Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2014年11月16日

山梨に行ってきました

水源が枯れてしまったそうで(山の清水をひいていました)、従兄弟の家の井戸につなぐ工事を頼みに行ってきました。
中学生には試験特訓急にお休みで申し訳なかったですが・・・。
 
この冬一番の寒さになるという夜中に、中央道須玉インターを降りるころには2℃。
家に着いたら1℃でした。
 
最近は運転をするとすぐ眠くなってしまい、睡魔を追い払うのがなかなか難しくなってきているので、ちょうど休みが取れた息KOに運転を任せて・・・。
圏央道はやっぱりとても速く、しかも距離も少し近いようで(津久井の山の中のくねくねがないからかな)、コンビニで買い物したり、GSでガソリン入れたりしていったのですが2時間半で着きました。
まあ、息KOの運転が速いというせいでもあります(笑)。
水がほとんど出ないので、道々買ってきたお弁当やら冷凍食品やらが主食です。
 

 
まきストーブをガンガンに燃やしてやっと温かくなったものの(それでも15℃くらいね)、ストーブの近くは放射熱で暖かいのだけれど、ビールを飲む気にならないという息KO(笑)。
 
他にお客さんがいるわけではないので、暖かい居間にマットレス敷いて黒犬さん達と寝ました。
 
右の足元をめくるとこいつ。

 

 
左の肩のところをめくるとこいつ。

 
 
たいそう温かく眠りましたが、朝起きたら、霜が降りていました。

 
 

神社の駐車場に、見事な大木になったモミジがあって、4日くらい早く来たかったなあとは思いましたがきれいでした。
 

 
寒いけれど、空は真っ青で、

 

 

お宮の庭の池も空っぽ。
大きな台風や、地震など、天変地異のたびに沢の水量や湧き出す場所が変わり、
比較的雨が多かったこの夏は何とか乗り越えたのですが、秋からほとんど降らなかったので枯れてしまったようでした。
 
従兄弟のところでは、70mほど掘った井戸も使っています。
40m手前で一回水が出たそうですが、井戸掘り職人が、「40mまでは地上に降った化学物質が浸透しているからやめた方がいい」といって、その下の岩盤を掘りぬいてさらに下の水脈からくみ上げているのです。
昔、奥尻の地震の時には水が真っ黒に濁り、プレートが一緒に揺れたんだと叔母が言っていたものでした。
今回、御嶽山の噴火のあとは水に砂が入るのだそうです。
 
 
 
地面が凍ってしまう前に工事をしてくれるように頼んできました。
凍ってしまったら、4月末まで地面を掘れないのです。
 
 
 
 
 
従兄弟の家の裏の渋柿にサルが来ていました。
今年2度目だそうで、「こないなあ」と言っていたらやっと来た(笑)そうです。
渋柿の中の渋くないところだけかじっていくそうで、
捨てたり残したりした柿は、放置されて自然に渋が抜けたころにまた食べに来るんだとか。
 
 
3日前に来たのはものすごく大きな群れで、屋根と言う屋根にサルが登って大変だったそうです。
1階の屋根から2階の屋根にはしごをかけたままになっていたら、サルがそれをつかって2階の屋根に登ったそうで、
『 こりゃあいいや。今度からははしごをかけたままにしておこう。 』 と言う従兄弟。
???
???
???でしょ?
何がいいのかと思ったら、今までは雨どいを使って登るので、雨どいが壊れてしょうがなかったんですって。
『 はしごを使ってくれりゃあ、雨どいが痛まない。 』
山に暮らすって、いろいろ大変なんだなあと思ったことでした。
 
 
 

こちらはコンテナの中に作られたキイロスズメバチの巣。
温かい昼間にはまだ少し飛び出します。

もうじき女王以外は死んでしまいますけどね。
 
こっちは雪かき器のハンドルと養生シート、その上の一輪車の間に作られた巣。
こっちは石を投げても一匹も飛び出しません。
朝、一輪車をサルがずらしてしまったのですが、刺されなかった模様(笑)。

 
いつも退治してくれる大工さんが忙しくて採りに来てくれなかったもので、いろいろな道具が出せずに困ったそうです。
 
帰り際に玄関のところに立てかけてあった枝を見たら、こんな立派なまん丸の穴。

カミキリムシの穴でしょうね。
今度行ったときに縦半分にしたいなあと思って、家の中においてきました(笑)。


甲武信岳か瑞牆山か(どっちだ?)、

中央道は富士山を見ながら・・・

揺れる車の中ではこれがやっと。
天気が悪くなるとかで、白根三山は雲がかかってみえませんでした。
 
 
 

談合坂を過ぎてお約束の渋滞。

 
それでも圏央道はやっぱり早いです。
片道3050円なり。
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年9月29日

写真を比べていたら

去年の夏に山梨の家に泊まりに来ていただいたN先生が、32年前に初めて南アルプスに登ったときの写真を見せていただいた。
初めての南アルプスに甲斐駒ケ岳黒戸尾根とは!!
黒戸尾根の長さと高度差は日本有数なのだ。
 
 
N先生の記憶では、一枚目は電車を降りた日野春の駅ではないか、二枚目は横手駒ケ岳神社に登った道ではないか。とのこと。
 
甲斐駒ケ岳には横手口と竹宇口の二つの登山口があるが、たぶん横手口だろうという程度の記憶なのだそうだ。
 
 

 

 
 
 
一枚目はわからないけれど、二枚目はすぐに場所が分かった。
山梨の家に入るところにある巨麻神社のすぐ上の砂防堰堤のところ。
 
さて、一枚目は日の春駅だろうか。
 
自分の持っている日野春駅で撮った写真から、同じ甲斐駒に向いた写真を探した。
そうだ!山の形を比べたら、撮影場所がわかるんじゃない??
2枚目も近い場所で撮った写真がたくさんあるはず。
 
 
似た形の山を探したら、あった、あった!! 
写真の中の山の部分だけ切りとって同じ大きさにして重ねてみた。
一枚目。

 
二枚目。

 
ほら、同じ山の形、重なり方でしょ??
 
 
 
 
二枚目は実は50mくらい右前から撮った写真なのだけれど。
 
 
 

黄色い矢印が32年前の写真の撮影場所と方向。ピンクのは4年前の撮影(下の写真)。
オレンジ色はバス停。

 
 
この写真を見ていたら、なんと、同じ建物が日野春駅前に写っていた。
 

アルプス食堂は無くなってしまったけれど、右の建物は同じ。
 
 
日野春で夜行電車を降りて、横手口から登ったこと確定です!
 
 
 
 
 
 

2014年8月20日

これは面白い

流行のアナと雪の女王の甲州弁バージョンが出た。
 
もう少し歌が上手いといいんだけど。
 
 

「・・・ちょし」→「・・してはいけない」とか、「・・・ら?(ずら?)」→「でしょ?」、朝の連ドラで有名になった「てっ」「こぴっと」も入っているね。
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年8月18日

あづい・・・

雨が降り続いているところもあるというのに、湘南はずっと晴れているらしい。
 
雨が降ったりやんだりの山梨から帰ってきたら、気温が+10℃の毎日。
青空が恨めしく思える。
 

これは昨日の写真で、まだ今日よりは涼しい風が吹いていた。
 
 
山梨でずっとおしめ生活だったプルートは暑い庭でハアハアしながら、でも、どこにしてもいい「おシモフリー」状態で、やっとお腹の下の赤さも引いた。
一日シッコし放題のおしめでかぶれかけていたのだった。
昨日の熱い日光の照る昼間に、生暖かい水道水をシャーシャーかけて洗ってやったので、、、、
涼しくもなり、きれいにもなった。
 
おしめするよりいいと思ったかどうか、今のところ家に入れろという要求はない。
(ずっと私を悩ませたシモの始末の悪さは、実は今本人を悩ませることになっていたのだけれど)
 
 
 
 
 
 
山梨から買ってきた夕顔。

 
小さめの実を買ってきたのだけれど、これで1/4!
 

 
厚めに皮をそいで、7mm位の厚さに切って竹輪と一緒に炒めて麺つゆで煮る。
 

 
プルプルンとした食感が冬瓜のもろもろした感じと違って私は大好きです。
夏の味!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年8月17日

木が倒れてきていた


 
ふらここ食堂の帰りに家に近づいたら・・ きゃぁ!!
 
電線でかろうじて止まっていたけれどアカマツの枯れ木が倒れてきていた。
あわてて東電に℡。
 
話しているうちに電話線かも・・と、NTTにも℡。
 
東電はすぐ向かうとの返事だったけれど、NTTは明日なんだって。
 
 
  

根本の方に巣食っていたらしいアリがなぜか上の方に卵や幼虫を加えて上って行く。
 
上の方はキツツキの穴だらけだから、隙間はいくらでもあるんだろうな。
 

 
夜、この下をくぐって帰るのは怖かった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

家に帰る前にもう一度ふらここ食堂へ


 
昨日はお二階でした。
庭が見渡せます。
 

 
ふらここ=ブランコの大きなブランコが桜の枝からぶら下がっています。
 
 

 
 
 
さてお食事お食事。
 

前菜です。
 
 
あ、ここの箸置き(ナイフフォーク置き)、八ヶ岳俱楽部に有った作家さんのだね。

陶器です。
斎藤由妃子さんとおっしゃるそうです。
 
 
マルゲリータ

 
 
野菜のラグーソース

 
 
カボチャのプリンといちごのムース

このプリンだけ食べに来てもいいと思う。
美味し。
 
 
 
 
 
 

お庭にいたカマキリ
 

「 あ、」
 

「 見るなよ! 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年8月16日

いつも人気者

アンバーはいつも人気者。
 

 
 

逃げていかないアンバーはこういう場所でも安心。
 
 

ただ一人にょろが怖いいとこの孫。
必死に記念写真撮って友達に送るのだそうです。
 
 
身体測定されました。

1m30cmほどあったようですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左足の小指


 
八ケ岳クラブのお庭を歩きながら、とても小指が痛いのに気付いたのです。
爪の横が晴れているような痛みです。
車に戻って靴下を脱いでみたら、爪は何ともない。
あちこち触ったら指の間が紫色になっていて、重いさ出した!うちの30キロの黒いやつに踏まれたんだった・・
 
うっかり触ってしまったらもっと晴れてひどくなってしまいました。
ねん挫したところを触ったのと同じです。
 
しょうがないから買い物でゴムぞうり買ってはきかえました。
 
 
 
 
 

2014年8月15日

八ケ岳クラブ

タダリコを出てから、八ケ岳クラブに行ってきました。
 
おやつを食べに。
 

セロリのアイス(緑)とルバーブのアイス(赤)です。
 
ルバーブ美味し!
 

塩大臣のシュークリームと桃のフレッシュジュース。
 
 
 
 

お庭を散歩してみました。
 

ギボウシの花って後ろから見るとこんなに整った花だったんだ・・・
 
 

これはなんだっけなあ。
 
 

これも不明。
 
 

これはクロモジ。
山の中で見分けるポイントは何だろうなあ。
 
 

甘えん坊のコーギーのかわいい子。
 
 

げんきなノーフォークテリアの御一行。
 
 

従業員の駐車場と思われるところにとまっていた渋い艶消しのアルファロメオ。
 
大変混雑していました。
 
 
 
 
 
 
 
 

トラットリア タダリコ


 
一昨日はやっと予約できてタダリコに食べに行ってきました。
 
 

サラダ。
 
 

真鯛のカルパッチョ
 
 

カルツォーネ(包みピザ)、
 

中身は生ハム、水菜、生卵、チーズ
 
 
 
 

塩大臣のオクラとハマグリのパスタ
 
 
 

デザート
 
 
 
年配の人の団体が多くて満員でした。