Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2011年12月5日

今年最後の砂金掘り

 

うんと早起きして、暗いうちに出かけた。

いつものところに砂がなくなっているので、丹沢湖の上の玄倉まで行こうかと思っていたのだけれど、
鉄砲の時期はやめたほうがいい、といわれて、急遽、
「すっごく取れるところ」を見つけたソロ爺さんに合流。

本当は土曜だけにするつもりだったんだけれど、あの雨で引き返したので、
日曜だから、昼まで、などと、自分で自分に言い訳しいしい行ってきた(笑)。

 

丹沢にも、スルースポックスが有効な場所があった!!

でもね。
やっぱり、スルースボックスで流すくらいたくさんの砂(石交じりの泥)を掘るのは
か弱いぷーままにはつらいわ。

あ、この件に関してはコメント受け付けません!(笑)

荷物は重くなるし、帰宅後しばらく手が震えてましたから。

 

成果。

 

 

身延にも冬だけ掘れる、小さな砂金がいっぱい取れるところがあったけれど、
そこと同じ感じ。
取れた砂金まで同じ感じ。
あそこのもいっぱい銀色が混じっていた。

なぜかなあ。
銀色なのはアマルガムになっているんだろうか。

 

そして、一個だけ大きい砂金は、透明な結晶を抱いている。

 

わかるかなあ、左上の光っている結晶。