Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2012年1月31日

すっごい

5年生のM先生、気付かずにストーブの吹き出し口にテレビを置いちゃった。

 

 

ストーブの熱風で裏カバーのプラスチックが溶けた。

 

 

かろうじて中身が解ける前に気付いたので、テレビは映る。
でも、危ないから裏カバーを交換するらしい。

 

めったに使わない図工室のテレビと交換。

いやあ、すごいね。

 

 

 

 

 

2012年1月30日

今日の蓮池は・・

今日の蓮池は鳥がいっぱい。

この子達は、人なれしていて、ずーっと近付いてきて、こちらをじっと見ている。
誰か、えさやったな。

2羽でいるのって、ツガイなんだろうけれど、
カルガモってオスとメスの区別つかない・・・。

しかし、この写真、彼らが泳いで近付くにつれて水面に青空が写って、非現実的な色合いになった・・・



第二蓮池のカメラの砲列の前には、

いつものカワセミ。

高い木の上にいるこのコサギは、日向ぼっこのしすぎ??
口開いてハアハア。

他に場所がなくて、こういうところに集まってくるのだね。
誰もいじめないし。

 

 

 

 

2012年1月29日

素敵なおうち

こんな大きな木がシンボルツリーのこのお宅。

江ノ電沿線で、ひときわ高い、もと丘だったのだろうところに建っている。

庭の端っこが傾斜になっていて、その下は石垣でとめてある、石塀が崩れ止め、って感じかな。
だから垣根とか塀が要らない。
目隠しも要らない。
日当たり抜群。

そこに木造の平屋。

贅沢な住まいだなあ。

夏は日差しをさえぎり、冬は日当たりを妨げない大きな落葉樹が数本。
要所要所には常緑樹を植えて、樹木の手入れもなかなか。

素敵・・・

 

 

 

2012年1月28日

ドンくさいミツバチ

コタツで丸くなっていないニャンコ。(のたつのノエルよりすごい)

(誰が作ったの、こんなワンコ)

あはは。

  

  

    

    

    

2012年1月27日

ドイツと日本の犬事情

旅のチカラ 「犬の幸せって何だろう… 浅田美代子 ドイツ・ベルリン」
  (YouTubeを直接貼り付け、直リンクはご遠慮ください、となっています。)

今朝、BSでこれを見た。
紹介してあるブログを見つけたので、紹介します。(57分の番組です)

どういう意図で作られた番組か分からないけれど、ドイツと日本、全く同じにはできないだろうなあと思った。

番組の中で、浅田美代子が、「分からない・・」という場面がある。

ダックスフントのブリーダーをたずねたときに、ブリーダー夫婦で狩猟が趣味で、家中に戦果の鹿などの剥製が飾ってあるのを見たときのことだ。
「 犬も、獲物も、同じ動物なのに・・・。 」と彼女がつぶやいた。

全員がそうではないだろうけれど、民族としてドイツ人の根底にあるのは、使役犬としての犬なんだろうなあ。
使役犬を育てる最良の方法が、ドイツの犬事情を生んでいるのだろう。
愛玩犬という分野の使役犬・・・がドイツの愛玩犬なのだね。

犬をただ玩具のように愛玩用にする日本人にはどうしても分からないところだろうなあ。

自然とのかかわり方の違いも関係しているのだろう。
自然の近くに住んで、毎日森の中を歩くヨーロッパ人と、せっかくの原っぱを整地して公園にしてしまう日本人。
狩猟犬としてのダックスフントと、狩猟の獲物とは全く違う存在だよね。
日本人は、獲物の動物も、動物園で飼われている動物と同じにしか見えないんだろうなあ。
日本人にとって、犬は、「ハンティングの獲物と一緒」程度だと、馬鹿にされるかもしれない。

なあんて思いながら、この番組を見た。

根底はどうであれ、警察と獣医が不適と認めたときはその犬を飼い続けることができないという法律、イヌの殺処分ゼロ、どれもすばらしいことだ。
浅田美代子も最後に言っている、「こんなドイツでも捨てる人はいるんだ」、うん、そう。だから、一匹1万5千円/年の犬税も必要かもしれない。ワクチン接種の義務と一緒にね。 
犬税すら払えない様では、犬は飼えない、当たり前だよ。それをどう使うかは大問題だけれど。

日本でも、適用できそうなところを真似できたらすばらしいと思う。

ここ数年(10年くらい)で、日本のワンコ事情もずいぶん変わってきた。
お外で電柱にシャーは、今はご法度だ。
うちには、外でシッコ垂れ流し君がいる。他犬に喧嘩も売る。
これでは街を気持ち良く歩くことは不可能。
マズルガードとオシメ装着していくしかない。

新しく飼うことがあったら、保護犬だって慣れずにビビッているうちに真っ先にトイレのしつけと服従訓練するわ。

2012年1月25日

お店やさんごっご

1年生がお店屋さんごっこをしたらしい。
教頭先生が招待されてお買い物してきた。
あんまりかわいいので・・・

↑は「抹茶メロンパン」(笑!)

 

これは、「チョコドーナツ」。

 

「 おせんべい 」って書いてなかったら分からなかったよ(笑)。

 

これも説明なしでは分からないなぁ。

 

「 ブロッコリー 」だよ。

 

「 バッタ 」も

「 ダンゴムシ 」も200円なのに、

「 タラバガに 」100円はお買い得!!

 

 

「 ベンツ 」も、

「 パトカー 」も300円で、これはもう買うしかないね(大笑)。

さてこれは??

「 のりおち ??? 」
のりおち、のりおち・・・「 のりもち 」らしい。

 

さて質問。
この 「 ミックス 」 は、ニャンコでしょうか、ワンコでしょうか。

へへへ、実は私も分からない。
私はワンコだと思ったんだけどね。

 

中には、一年生にしてこんなしっかりした絵を書く子もいる。

そして、一番人気は、これ!!

           

なんだか分かる???

拡大すると・・

とんがった唇と、黄色い目がたまらない、「 はりせんぼおう 」君。
100円!

かわいいでしょう???

2012年1月24日

紫芋ようかん

すばるさんから、丹精こめたサツマイモをたくさん頂いた。
サツマイモというのは、収穫したら干して、充分甘くしてから食べるのだそうで、
すばるさんは、ちゃんと干したものを下さる。
蒸かすと本当に甘くておいしい。

今回、「あまり甘くないのでお菓子の材料に」という、紫芋もたくさん下さった。

そこで、


皮を剝いて水にさらし、

皮は、油で揚げて、塩を振って、チップスに。

中身は、固めに蒸かして、ボールでつぶし(砂糖ちょっと加えた、塩もふたつまみほど)、

粉寒天15g(芋2kg)を800ccくらいの水に溶かして煮立て、砂糖少々加えて、よく溶けたら

つぶした芋に加えて良く混ぜ合わせ、

練り上げて、

水でぬらしたバット(ホウロウ)に入れて平らに伸して、冷やす。

ふふふ、できた~~。

お芋のつぶつぶも繊維も残っていて、お芋っぽくて(?)美味しい!

おいも丸ごと蒸かしてつぶしても良かったかもです。

キャァ、おいしい!

紫芋を下さったすばるさんのHPに、簡素で、でもずっとお客さんに「おいしい」と言われるおでんが載っていたので、真似っこした。

>めざしほどある大きい煮干しを裂いて鍋に敷き
とまでは行かないが、頭とはらわたを取った煮干をたくさん、たくさんお湯に泳がせて、だしをとった。

江ノ島の朝どりのカタクチイワシをスーパーで売っていたので、アンチョビ用に買って来たら、ビンに入りきらなくてちょうど一皿あまってしまった。

それを、えらと はらわただけとって、

フードプロセッサーに入れて、ねぎを30センチほどぶつぶつと切ったのと、おろし生姜と一緒に丁寧に粉砕。

よくこなれてきたら、塩小さじ1と、砂糖小さじ1/4、酒大匙1、卵白1個分、片栗粉大匙1を入れて、さらにねっとりするまで粉砕する。
塩を入れると、とたんに粘りが出てくるので、そのあと良くミキシングすると骨も細かく砕ける。

これを、煮立った煮干スープにスプーンで、ポトンポトンと落としていく。

つみれが煮えたところに、大根、ちくわ、卵、黒はんぺん、こんにゃくを入れて、弱火でとろとろ。

味付けは塩のみ。
大根が透明になってきたこのころ、味はもう最高。

このあと、入れ忘れていた昆布も入れて、さらに小一時間、とろとろとろとろ。
白かったおつゆも、大根もうっすら茶色になったところを頂きましたが、
「 きゃあ、私って天才! 」って叫ぶおいしさ。
つみれのおいしい事ったら。
滑らかで、ふわふわ。 「いわしはんぺん」って感じかな。

おいしいものを食べる幸せ!!!

2012年1月23日

書初めbyノエル

おいら、しょうがつだから かきぞめ した。

けっこうな 字だろ??

えーーと、ママといたしましてはね。
道路に字を書くのはどうかと・・・って問題じゃなくてぇ、
こんな風にPしてくれると、流すこともできないわけで・・何とかしなさい!!この癖。

 

 

 

 

 

 

 

2012年1月22日

小笠原みかん食べたら

この間もらった小笠原みかん。

一番大きな文旦、皮が汚いのは熟成させているからですって。
このくらいになると、中が甘くておいしいのだとか。

一番大きいやつ、ひと房がこの大きさですよ。

一粒一粒まで大きいのです。

次に大きいのはこれ。
中がピンクグレープフルーツっぽい。

文旦は、いろいろ種類があるそうですよ。

一番小さいのがこれ。
これ、すごく気に入った!!!

島オレンジ。
皮が薄いオレンジ。
ものすごくみずみずしくて、甘くておいしい!!!

その結果、私の手は・・

柑皮症(かんぴしょう)といいます。

蜜柑を4個くらい食べちゃうと、すぐこうなります。
高校生のときに医者に黄疸と間違えられて検査されました。
特にひどいタイプだそうです。

先週の金曜日に学校で子供に、
「 先生、手が黄色いよ。 」
といわれました。

私の冬の手です。