Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2010年11月5日

紅葉がきれい

新林公園の紅葉が一番きれいに見えるのは、うちの小学校の校舎からだと気付いた。
 

ケヤキやカツラの木のてっぺんに当たる日光が本当にきれい。 

 
帰りに公園に寄ってみた。
 



 
日あたりのいい、暖かいところには蝶がいっぱいだった。
 
 




 
 
 
 
 

 
 
あんなに長く暑い夏だったけれど、もう、すぐそこに冬が来ているね。 
 
 

 
 
 

  

 
 
  
 

母(ばあば)の味

ぷーままは、小さい頃、いわゆる 『ツナサンド』 を食べたことが無かった。
 
ばあばの作るサンドイッチは、あのツナ缶を使わなかったのだよ。
 
 
 
 
 
そのばあばの作る、言ってみればこれも間違いなくツナサンドなんだけれど、サンドイッチがおいしいのだよ。
特に男性好みの味。
 
子供達の運動会とかに作っていくと、よそのお父さんに食べられてしまうNo.1だった。
 
お試しあれ。 

 
 
使うのは、

①玉ねぎ小一個。みじん切りにして、ひたひたの酢に漬けて3時間以上。(前の日の夜につけておくといい。) 使う前に水分(酢)を良く絞っておく。
②マグロの缶詰・・・ただし、いわゆるツナ缶ではなくて、


『 味付け(フレーク) 』 というやつ。

これはかなり大きな缶で100円から140円くらいで売っている。
昔は 「 カツオ味付け(フレーク) 」 というのがあったのだけれど、最近は見ない。
あれば、どちらでも変わらないと思う。
 
③マヨネーズ。
 
 
これだけなんだけど、これを混ぜるだけ。


 

マヨネーズの量は味を見て調節してね。
少なすぎると玉ねぎがからくなる。
 




しょうゆ味のマグロフレークとマヨネーズがとてもよくあっていて、お酒のつまみにもなります。 
 
 
 
 

 
持ち運ぶサンドイッチのときは、フレーク缶詰の水気を少し切った方がいいです。
パンがベチョベチョになりますから。
 
 
 
 

 

レモネードの素



小笠原漁師Aさんから 「B級品だけど」 と、レモンが一箱送られてきた。
「マーマレードにでも」 って。
マーマレードは酸っぱい柚子に任せているから、レモンはレモネードの素に。
 
熱を通してしまうと、香りが飛んでしまう。

柚子はその中ではなかなかいいにおいを残す方だと思うけれど、レモンはレモンらしくなくなるよね。

 
 
お湯できれいに洗って、ざくざく洗って梅酒の壜に詰めて、蜂蜜とお砂糖をかけて果汁を引き出す。
 


 
 
 
お湯で割っても、炭酸水で割ってもおいしい。
2回ほど果汁を搾り出したら、残った皮と実は煮詰めてケーキに入れる。
種以外完食する予定。 

それにしても、大量。