Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2013年8月27日

さよなら、ぷっぷ   (仲間とともに)

昨日早起きして、鎌倉の鶴岡八幡宮までぷっぷをつれていって、ハトの群れの中に放してやった。

おとといの夜のぷっぷ。

もうすっかり羽が伸びて、部屋の中を飛び回れる。

とにかく人が怖いし、ハトのところに行きたくてしょうがない。
ぽっぽ、ぴっぴ夫婦の方へかごから頭を出している。

でも、ぽっぽたちの小屋に入れると、あの夫婦はぷっぷを「敵」とみなして追いかけまわし、つつきまわるから入れても置けない。

しょうがない。
仲間の群れに入れてやるしかないよね。

 

 

今週はひどく暑くもないらしいし、週末までひどい雨も降らないらしいし(と思ったら夕べ降った)
寒い冬に近づく前に放してやった方がいいだろうなあと思ったわけでした。

 

ところがぎっちょん・・・

早朝の鶴岡八幡宮、犬の散歩をしている人が大勢。
ハトの姿は無し・・・・
餌くれる人がいないと来ないかあ。
八幡宮で飼育している白いハトたちもまだ放す時間ではない。

ありゃ。

源平池の幼稚園の屋根の上に数羽の群れがいたのを見ていたので、そこに戻った。

持ってきた餌を見えるようにまいて、ハトたちを呼んだ。


よし、来たぞ。
ぷっぷ、行け!

予想通り、ぷっぷはまっしぐらに群れの中へ。

きょと~~ん。

あ、オスが近づいてきた。


ちょっと引いて、おずおず。

 

おじさん、美人ちゃんでしょ? ぷっぷをよろしくね。

あ、飛んだ。


幼稚園の一階の屋根に飛んでいった。

あ、二階の屋根に飛んだ。
こっちを見てる。

また飛んだ。

屋根のてっぺんに行ったぞ。


まだ、きょろきょろ、おずおず。(一番右)
控えめな子だからなあ。


あ、右にオスが飛んできて、ぷっぷは羽づくろいしている。

 

毎日十分なエサをもらって過ごしていたから、しばらくはお腹が空いてしょうがないだろうなあ。
でも、
カラスから逃れ、ヘビに巻きつかれても助かった。
運の強い子だからね。

良い旦那さんを見つけて、幸せに暮らすんだよ。

さよなら、ぷっぷ。
Good luck!

   

   

   

   

   

 

二人で餃子

(今年の山梨での夏休みの間を思い出した記事です。これは8月5日の話。)

塩大臣と二人でサントリーに見学に行って、

美味しいウィスキーと



薮内さんの絵の付いた小さなグラスを買ってきて、

塩大臣と二人で餃子を食べた。

餃子のキャベツを刻んでいると・・・

   

「 ママ、キャベツを切る音がしますよ。 」

キャベツ好きのCOCOがしっかり聞きつけてやってきた。

 

餃子を食べていたら、オオミズアオも覗きに来た。

(写真はピンボケ)

   
二人で食べるには多かった。