Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2011年3月31日

此処より下に家建てるな…

「此処より下に家建てるな…先人の石碑、集落救う」  読売オンラインニュース

 
東日本巨大地震で沿岸部が津波にのみこまれた岩手県宮古市にあって、重茂半島東端の姉吉地区(12世帯約40人)では全ての家屋が被害を免れた。1933年の昭和三陸大津波の後、海抜約60メートルの場所に建てられた石碑の警告を守り、坂の上で暮らしてきた住民たちは、改めて先人の教えに感謝していた。
 
 「高き住居は児孫(じそん)の和楽(わらく) 想(おも)へ惨禍の大津浪(おおつなみ)」
 
 本州最東端の魹ヶ埼(とどがさき)灯台から南西約2キロ、姉吉漁港から延びる急坂に立つ石碑に刻まれた言葉だ。結びで「此処より――」と戒めている。(魹は魚へんに毛)
 
 地区は1896年の明治、1933年の昭和と2度の三陸大津波に襲われ、生存者がそれぞれ2人と4人という壊滅的な被害を受けた。昭和大津波の直後、住民らが石碑を建立。その後は全ての住民が石碑より高い場所で暮らすようになった。
 
 地震の起きた11日、港にいた住民たちは大津波警報が発令されると、高台にある家を目指して、曲がりくねった約800メートルの坂道を駆け上がった。巨大な波が濁流となり、漁船もろとも押し寄せてきたが、その勢いは石碑の約50メートル手前で止まった。地区自治会長の木村民茂さん(65)「幼いころから『石碑の教えを破るな』と言い聞かされてきた。先人の教訓のおかげで集落は生き残った」と話す。
 

                      (ニュースは何日かで消えてしまうから、コピーしました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
  
  
我が家は海抜10mもないと思う。
  
このあたり、過去、何回も津波は襲ってきているらしい。
鎌倉の大仏に大仏殿を作っても津波で流されてしまったそうな。
 
関東大震災のときにも津波の被害は相当だったらしい。
  
どうなるかなぁ、関東大震災級の地震が起きて、津波が発生したら。
 
逃げるところは、川を渡った片瀬山しかない。
犬を連れて逃げられるだろうか。 
  
  
  
  
   
  
 

山梨なう


周りの山はまだ真っ白。
2800mくらいの山達だからね。
  

2967mの甲斐駒ケ岳。
  

2764mの鳳凰三山地蔵岳(左)からアサヨ峰への早川尾根稜線。地蔵のオベリスクがぴょこんと出っ張って見える。
  

真ん中の甲斐駒ケ岳から日本有数の長い尾根黒戸尾根が家の前まで下ってくる。
うちは、山の裾野の森の一番奥。家からはこういった展望は見えない。
  
景色のいいところは寒いのだって。(半分僻みだけど)
  
  
  
振り返ると八ヶ岳。
 
  
 
  
  
  
  
  
  
 

2011年3月30日

地震の影響@山梨

second houseさんの八ヶ岳の家で、地震後の停電で給湯器の凍結防止が効かなくて漏水したという記事を見て、我が家も山梨の家の状態を見に行ってきました。
  
  
とりあえず、10ヶ月ほど行っていなかったと言う事もあり、掃除もかねて。
  
  
  
  
あの家は地震でとてもよく揺れるのです。
  
  
  
  
結果。
2階の壁にすき間が一ヶ所。同じく2階の壁の張り合わせ面に亀裂が発生。
  
まあ、その程度で済んでよかったです。
揺れが遅かったから・・・といいますが、物が落ちたりはしていませんでした。
  
  
   
  
PC持っていくのを忘れて、あちらから更新できず、きょうになりました。
  
  
  
  
   
 
  

2011年3月29日

我が家の停電対策

もう、夜の計画停電は3回経験した。
  
停電のときの明かり。
 
①キャンプ用のガソリンランタン 2つ

  
  
 
  
  
   

 
②同じくキャンプ用のガスランタン 1つ
 
 
  
  
  
 
 
   
 
③車用の作業灯 充電式LED32個

 
かなり明るくて安全。3時間充電で7時間発光。

 
  
  
  
  
  
 
 
 
④手回し発電機つきの、ライト、ラジオ

塩大臣が中学生のときに技術科で作ったもの。
  
  
   
  
  
  
 f 
  
  
  
⑤今日、もう1つどうにも仕事に必要で手に入れたものがこれ。

重機の運転席とかに使うもの。

 
 
バッテリーにつないで使う。
 
2つつないで、これで停電でも勉強ができる。

明るいけれど、高かったよー。
高かったけれど、毎度停電のたびに塾を休むわけにも行かないから。
   
 
何故だか、近くでも全く停電していないところもある。
不公平感は否めないよね。 
  
  
 
  
   
  
 
  
  
 
 

 

2011年3月28日

我が家の節電

まじめな節電家の塩大臣と、次男のKOが消しまくっている我が家。
もともと、白熱灯など庭と車庫の防犯のための赤外線感知のスポットライト以外についていないような家なのだけれど、(他はすべて蛍光灯)
 
秋には三箇所の廊下の蛍光灯のスポットもLEDに変えた。

 
  
  
  
  
 
  
更に強化しました。
  
 
  
トイレに赤外線感知の発光ダイオードの明かり。
昔はなパパちゃんがくれたんだけど、単三の乾電池4本で数年(!)持つ。液漏れが怖くて途中で交換するくらい持つ。

これで、夜間は人を感知してぼーっと明るくなる。
  

おもいきり節電してると思うよ。
  
 
  
  
  
  
 
 
 
 
 
 

2011年3月27日

この鳥、だあれ??

 
いつもセキレイが歩いていた道路のどん詰まりに、変わった色の鳥が。
  
大きさはツグミやヒヨドリサイズ。スズメよりはるかに大きい。
  
  
人が近づいても逃げない。
飼い鳥か???
  
  

さすがに1m以内はいやらしい。
  
他の人も立ち止まってしまったので、江ノ電の線路に逃げてしまった。
  
  

 
  
そのうち、おじさんが一人、餌を撒きに来た。
  
さっと元に戻ったよ。
  
ピーナッツだそうだ。
  

小さく割ってあげている。
  

 
人が少なくなったら、遠くで見ていたのだろう、さっそくカラスが飛んで来た。
小鳥は近くの家の門の上に避難。
 
 
  
帰ってから調べたら、「イソヒヨドリ」だった。
  
いつだったかぱぷりかさんのブログでも紹介されていたよね。
  
ふぅーーん。初めて見た。 
  
  
  
 
 
(続きを読む…)

2011年3月26日

リカールと51を飲んだ



昨日の朝は寒かったね。
3学期終業式だというのにひさしぶりに霜が降りていたよ。
  
終業式で、夜は打ち上げで、夜中の10時半に参加した私はきょうは二日酔い。
あはは。 
  
 
  
  
  
  
みんなと別れてから、お友達の店に寄った。
 
  
リカールと51を置いてあったので飲んでみたよ(笑)。

 
こちら、リカール。
真っ白に濁って、この香り・・・リコリス??
  
チェイサーはビール。 二日酔いするわけか。
  
  
  
  
  
 
こちらが51。
リカールより香りが穏やかかも。
  
でも、アルコール度数40%ですよ~!
  
  
  
  
  
  
  
  

2011年3月25日

ビールに放射線を防ぐ力が?

な、なんと!
 
ビールに放射線を防ぐ力があるんだと!!!
 
 
 
放射線医学総合研究所平成17年プレス発表
 
この上ビールまで買占め?? 
 
 
 
 
 
 
 

ひさしぶりの紅糖鶏翅(ホンタンジーチー)


久しぶりに鶏の手羽先を買ってきた。
  
  

 
よーーーく焼き色をつける。
よく焼いて脂を出して、その脂に、黒砂糖を絡めて香りを出す。 
 
 
 
 
 
紹興酒、水を加えて煮る。
  

ネギ、ショウガを加えて。
 

  
 
弱火にして約40分。照りが出たら出来上がり。

 
  
  
  
ご飯が進みます。
  
  
  
  
  
  
 
 
 
 

2011年3月24日

にょろにょろ達の成長


                                  (スケールは50センチの自在定規)
毎日見ていると、成長に気付かないのだけれど、ずいぶん太くなってきたように思っていたら、この間気がついた。
  

去年の11月にこんなに余裕があった水のみ場兼プール。今じゃあパツンパツン。
この間蓋が半分はじけていた。
  
大きくなったねー。
  
長さも90センチくらいになった。
 
寒いといわれても、もう袖には入らないよ。
  

アンバー、今日の体重286グラム。
うちに来たとき測らなかったからなあ。倍以上になっていると思う。 
  

 
  
  
  
  
  
 
 
こちら、ノア。


アンバーの半分しか餌を食べていないのに、デブ。
♀の宿命か(笑)。
  

  
計画停電にもめげず、順調に成長中のにょろにょろ達でした。