Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2013年3月31日

マスコミのウソ

28日のTBSニュースで、
『 水族館がたるんだイワシに喝、マグロ投入 』というものがあった。

 

「 イワシの一種・マイワシが渦状になってエサを食べるという「マイワシのトルネード」、名古屋港水族館の目玉展示の1つです。ところが、最近、この群れから離れて自由に泳ぐマイワシが出てきてしまいました。水族館は、これでは名物のトルネードが崩れてしまうと、28日、同じ水槽にマイワシの天敵・クロマグロを投入しました。果たしてどうなったのでしょうか。

名古屋港水族館の目玉展示の1つが3万5000匹もいるマイワシ。同じ水槽にいるカツオやマグロに食べられないようにと、群れで泳ぎながら身を守っています。中でも観客に人気があるのは「マイワシのトルネード」。マイワシが一斉に渦状になってエサを食べるときにできます。

ところが、最近、この水槽に異変が起きているのです。群れから離れて単独で泳ぐマイワシが現れたのです。他の魚に食べられてしまう危険がありますが・・・

「本来、天敵のサメやマグロ・カツオが、本気で襲ってこないので、(マイワシは)必死になって逃げることはない。水槽の環境に慣れたのでは」(名古屋港水族館 飼育員 市川隼平さん)

これまで、水族館では、マイワシが他の魚に食べられないよう、カツオやマグロにはエサをたっぷりと与えて常に満腹状態にしてきました。ところが、こうした配慮が裏目に出て、群れからはぐれて泳ぐマイワシが出てきてしまったのです。

Q.群れからはぐれるのは自然界ではありえないのか?
「はぐれたものから狙われるので、あまりないと思う」(名古屋港水族館 飼育員 市川隼平さん)

このままでは名物のトルネードが見られなくなるかもしれないと、28日、マイワシに喝を入れることになりました。同じ水槽に三重県の養殖場から運んできた天敵のクロマグロを11匹も投入したのです。突然現れた天敵に、たるんでいたマイワシも驚いた様子。クロマグロは水槽内を素早く泳ぎ回り、マイワシの群れに向かってきますが、マイワシは身を寄せ合って防いでいました。

「かなり慌しい緊張感がある、お互いをけん制しあっているような水槽になった」(名古屋港水族館 飼育員 市川隼平さん)

このマイワシの動きにお客さんも・・・

「ものすごく迫力があって、すごいですね」
「キラキラしてきれい。(Q.油断してると聞いてどう思う?)魚でも人でも変わらない。やっぱり刺激なのかな」(客)

やはり水槽の中でも緊張感は大切なよう。マイワシはこの日、美しいトルネードを見せてくれました。(28日18:14)

 

 

というもの。
これに対して、飼育係がびっくりして反論した。

 

 

「 もともとこの水槽には20尾くらいのマグロがいましたが、マグロの飼育は難しくだんだんと減ってきたので追加するというだけの話なのです。
マグロの搬入はほぼ毎年行っています。
これまでイワシが群れから離れることに飼育係が問題視したことはなく、ましてや危機感を抱いたことは一度もありません。そこも水族館の面白いところだと考えているからです。
イワシの群れに影響は出るとは思いますが、食べられることはそうないことはわかっているのでそこに関心はあまりありません。
また、イワシより搬入したマグロの方がビビりな上にサイズも「60~70cm」と小さいですので影響が出るまで数か月かかると思います。

最初に朝日の記者が創作して、その記事をもとに取材陣が殺到しました。
1社ずつきちんと「あの記事は創作で、イワシに喝を入れる目的はありません」と伝えて納得してもらい、その部分も撮影しましたが、編集で全部カットされていました。どの記事も嘘と本当がうまいこと混ざっているので性質が悪いです。
昨日共同通信の方にも取材を受けました。その場では納得してもらえたようですが、果たしてどういう記事になるやら...」

 

 

 

この話ばかりではないと思う。

 

前回の選挙の時にも、マスコミの操作を狙った写真や取材の仕方を感じることが多かった。
いろいろな面で、私たちはそういう操作に引っかからないように気をつけなくてはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

うまし、うまし

父の追悼文集がついに作業の終わりが見えてきたので、TANちゃんに電話して一緒にご飯食べた。

ご飯はみんなで食べたほうがおいしいからね。


浜野さんで買ってきた釜揚げひじき
前日から採れてるって書いてあったので(四時間も蒸すんですってよ~)楽しみにしてた。

このまま食べても、塩味もあっておいしいのでサラダに。

好みで、混ぜてドレッシングを。

 

 

 


わけぎとワカメのぬた。 小松菜の煮びたし。

 

 

 


和牛すね肉の煮込み。 寒ひじきの煮物。

 

 

 


餃子、 いわしのつみれのスープで作ったお吸い物。

 

季節のものは、うまし、うまし。

 

 

 

 

 

 

 

これは何ザクラ??

新林公園の古民家の右側の斜面(小山)に植わっているサクラ。

 

毎年、「 これでもか!」という咲き方をする。

 

 

 

 
ソメイヨシノにしては色が濃いような気もするし、

 

拡大してみると花と一緒に赤い新芽(葉)も出ている。
ヤッパリソメイヨシノではない。

桜にはこんなに種類があって、

これかなあ・・・兼六園熊谷

それとも、これかなあ・・・大原渚桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラを食いちぎるスズメについて

蜜を吸うために桜の花をちぎるスズメたち。
この行動を「盗蜜行動」という。

ここ数年スズメたちが習得した技だと思っていたのだけれど、違うらしい。
Facebookで、柴田さんが教えてくださった。
『 スズメの盗蜜行動は数十年前に注目され、最近獲得した習性かと思われましたが、その後の研究で江戸時代の絵にも描かれていることがわかり、すくなくとも江戸時代から行っている行動だとわかりました。 』

ソメイヨシノは蜜の量が圧倒的に多いらしい。

ソメイヨシノは小石川植物園でタイプ標本が作られて1901年(明治34年)に 『植物學雑誌』第15巻に発表されて、種が確定した。
オオシマザクラとエドヒガンの交雑種とされ、明治以降に接ぎ木で増やされたもので、全国のソメイヨシノはすべてクローンなのだそうだ!
あの花の咲き方が日本人の感性に受けたのだろう、どんどん増やされて、どんどん植えられた。
蜜の多いソメイヨシノばかり植えるから、スズメのお仕事が目立つようになったのかも。
ヤマザクラは蜜が少ないのでスズメもわざわざ出向かないとか。
確かに、近くのカワヅザクラの下にも花の塊は落ちていなかった。
スズメの中には、ソメイヨシノのがくをむしって嘴を突っ込むものもいて、その場合は花は落ちてこない。
(がくをむしるときに花がもげてしまうこともあるけれど)

まあ、ソメイヨシノにとっては、種を作らないので(ほかの桜の花粉を付けると結実するらしいが)どう食べられようが、関係ないといえば関係ないことだ。

 

 

ちなみに、ヒヨドリやメジロは花の蜜を吸うような嘴にできているので、
上手に蜜を吸う。


こちらはヒヨドリ。


こちらはメジロ。