Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2012年11月3日

こんな時期にミョウガ

寒くなってきてオンブバッタの勢いがなくなってきたので庭の紫蘇が少しだけ葉っぱがつくようになった。
普段はバッタに食われて葉っぱなどほとんどない。

紫蘇を摘み、雑草を抜いていたら、なんと!!
ミョウガが出ていた!!!


夏中キュウリの陰になっていたから花を咲かせられなかったらしい。

ちょっと硬いけれど、香りが強くて美味しい!!

もっと暑いときなら冷奴に山盛りや、お刺身に山盛り、そうめんの薬味にするんだけど、こんなに寒くなってきたらどうやった食べる??
・ 
・ 
・ 
・ 
・ 

バジルを刈り込んだ

2階ベランダのスィートバジルがあまりに大株になってしまったので思い切り刈り込んだ。
使い切れないほどの大株だったので、イタリアンレストランKAKAKIに届けた。

ジェノベーゼソースにするそうな。


店を出て、振り返ったら134号線の向こうに江の島の灯台がライトアップされて光っていた。

ボーっと写っているのは自転車を押しているサーファー二人。
こんな時間まで。


灯台はいろんな色に変わるらしい。






日記がいい加減だった言い訳・・・忙しかったこのひと月

9月の26に本ブログが復帰したのだけれど、元のサーバーコンピュータは生き返らず、他のサーバーになった。
使い勝手が悪くてなんだか調子がつかめない。
思ったように文が書けなくなった。

今度のサーバーは、スペースをたくさん空けても一行のスペースに詰まってしまう。
大きなスペース無しで文に、話している様な間を持たせられない。
まあ、結局文章力の問題なのだけれど・・・話しかけるように日記を書いていた私には難しいなあ。

写真をアップするときに同じファイルが開かないところも参った。
毎回元のフォルダから開いていかなくてはならない。時間がかかりすぎる・・・。

そんなこんなで、勢いがつかない上に、2羽のハト。
・ 
・  
・  
治療が必要な鳥を2羽同時に保護したのなんて初めて。

最初の一羽は横浜の小鳥専門の獣医に毎週通った。
二羽目は料金的に無理だったので地元の獣医に・・(保護動物は無料)。

遠くて高い獣医の診断、治療は結局ほとんど役に立たず、SNSで知り合った獣医さんに指導してもらって
二羽目の獣医に治療してもらった。

正直、助からないかもしれないと思った二羽目のぴっぴも断翼して助かり、
一羽飼うなら二羽も同じ、と、一羽目のポッポも飼う事になった。
ポッポは子供だったから慣れてなかなか可愛い。
ぴっぴは人が怖いから触れないのが残念。

やっと獣医にかかる時間が減ったが、朝晩の投薬と世話にかなりの時間を取られる。

おまけにサーバーの変化。
気候が急に秋になって、体調も崩した。

この週末はちょっと時間があるから、真剣に書こう。
・  
・   
・   
・   
・   
・   
・