Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2019年8月25日

一応動く

 
一応動くよ。
まだ腫れているけど。

 

 

 

 

 

 

2019年8月24日

整形外科に行ってきました。

昨日、整形外科に行ってきました。

 

 
ギブス、とても小さくなりました。

 

 
わかるかなあ。

 

 
中身これです。

 

 
この上に前より薄い包帯巻きます。

 

リハビリで包帯外して、小指も伸ばしたり曲げたりするように言われました。
2週間後には添え木も無くなるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月21日

呼吸器内科受診

レントゲンです。
 


 

あ、これじゃない。

 

 
これね。

 


 
これと

 

 
これの違いわかるかなあ。

右上部の白い影がかなり消えているの。
順調によくなってきています。
ステロイドはプレドニン2.5mg/dayになりました。
あと2週間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月6日

骨折その後

湘南台病院を受診してレントゲン撮った。

骨は順調についているそうだ。
指をよく動かすように言われた。

 

 

 

うちで英語を教えていたYちゃんが、実は3月末に右手の小指を骨折してた。
話をすると、なんと、ギブスは撮れたけれど指が動かないのだって!!

 

 

彼女のギブスはこれ。

 

 

 

 
私はこれ。

 

 

担当の医師から「骨折は治りました、でも指が動きません、にならないように、薬指も小指も良く動かすように。伸ばすのは厳禁だけれど、曲げる運動をしてくださいね!!」と、きつくしつこく言われたのはそれか!!

 

 

昨日苦労してギブスの端を丸くして、薬指を包帯から解放した!!

 

 

 

病院選び、大切!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月3日

病歴

従兄に、

「 あなたって、すごく活動的で健康に見えるけど、ほんまいろんな病気してるのね。」と言われたけれど、それは本当。

 

その一。小さいとき、まだつかまり立ちしているころの写真を見ると、ごっつい靴はいてる。
慈恵医大で偏平足、と診断されて、ギブスになった靴を履いていたのだそう。
おかげで、酷い足の骨の倒れはないけれど、今でも骨が出っ張っていて、スキー靴とか当たる。

 

その二。高校入学と同時にひどく痩せて、汗もひどく、生物の教授の父親が寝汗のひどさに気づいて色々調べ、甲状腺の病気を疑って医者に行かされた。(164㎝の身長で55キロだったのが、ゴールデンウィーク前には46キロにまで痩せていた。GWの休みが一週間あったのだが4日で6キロペースで戻っていき、GW開けたら同じペースで痩せた。)
父の予想は大当たりで、バセドー氏病と分かり、高1の夏休みは入院、高2はもう覚えてないけれど、高3の9~11月入院して右甲状腺全部と左甲状腺の三分の一を摘出した。
とりすぎるほどとるので、退院後3か月は64キロまで体重が増えた。

 

その三。27歳の時だったかなあ、スキーで左足のらせん状複雑骨折。今でも左足は2㎝近く短い。

 

その四。32歳で虫垂炎。入院して薬で散らしてしまった。

 

その五。52歳で乳癌。自分でとても小さいのを見つけた。小さかったので、摘出手術後、放射線治療とホルモン療法2年のみ。センチネルリンパ節検査で転移は見られなかったので、リンパ節は一つとっただけ。

 

その六。いつからだか明確には覚えていないが喘息と診断された。

 

その七。去年10月、熱が下がらず、慢性好酸球性肺炎が発覚。今年7月二回目の発症。

 

骨折は人生で10回目。

 

あ~~あ。

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月2日

肺炎

今日病院に行ってきた。

 

 

 

 

これじゃあ小さくてわからないか。

 

 

 

これが去年の肺炎。白いところが肺炎ね。

 

 

 

 

 

 

 

これが今回の。

 

影が小さくなっていってるのがわかるかしら。

 

去年より肺炎は軽かったのに熱はひどかった。

 

今は夏休みだし、薬減らしても大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月31日

はずかしいから書くの止そうかと思ったんだけど


起きがけにこんな写真を撮って

5時半に自転車散歩に出かけたの、先週の今日、水曜の朝。

 

最近、ビシビシ怒るようになって一時に比べて吠え方が随分落ち着いたので、暑くなる前に、と。

 

走り出してスピードが上がったその時、事故は起こった。

 

なぜか、先に走るリーラ。

 

 

あとで見たら自転車の散歩器具に停めるリードの金具が割れてた・・・

 

もう一本のリードは、私の左手首と左ハンドルのベルの内側にかかっている。

 

 

当然、左ハンドルは引っ張られてタイヤが進行方向に直角になり、急ブレーキ!
左手と左ハンドルを引っ張られたまま、後輪が浮き上がり、そのまま地面にたたきつけられた。

 

あ、と思って着地するまでの時間はとても長く、スピードは30近く出ているし、かなりのけがを覚悟しながら自転車の上を吹っ飛んでいった。

 

 

幸い、というか、なんというのか、私の身体の大部分は「ハンドル、前かご、前輪」のひと固まりの上に着地したので痛かったが、痛いだけだった。

 

 

 

でも、まず、メガネの右レンズがスジスジのボロボロ。しかし、こちらはそのおかげで顔のほとんどの部分を守ってくれた。
右顎もどこに当たったのか、今あざになっているが、表面に傷はなかった。
右鼻の下と、右唇の下に擦り傷ができたが3日でかさぶたがとれた程度の軽い擦り傷だった。

 

 

 

問題は3つ。
①まず、唇が大きく2か所、深く、かつボロボロに切れ込んだ。
でも、血が垂れては来ない。
この時点で鏡はないので、私は、勝手に、顔が酷い傷になっていると思っていた。
唇の傷はなめるとわかるので・・・

 

②右前歯の右端が欠けてそこがとがっていて痛い。

 

③←手の小指の付け根が骨折級の痛み。
でも動くし、動かして痛くはない。

 

 

ぶっ飛んでいったりらが、申し訳なさそうに戻ってきた。
大急ぎで家に戻って、クロルヘキシジンで唇の傷の中を洗いまくった。そして、イソジンで仕上げ。

 

 

 

9時を待って、縫うのが上手な六会の外科に行った。

 

 


 

やっぱり折れてた。
即、湘南台病院に紹介状。

 

 
 

 


 
手はパンパン。
 

ステロイドを大量に服用中なので手術はしてもらえず、レントゲン下で非観血的修復術(要は骨接ぎ)をして折れた骨を正しい位置に治してもらい(これは痛い)、添え木をして包帯で固められた。

 

 
ギブス後のレントゲン。
 
 

 
 

 
 
お辞儀していた骨が元に戻った。少し隙間空いてるからくっつくのには時間かかるだろうなあ。
 
この後、呼吸器内科に行って、ステロイドを3日早く半分にしてもらい(肺炎の像は消えたよ)、歯医者に行って応急処置・・紫外線で固める奴でとりあえず割れた歯を包んでもらい、帰宅。
 
一日医者にいた。

 

 

 

さて、何もできないね。

 

とりあえず自転車散歩は今日でおしまい。
ルームランナー買うことにする、リラの散歩用に中古で。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月22日

内視鏡検査に行った

恒例の内視鏡検査。
 

 
今回ポリープ切除しました。

 


 
この程度のもの。
 

 
染めるとこんな風になる。

 

 

 

 

 

 

終わってから、高校の友達と会った。

 


 

さんざん話して、別れてから、あ、と思って二人で写真撮った。

 

心はまだ高校生(笑)。

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

2019年7月16日

ひびが入ってた

水曜日に医者で待たされて、なんだか全然うまくいかない日もあると思ったのだけれど、

実はあの日、大きな「締め」が待っていたのだ。

 

 

やっと薬をもらって、家に帰り、二階に這うように上がって、
ベッドの足元に薬の入ったカバンを置いて、そのままベッドに倒れ込もうと思ったのだけれど、薬のカバンを蹴とばしてはいけないと思って右足はカバンを跨ごうとしたのね。

 

その瞬間、思い切りベッドのフレームを蹴ってしまったの。

 

 

しばらくベッドで悶絶。

 

 

 

 

その後の痛さもあざもすごくて、

 


 

 

 

 

でも、スニーカーできっちり抑えると余りいたくないのでヴンダーカンマーにも行ってきたww。

 

帰ってから、足のあちこちが痛くて参った。
痛い傷をかばうので変な筋肉使ったんだな。

 

 

 

 

足の指を動かしてもいたくはない。
でも、つま先がつけない。

 

ヒビだろうなあ・・・

 
骨折経験10回超の私にはわかる・・・自慢じゃないよww
 

 

 

やっと連休が明けて整形外科に行ってきた。

 

 

 
腫れてるような気はしなかったけど、先生は腫れてるって。

 

 
「あ~、しっかりヒビ入ってるねー。」

 


 

どうやら右足の小指と薬指の間に細いフレーム当てたみたいだ。

 

 

3週間ほどは湿布して、小指と薬指を一緒にバンディングしているようにと・・・

 

 

 

いやいや、宝くじ買いに行くかな(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月11日

また肺炎だった

 

 

朝からこの体温。

 

 

 

木曜なのでかかりつけはお休み。

薬局に聞いて新しい医者に行ってきた。
あまりに熱が高くて、あまりにあちこち痛いからインフルエンザだといけないと思って。

 

 

隔離されて結果を待つ部屋。

 

 

で、結局インフルマイナスで、レントゲン撮ってもらったの。

 

 

やっぱり肺炎起こしてた。(右上)

 

血液採ったので、明日もう一回検査結果見てステロイド処方される予定。
説明がはっきりしていてわかりやすい先生だった。