Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2015年10月27日

水晶

まずは9月にガマを開けて採集した水晶。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
これだけ採るのに使った体力半端ないです(笑)。
それ考えると、本当に宝物。
 

 

 

 

 

2015年10月25日

寒かったよ

湯沼の朝は8:00を過ぎてもなんと1℃!
 

 

 
綺麗な青空も寒そう。
 

 
珍しく丁度電車が来て、にわか「撮り鉄」(笑)になった。
 

 

 
 
中央道では、富士山もきれいに見えた。
 

 

 

 

帰り道での富士山(本栖湖)。
 
Fさんご夫婦とほうとう食べて帰りました。

 
 

 

 

 

2015年10月24日

湯沼鉱泉

ミネラルウォッチングに参加するため、湯沼鉱泉に向かった。
 

 
朝もやの川上村を湯沼に向かった走る。
レタスも、最後のグリーンリーフだけになっているようで、道路の汚れは少ない。
 
 
この日は、
 

 
この日は甲武信鉱山で松茸水晶と日本式双晶を探した。
きつい斜面で、下るのも怖かった・・・
 
戦利品は、又の機会に。

 
 

湯沼鉱泉にはこの間生まれていた子猫たちが転がりまわっていてかわいいのなんの。
 

 

 
もう反則的な可愛さ。

 
 
美味しいお食事食べて、

 
楽しい時間を過ごしました。

 

 
一緒に遊んでくださった皆さん、ありがとうございました。

 
 

 
 

 

 

2015年10月19日

ユーシン渓谷(続き)

道路脇の斜面にいろいろな花が咲いていてとてもきれいだった。
崩落防止のネットが写ってしまうので綺麗な映像にならなくてあまり写真は撮ってこなかったけれど。
 

 
 
 
 
 
数年前の台風で河原という河原がザレで埋まってしまった玄倉だけれど、流石に上流に来ると巨岩が見え出す。

 

 
 

 

 

 
こんな手掘り感満載のトンネルも幾つかあり、
 

ここまで来るとだいぶ近い。
 
 
 

あそこを左に折れて、

橋をわたって、右側の道を行くとユーシンロッジに着く。
 
 

綺麗な公衆トイレもあり(ペーパー完備)、ただしおしりを拭いた紙は持ち帰る約束。ビニール袋必携。
 
 

ロッジは今、営業してくれる人を募集しているようだ。
 
公衆電話もあって、ちゃんと通じた。
(携帯電波は入らない)
 
 
行き、1時間45分。
帰りはもっと速いと思ったら1時間半だった。
 
 
 
平坦なようでかなりの登りだったらしい、筋肉痛に苦しんでいる。(笑)。
 

 

 
 
 
 

 
 

2015年10月18日

ユーシン渓谷

どうしても下見をしておきたくてユーシン渓谷に行ってきた。

車止めから歩き始め。
出るのが遅くなったので12時35分出発。
調べたところによると、ユーシンロッジまで子供の足で2時間らしい。
8kmというところ。

平坦な道だからガンガン歩く。


これが、明かりがないと通れないという曲がったトンネルか・・・

左の道が旧道で、崩れて通行止めになった道だろう。

入ると真っ暗(笑)。
ちょっとしたLEDライトしか持っていなかったので暗くて困った。
逆S字にカーブしていた。
人がたくさん通るから良かったけれど、一人ではちょっと不安になるだろう真っ暗なトンネル。
327mもあるらしい。新青崩隧道というんだね。


これは私(笑)

トンネルを抜けて振り返ると、なるほど斜面がすっかりなくなっている。

途切れてしまった道のガードレールが向こうに見えるね。

こんな手掘り感あふれるトンネルを通り、


巨岩の河原を見下ろし、


台風とかの時、どんな水になるのか・・と思うような道路横の沢を見上げながら歩き続ける。

さらに歩くと、ユーシンブルーと呼ばれる青い水をたたえた玄倉ダムに到着。

このダムが貯水限界に達して放水してあの痛ましい玄倉の事故が起きた。
この小さいダムだから、当たり前のことだけれど、こんなダムの下の河原でキャンプするなどもってのほかだ。

2015年9月26日

4日めは、


 
鉱山のこんな斜面を登って上のほうで石を割って蛍石とか探した。
経験の浅いぷーままは、どれを割ればいいのか的確に見つけられないので、なかなか見つけられず・・・
 
 
まあ、自然の中で、石割って、お、この石は硬い、石英か・・とかいろいろ見てるだけで楽しいんだけど。
新しく石関係でお友達もたくさん出来たし。
 
 
てんてんさんが、要介護の愛犬グインくんをおいてきているので3時に撤収。
 
渋滞しているだろう道を帰る私達も帰路に。
 
 
   
山の中の道は空いていたけれど、

 
 
 
高速に入ったら飛驒高山あたりの道も反対車線はみんな渋滞。名古屋に向かう車ね。
 

 

 
帰りは御嶽山の北を通って上高地の近くを抜けて松本に抜ける道。
 

 
 
途中の平湯温泉でのんびりお風呂に入り(って、ものすごく混んでた)、

松本でゆっくりご飯食べて(花火大会してた)、
それでも中央高速の渋滞は長くて、裏道いろいろ走って帰ってきた。
家まで12時間近く(休憩時間も入れて)。
 

 
 
鉱物初心者はろくに写真も撮らず・・・

 

 

 

2015年9月25日

4日目

早起きして砂金掘りしたのだけれど、坊主。
あとで場所を間違えていたことに気づくのだけれど、この時は気づかず。
あんな遠くまで行って間違うなんて・・・
 
お魚がたくさん寄ってきてそれは可愛かったけれど。
 
名古屋のてんてんさんと九頭竜野駅で待ち合わせ。
 

九頭竜湖の裏の鉱山跡に向かいます。
電車これしか来ない駅です。
 

 
橋を渡り、見えてきた!
 

ズリの山が続く、ものすごく大きな鉱山のあとです。

 

 

 

 
バイクのトライアルやっている人たちがいました。
泊まりがけでやっているみたいでした。(立派なテント立っていましたから)
小学生みたいな子もいたし、女性もいました。
こんな岩を平気で登るし、平気で転びます。
とんでもないザレの急斜面を上まで平気で登るし、途中で平気で止まります。
すごい・・・
 

 

 

  

2015年9月24日

シルバーウィーク三日目は

2箇所で砂金を探り(知らないところではなかなか採れないなあ)、一箇所で鉱物を採った。
 
いや~、山奥だった。
道路脇にカモシカがいた。
 
でも、連休でお天気が良かったのでバイクが本当にたくさん走っていた。
 
岐阜の山奥から福井県九頭竜湖の横を通ってさらに砂金産地へ。
 

 

植林していない山はきれいだった。
 

屋根の吹き替え中
 

地震による山崩れで一夜にして城が消えたと言われるあとだそうだ
 

秋の日はつるべ落とし
  

 
夜中の岐阜、福井の県境の急坂をインターバルで登ってくる自転車が多数。
時間差で出発しているのだろうか・・・
こんな時間に(夜8時近い)どこまで??何をしに??
いろいろな余暇の過ごし方、楽しみ方をする人がいるのだと、私だって結構珍しがられているのだけれど思ったことだった。
(あんな苦しい趣味じゃなくてよかった・・)
 

 

 

 

 

2015年9月23日

中津川市博物館

外国産の綺麗な大きな結晶がたくさんある中に、こんなガラスケースが有ったのでした。
 

 

 

 
この中津川で一つの晶洞を開けて出てきたものが展示してあるのだそうです。
 
腕ほど太い煙水晶、握りこぶしのようなトパーズ、美しいペグマタイト・・・
こんな晶洞に巡りあうことはないでしょうが、端っこにでもあたったら、気絶しちゃうかもしれません。
 

 

 

 

 

 

2015年9月22日

中津川で

鉱物の博物館に行った。
 
 
外国産の

こんな素晴らしい標本や、
 

こんなのや、
 

こんなのや、
 

こんなものが並ぶ中に、