Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2012年7月7日

すげー!

昨日、小笠原母島漁師Aさんから早朝メール。

『 T君と根魚釣りに行ったところ、90キロのマハタが釣れました。 』


すげー!!

ちなみにT君とは近所のもと遊び仲間(・・他界・・)の息子。もと教え子。いま母島に遊びに行っている。

本人曰く、もう、三十ん年前、私が、みんなでキス釣りに行くけど行かない?って誘ったのが始まりだそうな。

わたしが知り合ったころはヤ〇セで外車を売っていたAさん。
自動車の整備士の資格を取れる大学を出たくらい、自動車やバイクは大好き。
いつもアイビーを着こなし、
ヤ〇セをやめた後は、タイやカリブ海やNYに長く出かけたかと思ったらトローリングにはまり、
JGFA初代会長だったOさん(ぷーままの仲人)に紹介してくれーと言うので、紹介したところ、
整備士の資格もあって、ずいぶん可愛がられたらしい。

何年か前の年末に、小笠原土産を届けてくれた際に、車に乗るかと思ったら突然戻ってきて、
『 あのときぷーままに誘われなかったらこんな人生送っていなかった。』 って言われた時には
のけぞってしまったよ。
だって、そのキス釣りのときって、例によって糸を遊ばせすぎて上手なNさんとお約束のお祭り。
グジャグジャの下にどっちが釣ったかわからない外道のイシモチが一匹ぶら下がっただけで、
キスの顔も拝めなかったんだから。

7号や8号の針に0.8のハリスで仕掛けを作るのだけれど、太い指ではぜんぜん駄目でね、
Aさんの作った仕掛けは、針が外れる仕掛けになっていて(笑)。
おまけに、糸をピンと張れなくて、 「 外道釣りのA 」と呼ばれていたなんて思えないよ。
今はそんな小さな魚は相手にしていないから大丈夫(大笑)。