Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2015年12月24日

里のうどん

もう14年前に小学校のお仕事を始めた時、その小学校の近くにあった「里のうどん」。
おうどん好きですから、一回行ってみたいなあと思いながら、駐車場がないので行かなかった。
 
今度の小学校の近くにあったので、同僚先生とランチに・・・。
 

ぶっかけうどん。
 
 

 

でも、名物はうどんより、どうやらコッチらしい。
 

バラ丼。 これはネギ卵乗せ。
 

バラ丼セット。
 
食べごたえあり。

おうどんはうんと腰があって美味しかったけど、汁がなあ・・・

 

 

 
 

2015年12月11日

今年も白菜漬け

大きな白菜をはなママちゃんにもらったので白菜漬けにしたよ。
八ヶ岳の周りも今年は暖かくて、白菜の成長が止まらないのだそうで
どんどん大きくなっちゃって中が割れてしまっている。
 
 

 
一玉使ってたっぷりの白菜漬け。
半日で出来上がる即席漬けなのだけどね。
 
1 白菜を洗って刻んで漬物樽に入れる
2 適量の塩を混ぜて重しをして水が上がるのを待つ
  (塩の量はてきとう。 少ないと水が上がるのに時間がかかる。 多かったら水が上がった後で少し洗えばいい。)
3 上がった水を捨てて味見
  しょっぱければ樽に水を入れてかき混ぜてもう一回水を捨てる。
4 味が良ければ、人参の千切り、針生姜、細く切った昆布、鷹の爪、ゆず少々を加えてかき混ぜ、そこに少量の砂糖と酢を加える。
  (白菜一玉に対して砂糖大さじ1,酢大さじ2くらいかな、これも味見しながらてきとう)
5 小さい入れ物に移して軽いおもりをして冷蔵庫へ
 
 
白菜1/4でもできるし、これ、楽ちんだからぜひやってみてください。
ご飯が進んで進んで(笑)


 

 

 

 

 
 

2015年12月9日

刀削麺

5日は秋葉原で刀削麺を食べた。
今、アキバやアメ横辺りには10軒に1軒くらいケバブやさんがあって、なんだかなあ~~。
最初食べてみたいと思ったんだけど、あんまり多いの見たらその気が失せました。

 
刀削麺、ピュンピュンやってたんですが、カメラ間に合わず。

 
モチっとしていて、不思議な食感。

 
辛いのが多いので、私は一種類しか食べられそうもないけれど、美味しかった~。

 
また行くぞ!!

 

 

 

 

 

2015年9月1日

魚醤を作っていた

今まで、アンチョビを作るはずが、忙しくてうっかり忘れてしまい、溶けてしまってアンチョビソースを作ってしまっていたぷーまま。
 
今回は、最初から魚醤を作るつもりでイワシを漬け込みました。
魚醤と醤油の違い
 
 
いつだったかなあ。
過去ログ見たらわかるんだけれど、夏前に良いシコイワシを塩漬けしました。
魚醤だからいつもより多めの塩。
 
 
 
 
アルミホイルで直射日光を遮った窓際でいい感じに出来上がってきたので、
 

 
 
 
濾し取る作業に入りました。
 

 
 
試行錯誤。
 

骨や鱗を濾し取り
 

二種類の網を使って更にキッチンペーパー、最後にコーヒーフィルターペーパーと使うと
 
 

 
ほ~~ら、透明に。
 

 

 

 
こんな感じです。
 
2日ほどかかりますが。

 

 

 

 

 

2015年7月23日

良い物頂きましたの


 
朝釣りたてのクロダイ頂きました。
 
 

 

 

 

 
昨日つったというマルイカも頂きましたの。
 

 
マルイカのお刺身と、クロダイのカルパッチョ。
 
 
あ~~~、持つべきものは良い友だちです。
 
 

 
 

 

 

2015年7月18日

フェイスブックで流行っていたので


 
庭にシソがあふれているので作ってみました。
 
美味しいかどうかは明日食べてみますが、
紫蘇の葉を醤油とごま油1:1につけて、スライスにんにくを散らして、ジップロックで一日熟成だそうです。
 
 
ご飯がいっぱい食べられると書いてありました。
冷奴やそうめんを食べるときもいいと・・・
 
 
 

 

 

2015年6月16日

早朝の野菜

はっと気づいたら今年も早朝の野菜の直売が始まっていた。
 

 
今は、インゲンとジャガイモとキュウリとズッキーニ。
どれも一袋50円。
うれしいなあ。
 
  
 
  

 

2015年4月28日

シラスごはん

昨日のシラス。

 
こういうご飯になった。
漬けをアツアツご飯にのせて、のらぼう菜のお浸しと、からし菜の醤油漬けとでかき込んだ・・・うまうま~~。
 
そのままのシラスと大根おろしもうまうまでした。
幸せ~~。
 
 
 
 
 

2015年4月4日

明石から鯛が泳いできた

母島漁師Aさんが、お友達が事務長をしている神戸の病院に人間ドッグに行った。
Aさんが人間ドッグをしていた一昨日、事務長さんは休日で、昼間、釣りに出かけたそうだ。
兵庫県下には瀬戸内海にいくつもの海上釣堀があるらしい。
 
お昼頃電話した時は3匹しか釣れていないと言っていたのに、帰ってきたら33匹の大漁だったそうで、
本物の漁師のAさんにお土産にもたせたのだそうだ。
 
その鯛が我が家に4匹、保冷箱に入って泳いできた。(写真撮り忘れ)
 
釣り堀でスタッフが処理してくれるそうで、うろこもきれいに落とされて、ワタもとって、下処理は完ぺき。
 
 
さて、困った。
大きな鯛4匹は食えないぞ。
 
 
さばける家でないとだめだし。
 
ミジュパパが 『喜んで!』 と、取りに来てくれて、
いつももらうばかりの、漁師君の家にお届けし、
もう一軒釣りたてをいつも下さる☆家に連絡するのだけれど電話に出ない。 携帯にも出ない。
困ったなあ。
 
三枚におろして、半身をいつもお客さんの車を置かせてもらう裏の家にお届けし、3時間後にやっと連絡取れた☆家に半身をお届け。
無事みんな嫁に出した。
 
 
 

これが我が家のぶん。
左身はうまくおろせるのだけれど、右身はいつも腹側を失敗する。
出刃包丁が小さいせいもあるけれど、鯛は骨が硬いし、上手くおろせたとは言い難いなあ。
 
 
2匹分の骨とあらは茹でてちょっと冷まして、半身と茹で汁に昆布と酒、薄口しょうゆでタイ飯を炊いた。

ものすごくいい香り!
 
夕べは私一人だったので、タイ飯と、茹でたあらに醤油をかけて晩御飯だった。
脂がのっていて、臭み全くなく、とっても美味しかった!!
今日、残りの半身でカルパッチョする。
 
 
 
ごちそう様!!
 
 
 
 
 
 

2015年3月30日

豪華食材 & 珍食材で満腹  Vol.3 これがすごいんですよ

五色エビに似ているけれど、もっと伊勢海老に近い小笠原固有種だそうです。
名前は聞き忘れました。(アカイセエビらしいです)
 

 

 
解凍ものですが、漁師のAさんが冷凍、解凍してますから、刺身で行けます。
でも、今回は・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
出刃包丁で真っ二つにして、
 
 
 
 

口からず~~っとつながる消化管を中身をこぼさないようにきれいに取り去って、
 

 
 
 
オーブンでさっと焼いてから、
 

粒ウニと生クリームを混ぜたソースをたっぷり載せて焦げ目がつくまで焼きます。
 
 
 
 
 

 
ぷりっぷりの尾の身に味噌をたっぷりからめて食べるのですよ(笑)
うまうま~~~~。
 
 
 
 

 
これを3人で。
むふふふふ。