Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2012年11月6日

大きな数を実感する

1万円札が10枚で1mm。 100万円で1cmの厚さになり、1億円つむと1mの山になることを納得したら、
今度は、大きな数を実感することに挑む。

『 たとえば日本の国家予算、全部でいくら位か知ってる人いるかなあ?? 』 
「 ・・・・・・・ 」
ちょうど今、臨時国会で来年度の予算を決定中だが、日本の国家予算額、平成24年の一般会計歳出総額は903,339億円。つまり、90兆円なのだけれど、(平成2 5 年度概算要求額は980.008億円)これでは数が大きすぎるので、たとえば文部科学省の54.128億円とか、防衛省の47,135億円を実感してみることにする



文科省の5兆4128億円を一万円札の新札で並べてみよう。
1億円で1mの一万円札をJR藤沢駅から、JRの線路の上に並べて東京方面にぴっちり置く。

『 さて、どこまで行くかな? 』

「 えぇーー? 大船まで行くかなあ。 」

『 ぶっぶーーー。 残念でしたぁ。 大船まで行っても4千600億円。(4.6km)  』

「 うわぁ~、そうなの?? 」
「 じゃあ、横浜! 」

『 残念、横浜まで行っても2兆2300億円! 』

「 ええ~~っ!! じゃあ・・・ 」


会話は続く・・・
結局、
『 東京まで行っても5兆1100億円。 』




要は、5兆円というお金はびっちり線路に並べて東京から藤沢まで並んでしまうような大金なのだ。
『 ちょっとそこに行って、「きゃっ」って転びながら、一部分蹴飛ばして、それを福祉に回してほしいよね~。 』
「 そのくらい、わかんないね。」


そういう数です、5兆って。