Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2011年1月31日

シロガネーゼになったナゲット

ナゲット、昨日お届けしました。
 
 
白金台・・・ついたとき雪が舞っていました。

 
 
 
23才で亡くなった先住のネコちゃん、キョンシーちゃんのお骨の前で、キョンシーちゃんのかごにちゃっかり入って寝だしたナゲット。
  

  
こちらキョンシーちゃん。
同じ、長毛ミックスで、『よく似ていた』そうです。
  
 
  
  
  
ナゲット、キョンシーちゃんにあやかって、長生きして可愛がってもらいなさい。
  
  
  
  
I さん、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。
  
  
 
  
  
  
  
  
 
 
 
 
今朝、やっぱりちょっと寂しいです。
 
 
 
 
 
 
 
 

2011年1月30日

亀山は遠かった

朝寝坊をして、息子に小田原まで猛スピードで送ってもらってどうにか新幹線を捕まえて行った。
時計が鳴らなかったんだもの。
前にもあって、不思議に思っていたけれど、どうやら私の電波めざまし時計(デジタル)は、設定時間を変えたらどこか設定ボタンを押さなくてはいけないらしい。
説明書をすててしまったからなあ。
 
家から小田原まで30分かからないことが分かった・・とは息子の言葉。
  
おかげで特急指定券を無駄にしないで済んだ。
電車、行きも帰りもがらがらだったけどね。
  
 
  
  
  
  
電車で名古屋駅は18歳以来かな??

南の山(鈴鹿山脈)が雪で真っ白なのにびっくり!!!
そう、そう。冬は寒いんだよね、紀伊半島。
  
 
  
関西本線は「本」がつく癖に、思い切りローカル線で、線路は単線。
だから、あちこちですれ違いその他の理由で、『信号待ちでございます』と申し訳なさそうな車掌アナウンスがあって停まる。 「快速」にのってるのにね。
  
日本って、ほんとうに東京に集中している国だとこういうときに思うわ。
あ、大阪は分からないけど。
  
  
  
  

鈴鹿の山はどんどん近づき、
  
  
  

大河、木曽川と
  


くっついて流れる長良川、揖斐川を越える。
  

ふりかえると、あれがたぶん、あの自民党時代の負の遺産「長良川河口堰」だ。
  
ここから少し上流に上がると、川より低いところを堤防で囲って住んでいる『輪中』があるはずだが、ここいらへんでも川の水面と、堤防外の地面の高さを見比べると、!!って思いがする。 

 
 
  
 
 
  
この三つの川を渡ると、工場に囲まれて線路が走る、煙突の写真が教科書でもおなじみの、四日市に近付く。
 
 
線路脇に、そのまま鉄道で搬出できるようになっている引込み線も沢山見られた。
(うまく写真撮れなかったけど)

  
  
  
  

工場と工場がパイプでつながっている石油化学コンビナートだね。
 
さすがに、四日市市内の川は汚い水が流れていたけれど、ちょっと町外れの川はもう清流で、あの鈴鹿の山から流れてきているのだろうか、東京付近ではないことだった。
  
  
  
  
  
四日市を過ぎると、静かな田園風景が広がり、でも鈴鹿の雪の積もった山が見えて、やっぱり寒そうな風景だね。 

  
  
  
 
そんなこんなで、4時間かかって亀山に到着。
  
 
  
  
  
   

2011年1月29日

明日・・・アラ、もう今日だわね・・・三重県まで行きます

さすがに始発はつらいなーと、藤沢駅6時で小田原経由で亀山の伯父のところまで行ってきます。
日帰りです。
 
伯父はばあばの兄さんです。
 
その昔、今は横浜港に固定されてレストランになっている「氷川丸」で、アメリカのデューク大学に留学していた伯父です。
じいじとは、東京文理大学 (その後の東京教育大学、現在の筑波大学) で同期でした。
 
 
ばあばの葬儀のときに来てくれた伯母に荷物など持たせられなかったので、じいじとばあばの写真、持って行ってくるのです。
考えてみたら、伯父とも30年以上会っていません。
  
伯父の結婚前に生まれた私はずいぶん可愛がってもらいました。
(自分の結婚前に生まれた姪や甥って可愛いらしいですね。)
  
  
  
  
関西に行くのも30年ぶりです。
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
 
ほほほ、漢字間違いなど伯父に訂正されました。
知ってはいたのですが何も考えてませんでした。
 
大学名はずっと間違えてた。
 

2011年1月28日

カヌー@引地川

引地川のところに戻ったら、川を光が下って来た。
  

目が慣れたら、カヌーだった。
  

こうやって写真を撮ると、後に丹沢大山がそびえているし、けっこう良いロケーションに見えるけれど、コンクリート護岸に囲まれた水面は周りからずいぶん低く、カヌーの水面近くからでは何も見えないのだろうな。
  
 
  
 
  
  

  
下ってきて、一番河口の橋の手前でみんなUターン。
  
  

 

  

  

  

 
  
  
ふふふ、
やりたいことを自由にしている人を見るのは、楽しいね。
見ているこちらまで、心がワクワクしてくる。
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
   

昨日の夕日


  
昨日は、薬をもらいに2ケ月ぶりに医者に行った。
実は母と一緒にかかっていた医者に行けなくなっていたのだ。
  
母が具合が悪くなってから5日間に2回通院した。
背中が痛いことも伝えた。
それでも、「風邪の治りかけかなー」 といって、聴診器を当てることは無く、
漢方の風邪薬が処方された。
  
どうしても、その医院に足を向けることができなくなった。
 
早くに分かっていれば死なすことは無かった、という思いが、どうしても足を止めた。
  
  
  
 
  
病院に詳しいUtaさんに聞いて、インフルエンザの予防注射に行くだけだった医院を選んだ。
混むからなあ・・・と思っていたのだが、昨日、なるほど、と思った。
  
まず、午後の診察時間の30分ほど前に着いたのだが、診察の順番は3番目だった。
1番目はおばあちゃん。体温を測っても、測っていることを忘れてしまう・・。
付き添い(こちらも老人)二人つき。
次の人が呼ばれるまでに、まず50分ほどかかった。
2番めの人は若い男性。こちらはすぐ済んだ。
その人の診察中に38度以上ある女性が来院。こちらは奥の部屋に呼ばれる。(たぶんインフルエンザ)
やっと私が呼ばれたのは診察が始まって1時間半も経ってから。
その時点でも、まだ、一番最初のおばあちゃんは処置室にいて、足に薬を塗ってもらっていた。
その奥にはインフルエンザの女性。
  
  
  
私の番になって、「主治医を変えたい」 と書いた私のメモを見ながら、
『 何故? 』 と言う質問。
手短に、前の主治医が母の心筋梗塞を見つけられなかった話をした。それがためにその医院に行かれなくなったと。
『 背部痛を訴えたんですね。 それを風邪だと? 』 と一言言われた。
  
まあ、その話はそれのみで、私の主治医をお願いしたい胸を伝えると、
その後、
レントゲン、血液検査、尿検査、聴診器、触診、一通り行った。 もう一つ、今度しましょう、があったけれどなんだったか。
ふぅーん。 今まで、主治医を頼んでここまできちんとされたことは無かった。
しかもその間、診察室は私が占領。レントゲンを撮りに行く間も荷物を置きっぱなし。
 
なるほど、時間がかかるから、待ち時間が長くなるわけだ。
  
  
  
  
  
薬の説明もなかなか的確で満足のいくものだった。
  
  
 
まあ、月に一回のことだから、ちょっと混んでも確実な医者に限るね。
  
  
 
  
薬を受け取るのに、薬局でかなり待たされる。
きれいな雲が見えていたので、海岸まで一走り、夕日を見に行った。
  
 
  
  
  

 

 

  
  

 
 

  

 
                                       (うっすら大島)
   

 

  
  
  
 ここのところこんな、低い雲がよくかかる。
  
   
  
  
   
 
 
 

2011年1月27日

夕べは

仕事が終わるのが遅かった上に、ナゲットを引き取りたいと言う方 (ケージを買ったりしたから現れたのだね・・・笑。マーフィーの法則って言ったっけ。) にメールを書いていたら、また居眠りをしてしまった。
 
夕方、薬局の待ち時間に夕焼けの写真を撮ったのだけど、アップは今晩ね。
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 

2011年1月26日

ナゲットの3階建て新築住宅

私の部屋に続く3畳の納戸・・・ほとんど本棚と道具入れ、になっている・・・が、ナゲットの入った特大犬ケージに占領されて、奥のものが取れない状態になっていた。
 
猫のトイレ砂や猫っ毛も奥に溜まっていたけれど、掃除もできなかった。
  
  
  
  
  
猫にはひろさより高さが必要、と聞いて、3階建ての住宅購入しました。
  
 

思ったより大きくて、けっこう邪魔ですけど、
でも、納戸の奥に手が届くようになってよかったです。
  
ダンボールの箱を使って、寝るところを作ってあげたのだけれど、気に入らないそうです。
 
  
  
  
 
  
 
  
  
  
 
 
 
 
 
 

2011年1月25日

地図の欠けたところは

父の部屋には、とにかくいろんな古いものがいっぱいあった。

改装前にかなり捨ててしまったのだが、それでもまだいろいろでてくる。
 
 


 
この地図、いるかしら?と広げてみたら、 「 あら、穴あき。」

 
・・・ん?? この穴って、もしかして・・・
 

 
 
 
 
もう一回たたんでみたら、やっぱり。
 

わかります??
  
  
ネズミのかじった痕ですよ。
  
  
  
 
  
昔、鎌倉に住んでいたとき、夜中に天井をネズミが走る音がしたものです。
3歳前のことなのに、それだけは鮮明に覚えているのです。
  
  
 
  
  
穴はさておき、この地図の古いこと。
 
 
 
藤沢“町”は田んぼばかり。
  
  
  
あらー、八王子も田んぼばっかりよー。
  
  
  
  
  
  
  
 
 
 
 

 

2011年1月24日

いねむりしっぱなし

夕べはパソコンの前にマッサージチェアを置いて、ひざ掛けして、
ビンママさんのコメントに返事書きながら4時間も居眠りしていた。
  
いやー、ちゃんと布団に入ればよかった(笑)。
  
  
  
だから更新なし。
  
  
そんな日もある。
  
  
  
考えてみたら、ばあばが亡くなってからまともな時間寝てなかったからなあ。
私の気持ちの中で、一区切りついたということかな。
  
  
 
  
  
  
  
 

 

2011年1月23日

巨大ヤリイカいただきました

                             (コンデジの設定直し忘れました。白黒だー。) 
カンパリ秋〇さんから、大きなヤリイカ頂きました。
  
昨日釣れたイカだそうです。
  
エンペラの大きさでご覧ください。
  
 
全長50センチほどあったそうですよ。 
 
  
  
 
  
 
身が厚いので、バラ造りにしてみました。
  

塩大臣は、まだ隔離状態で食事しているので、息子と二人の晩御飯。
そういう時ってどうも薬味まで用意しないわねー。
  
 
かつおだしをとって、たっぷりの野菜を入れて柔らかく煮たおつゆでおうどんを軟らかく煮て、
(塩大臣用にはこれよね。)
それに、作り置きのおかずとイカで晩御飯すましました。