Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2010年12月30日

仕事に行きました


 
教頭先生の盆栽。
  

 
ダイモンジソウにこんな深い色の花があるなんて。
  
リンドウはばあばの好きな青系の色。
濃い赤も好きだったなあ。
 
  
  
  
  
今日一日仕事をしてわかったこと。
  
  
  
  
「 この、ぽかっと胸にあいてしまった穴はいつになったらふさがるんだろう・・ 」 と思っていたけれど、穴はふさがらないんだ、と言うこと。
  
胸に穴のあいた生活が、普通になるだけだってこと。
 
   
 
  
  
  
  
  
今日は、ばあばの話をすると泣いてしまいそうで出来なかった。
 
きっと、だんだんこの寂しい状況に慣れてきて泣かずに話せるようになるんだわ。  
   
   
   
  
 
  
 
 
ばあば、夕べはけっこう寒かったのよ。
ノエルが夜中に私の布団に入りたがったくらいだから。
今日はちゃんと雨戸を閉めたわ。
明日は昼間は暖かくなるんですって。
  
そちらは寒くは無いのよね。
おいしいもの食べてる?
  
明日、忘れなかったらイチゴを買ってくるわ。
大好物のイチゴミルクをお供えするから。
  
  
  
  
  
  
  
 
 

ぴったり


プロバンスからのお土産いただきました。
  

ぴっちりたたまれていますが、
  

 
エスパドリーユですよ。
 
はけるかしら??
私は〇〇の大足だからなー。
 
  

 
お、ちょっときつめだけど、ぴったり。
 
  
まてよ。 これって確か、素足で履くのが良いのよね。
  

わー! ぴったし!
  

 
  
ありがとうございます。
夏、気持ちよくはけそうです。
  
 
  

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

2010年12月28日

冬の空だよ

 
空気が澄んで、何もかもすっきり見える冬の空。
  
  

  
  
 
  

  
  

  
  
  
  
  
  
   
  
 

2010年12月25日

新しい生活のリズムを作る

 
昨日は予約以外はだめと言う人気の肉屋さんから、生なら一羽あるといわれて、生を買ってきて
自分で焼いた。
  
まあまあの出来かな。
  
  
  
  
焼き上がりの写真は撮ったけど、その後はなし。
  
 
生活のリズムがつかめない。
  
  
  
  
いままで、ばあばを中心に廻っていたんだな、時間が。
それが、ぽっかり空いてしまったので、うまく時間が廻らない。
  
寂しいよ・・
 
  
  
  
  
  
 
 

ひと月ぶりに

ひと月の間、寝られなかった。
  
眠くてしょうがなくて早く寝るのだけれど、2~3時間くらいで目が覚めてしまう。
そして、考えることが多すぎて眠れない。
  
 
  
  
ずーっとそんなだったけれど、夕べは早くから頭が沈没。
そして朝は7時の目覚ましがなっているのを認識はしていたけれどとめられなかった。
 
ひと月ぶりに8時間寝たと思う。
途中何回もおきてそのたびにしばらく起きていたけれど。
  
  
  
  
  
  
  
  
  
こうやって、時間は過ぎていくのね。
  
  
  
  
  
  
  
  
 
  
あ、冬期のお仕事です。
また書きますね。
 
 
 

2010年12月24日

祖母の写真

 
ここに写っている私は2歳。
当時住んでいた鎌倉材木座の家でのワンショット。
  
父と母と祖母。
とうとう3人とも向こう岸の人となってしまった。
  
当時祖母は58歳。母は28歳、父は32歳。この写真が何月だかわからないが、7月に祖父が58歳で亡くなり、伯父はアメリカに留学中だったので祖母は鎌倉の家に越して来たのだった。翌年の1月にその祖母も亡くなった。
今回父と母は7ヶ月違いだったが、祖父と祖母は6ヶ月違い。
祖母も心臓で亡くなったのだった。
  
28歳の母はどんなにか寂しかっただろう。
  
  
昨日、探し物をしていたら、母の書いた「自分史」が見つかって、やっといつ祖母が亡くなったのかがわかった次第。 
  
いつも母と話していたようで、何にも話していなかった自分に気付く毎日。
  
聞いておけばよかったことだらけだよ。
  
  
  
  
  
先日母の小学校の友人から電話があった。
  
名前も名乗らずにいきなり思い出話が始まった。
  
「 私はな、千代ちゃん(ばあば)と隣同士だったものだから、2階から2階へ乗り移って親の知らない間に一緒に遊んだのよ。 夏休みなんて朝から晩まで、ほんまによく遊んだわ。 あれでよく女学校にいけたものだわ。 千代ちゃんは、ほんまに活動的な人で、でもお習字なんて本当に上手で・・・・  」
思い出話は尽きなかった。
  
途中で、電話の向こうで 「おばあちゃん。」と孫らしい人の声が聞こえたが 「電話中!」と断わられていた。
名前を聞こうとしているうちに突然ぷつっと切れてしまった。
 
しょうがないからナンバーディスプレイでかけなおすと、
「 あらー、もう話は終わったわよ。 」
「 いえ、お名前を伺っていなくて・・ 」
「 あらそう・・笑。 わたしは 〇南、〇南さち子っていうの。 結婚前は北〇といったのよ。(〇には同じ漢字が入る)北から南に変わったんだから、幸せな結婚だと思ったけれど、主人とは文句ばかり言い合っていたから、もうずいぶん前に主人は亡くなったけれど迎えには来ないわね。・・・   」また、延々と思い出話が続いた。
私が知らないことばかりだった。
  
 
  
皆さんから母の思い出話を聞く。
小さいときのことが多いのだけれど、活発な物怖じしない非常にストレートな母の姿が浮かんでくる。
 
私、母に似たかもしれない。
  
  
  
  
今度の日曜が初めての月命日。
母の冬物の洋服をちょっと整理して、お友達に送ったら着て頂けるだろうか。
  
  
 
  
 
  
  
 
 
 

2010年12月21日

吉兆ですってよ

紀ノ川支流で金色のなまずが見つかったんですって。
  
和歌山県、良いことあるかもよー。
  
お、この記事持って宝くじ売り場かな?? 
  
  
  
 

困ったコンビニ猫


  
コンビニで暮らしていたナゲット。
困った習慣はそのせい??
  
 
  
毎朝、4時ごろウニャウニャ一人でおしゃべり。
トイレの砂を混ぜたり、小一時間起きている。
  
昼間は檻の中でおとなしくお留守番だから、しょうがないかとも思うけど、他の猫ちゃんにもいますか?こんな子。
  
  
  
  
   

2010年12月18日

当たった

息子のKOに、「スタバ行かない??」って誘われた。
成田エキスプレスにCOACHの革ジャンを忘れてしまったお客さんのために、夜中に駅まで取りに行ってあげたお礼にスタバのカードをもらったから・・・って。
  
KOの誕生日は12月10日。
仕事ではいている革靴が壊れたーって言っていたので、じゃあ、ついでに靴買ってあげよう、と藤沢まで出かけた。
  
リーガルショップに行ったけれど、「高くても壊れるときは一緒だと思う」と、ABCマートに変更。
2足目半額セールで2足購入。
カーディガンが欲しい、と、「あれー、可愛いけど高いねー」、というブランド物のカーディガンも購入。ちょっと甘いか、母は。
カーディガンの店の人に、5000円で一枚スクラッチ出来ますよーと言われて、サービスカウンターへ。
靴とあわせて6枚のスクラッチカード。 
  
 
 

来たー。
  
  
特賞当てちゃったよ。
  
 

 
全店舗で20名と言う特賞。 サンヨーのエネループバイク。
折りたたみ式の電動ハイブリッド自転車です。
  
  
スタバの前の宝くじ売り場で「本日大安吉日」の張り紙を横目で見ながら宝くじ買ったんですけどー。
運は使い果たしただろうなー。
  
  
  
  
  
  
  
  
 

2010年12月15日

秋も終わる

学校の4階から見える新林公園もすっかり秋の終わりの色になってきた。
  

 
  
あの葉っぱが散り始めたときには、まさかばあばがいなくなってしまうなんて考えもしなかった。
  
  
どうしても、「たら」「れば」になってしまう思考。
それは、去年くらいにまでさかのぼる。
  
かかりつけ医を変えなければよかった。
変えても、血液さらさら薬をやめないようにすればよかった。
やめた後は、また、納豆を食べさせればよかった。(さらさら効果が高いらしい)
背中が痛いといったときに何故ネットで検索しなかったんだろう。
  
細かいことを言ったらきりがない。
  
 
とにかく、やるだけのことをした、という思いがなくて、
もう少し・・すればよかった、という思いだらけなのだ。
  
  
だから余計に納得できないし、余計に胸が後悔で疼く。
 
 
  
  
ばあば。
まだこの部屋にいますか??
  
私はどうすべきだったのでしょうね。
ばあば自身もわからないかもしれないけれど、私はもっと一緒に居たかった。