Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2013年10月27日

あれはですね・・・

実は先週土曜日に、小笠原漁師Aさん夫婦が食べに来るので、
習ったばかりのタイ、グリーンカレーを作って食べさせてやろうと、近くのスーパーに食材を買いに走ったのです。

裏から裏へ走って、国道を左折して、いろいろなものを売っているスーパーに着くはずでした。

ぷーままバイクは青い線です。
前は二車線の国道で優先道路です。
この脇道からは国道までは登り坂です。
右からうるさい音を立てたバイクが走ってきたので、ちょっと手前で一時停止して待ちました。
バイクが行ったのを見送り、おそらく後続が来ないのを確かめながらバイクを発信したんだと思います。
普通に運転していたから細かいところは覚えていません。
普通にぼーっとしていたという感じかなあ。
坂道なのでふかし気味で発信したら、『 来ないでぇー!』というような叫び声が聞こえました。
顔を前に向けると・・(だから顔は右を向いていたのでしょう)私の前を通り過ぎようとする自転車が・・・
バイクは加速中ですから急にはとまりません。
ブレーキをかけながら思い切り左にハンドルを切りましたが、自転車の後輪の一番後ろに、私の前輪が当たりました。
自転車の女性がバタンと倒れるのを見ました。
が、私も、左に思いきりハンドルを切ったのと、上り坂だったのとで、左に倒れました。
膝の上にカメラやタブレットが入ったかばんが乗っていたので、自分だけ逃げるわけにもいきませんでした。

左足がバイクの下敷きに。
ふくらはぎの真ん中を思い切りつぶされました。
それがこのあざの原因です。

次の朝、寝ている間に皮膚側に血液が移動し、それ以降は重力に従ってだんだん足先に下りていきます。
夜、右下にして寝るので、足の内側に多くなってきました。
ヒルドイド(血液凝固防止剤)を塗っているので却って広がっているという面もあります。
紫色のところより、元のちょうど真ん中あたりがまだ思い切り痛いですが、これは、打撲傷というんだろうなあ。

 

土、日、と、そんなに痛くなかった上半身、左の肋骨あたりを打撲しているなあと思っていたのが、
月曜に学校に行ったら思い切り痛くなってきて、
こちらは、整形外科に行っても「軟骨のところはレントゲンに写らないんだよね。」「でもその痛み方は折れてるかな。」だそうです。
日に日に痛みがひどくなります。

肋骨を痛めているのに、お米を買いに行ったり、いろんな物運んだり、肋骨に負荷をかけてばかりいるせいでしょう。
だって、私の生活って、そういう生活なんだもの。
重いカメラバッグもいいわけありませぬ。

 

そんなわけで、肋骨はコルセットするしかないので、
今はこの、「バストバンド」をしています。
咳をしたり、大声を出したり、笑ったり、左手を伸ばしたり、重いものを持ったりするととても痛いです。
最初は痛くなかった行動がどんどん痛くなるのは酷使しているからでしょう。

あ~~あ。

肋骨折るのは3か所目です。
一か所目の時は同じところを3回も折りました。
その時もバイクでした。

今回バストバンドを買って帰ったら家にありました。 洗い替えです(笑)。

というわけで、12月までに治っているといいなあ・・・

 

相手の女性は、ひざとひじを一か所ずつすりむきました。
洋服まで穴が開くような転び方はしていません。
警官が救急車を呼んだので、市民病院に運ばれて、「なんともない」と言われて歩いて帰って来たそうです。
彼女が右側歩道走行をしていたのも原因の一つではありますが、
どちらも違反です。自転車は左側の車道を走らなくてはなりません。 でも、子供やお年寄りは歩道を走ることが出来ます。)
やっぱり私の左側の確認不足ということになります。
普通に見たとは思うのですが、左の駐車中の車が邪魔して見えにくかったことも確かです。
見えにくいのだから、もう一度左を確認しないといけませんでしたね。
相手が擦り傷で済んでよかったです。

 

 

 

 

 

 

え~~と

詳細は後ほど。