Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2005年9月11日

先住犬 アーク②






アークは、大きくなる予定だったから、
ビーボみたいに育て方失敗しちゃいけない、とぷーまま真剣でしたよ。
だから、半年になった時、相良直美さんとテリーライアン先生の、『家庭犬のしつけ教室』が
鎌倉であると知って、即、申し込みました。

上の2枚はしつけ教室の写真です。
上の写真、左にいるのが、相良直美さんです!
前にも書いたかもしれないけれど、ビデオ上級編にアークとぷーままで出ています!!

アークは、けっこう芸達者で、★おやつを鼻の上に乗せて『待て』、
★『よし』のひとことで、鼻の上のおやつをパク。ってのが得意でした。
投げられたものをキャッチするのも超得意。
とって頂戴といわれて、指差されたものを取って来るのも
上手でした。

グレーの配色の、とってもきれいな、さわり心地のいいハスキーでしたよ。

相良直美さんに頼まれて、ハーネスの宣伝に出演した事もありました。
大きく見えるのに、実は中身が小さいアークは、
『取り寄せた見本がハスキーに小さすぎたんだけれど、アークなら・・』と
その、小ささを見込まれたのでした。

相良直美さんいわく
『アークは、安物のてんぷらね。衣ばっかり!』

 

先住犬 4頭め アーク①



サルーキとトイプードル親子の3頭がいるところに
もう1頭買った人がいた。
3頭いても、ぼくの犬はいない・・とか言って・・。
世話もしつけもママ任せでは、4頭目もママの犬になっちゃうって
気付かないんだ・・。

近所の獣医さん(ビビの出身の)で、江ノ電から見えるところに
きょうだいのハスキーを「どなたか、買って下さい」って
ケージに入れて置いてあったやつ・・。
3ヶ月になっていた。
しろうと繁殖なのに、結構高かった。
ちょうど、ハスキーが流行り出したときだった・・。

お姉さん犬は、うちから10軒も離れていないお宅が
買った。

幼稚園生だった次男と同じ大きさだったよ。
「大好き、好き好き。」
一緒に育った。
次男は、今でも、アークが一番大好きだそうだ。