたきなおしようもあろうが、体力もなくなっているので、
だんだん、「早く帰ろう。」になってきている。

今回も日曜の午前中に帰ってきた。
「混まないうちに」・・・などといいながら、稲の写真を撮り、ススキの写真を撮り、
塩大臣に、「 渋滞しちゃうでしょ! 」 と怒られながら帰ってきた。

「 そうだ! 上野原で降りて酒饅頭買おう! 」
 
ちょうど上野原から渋滞が始まっていた。
さっそうと坂饅頭屋「永井」に向かったが今日もお休み。
どうもやっとこれるとお休み、というのが続いている。
 

 

 

車をUターンさせてふと見るとちょうど反対側に新しい酒饅頭屋ができていた。

ためしに寄ってみたら、

いい感じじゃない??

あら、「魚まん」(ととまん)も「みそまん」も「塩まん」もある!!

お試しに買ってみた。


魚まん・・・ととまん、塩マスの切り身の焼いたのが入っている・・・お味OK。
ちょっと切り身が小さいけれど、お値段も安いから納得。
上野原の酒饅頭のしっかりモチモチの皮にはお魚がとても合う。
他にはない独特のお饅頭。

味噌まん、OK。
ちょっとしょっぱいけれど味噌の量が少なくてちょうどいい。

塩まん、OK。
塩味だけのあんこって、これも他にはないと思う。
砂糖がないのでぽろぽろ落ちるのを気をつけて食べる。

 

 

永井さんに比べるとちょっと小ぶりだけれど、十分おいしい!!
それに、どれも70円というところもうれしい!!
 
 

お店に飛び込んだはいいけれど、あんこの饅頭しかないときとか、がっかりしていたのだけれど、
ここのお饅頭、皮もしっかりしていたし、満足。
 

 

今度は永井と食べ比べてみるわ!!

(この、高嶋屋饅頭店、新しいのではなくて、新装開店したのだそうでした。
先代のおじいちゃんと、若い息子の二人でやっているみたいでしたよ。)

 

   

   

   

   

  

  

2011年10月4日

山梨 秋色 里


 

里もすっかり秋。
 


 

 


 

 


 

 

 

 

 

2011年10月2日

山梨 秋色 秋海棠

近くの別荘の秋海棠(シュウカイドウ)。
秋のお彼岸にまっさかりでした。

 

   

   

   

   

   

  

2011年9月29日

山梨 秋色


亡くなった叔母が植えたシュウメイギク。
我が家の庭にも植えてくれたのだけれど、こちらは枯れてしまった。




とげとげのママコノシリヌグイイシミカワ
青くなる実と赤くなる実がある。
(今までずっとママコノシリヌグイだと思っていたけれど、秋になってこのきれいな実がなると、歴然と差がわかるのだそうでした。
 すばるさんに教えていただきました。 ありがとうございます。)


ミヤマヨメナ(ノギク)。



 


 

ヤマハギ。先週の台風にあおられて花がずいぶん痛んでしまった。

   

   

   

   

   

 

2011年9月26日

急に秋になった

23日の山梨の夜。

台風が夏を連れて行ってしまったらしい。

急に秋になった。

 


窓際の温度計が13度になっていてストーブをつけた。

今年初の薪ストーブ。

   

   

   

   

   

 

夜も餃子

朝っぱらから餃子を食べたけれど、夜も餃子。

 

 


超ハイカロリー食だわ。

鳥のから揚げ、豆腐の茗荷とポン酢がけ(だっけ??)、ゆでたニンジンときゅうりのマヨネーズ和え、いためビーフンの残り物。
食った食った。
涼しいといっぱい食べられるわね。
   

   

   

   

   

 

2011年9月24日

すごいものをみた

山梨に来ているのだけれど、朝、3WANSの散歩の途中ですごいものを見た。
 
赤松とヒノキの伐採をしていたのだけれど、人は3人。
大型のユンボを操作している人と、大きな住友製の重機を操作している人と、チェンソーを使う人の3人。


この機械がすごい。


木をはさんで尺取虫みたいに動いて枝を落とし、同じ長さに切っていく。


チェンソーがついているんだけれど、この力もすごくて太い木を2~3秒で切ってしまう。

あまりに速くて見事なその作業に、気づいたら口をぽかんと開けて見入っている私がいた(笑)。
ココのリードを落としてきてしまったくらい・・・後でとりに行った。
チェンソーのおじさんが拾っていてくれた。

向こう側では、チェンソーのおじさんとユンボがペアで木をどんどん倒していく。

ユンボで木を一定方向に押していて、倒したい方向の根元を三角に切りとり、反対側を切ると


あっという間に大木も倒れる。

すごいねー。

東北の被災地で材木の需要が高いそうで、
あっという間に山になったこの木は、材木になるのだそうだ。

細い方はチップね。

玉切りされた根元の断面を見たところ、植えてから66年くらい。

ちょうど終戦後に植林されたんだ。

 

 

 

 

2011年8月23日

日除けって難しい

数日涼しかったけれど、いよいよ照り付けてきましたよ。
室内の気温も今、28度。
涼しい風が通り抜けて、気持ちいいけどね。

 

 


山梨で、去年買ってあった生地を使ってサンシェードを縫った。
 
森の中なんだから、この色が一番気にならないと思ったのだよ。
 

 

 
 
ところがどう??


深緑は日が当ると明るい緑に変身し、窓一面が緑になることでうるささと暑苦しさが増した。
圧迫感も大きい。
 

 
この、一見、うるさく派手そうに見えた茶とベージュと白のストライプが一番落ち着いていたのね。

日除けって本当に難しい。
 
 

 

 

 

 

 

 
 

2011年8月20日

山梨の植物達 (1)


ホタルブクロ(キキョウ科)
 

  

ミヤコワスレ(キク科)
 

 

キツネノボタン(キンポウゲ科)有毒
 

 

ヒヨドリバナ(キク科)
 

 

ホオノキ(モクレン科)果実
朴葉味噌につかう、あの朴ですよ。 
 

 

ムクゲ(アオイ科) 
 

 
 

シロヤマブキ(バラ科)果実
 

 

ヌスビトハギ(マメ科)
 

 

ハルジオン(キク科)・・蕾のときに下を向いているのがハルジオン、そうでないのがヒメジョオン
 

 

ヨウシュヤマゴボウ(ヤマゴボウ科)有毒
 

 


コアカソ(イラクサ科)
 

 

オカトラノオ(サクラソウ科)
 

 

地衣類 アンチゴケ?
  

 

クサノオウ(ケシ科)有毒
 

 
 

ワラビ 夏ワラビもおいしい
 

 
 

  

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
(名前はこれから確認) うろ覚えの植名前、けっこうあってるもんだわ