Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2015年3月31日

快気祝いを焼肉屋で

高校時代の親友の息子・・・昔勉強も教えた・・・高校の後輩にも当たる・・・が、一昨年おそらく過労のために心肺停止で倒れた。
会社の送別会で行ったカラオケボックスでいきなり倒れたそうだ。
救急車が来るまでの間友人たちが心臓マッサージしてくれたそうだが、搬送された救急病院ではさじを投げられ、
「 お母さん覚悟してください。 もし生き延びたとしても植物状態ですから、いつ、生命維持装置を外すか考えておいてください。 」
とまで言われたのだが、奇跡的に意識を回復し、ひと月後には 「焼肉を喰いたい」 と気管挿管を外させた。
 
2か月以上の救急病院の入院はないので、転院に備えて、気管挿管の入り口が外れないようにと、軟骨まで切って喉元に穴をあけたものだから、穴がふさがらず大変だったそうだ。
シャワーなどがうっかり飛んだりしようものなら、むせて死にそうになったそうだ。
穴は今やっとふさがりつつあるが。
 
右腕の関節は全く動かなくなっていて、箸を持ってもつまんだ食べ物が口に届かず、それでも食べたい一心で動くようになった!
半年後には外泊許可をとって、やっととれたB’sのコンサートに行った!
1年たたないうちに、ネット友達とのオフ会を自宅マンションの集会室を借りて開催、その時も外泊許可をとって参加した。
 
 
 
 
 
回復に向かっていて、春から職場復帰できないかと頑張っていた、その彼が、今年の正月、家で具合が悪くなり、脳梗塞と診断された。
右半身マヒが大きく残ると言われたのだが、数週で復帰した。
確かに小脳の血管に梗塞がありかなりの小脳がその影響を受けているのだが、症状が出ていない。
一昨年の心肺停止が原因で何か所も脳神経が酸素欠乏で死んだ。 それをまわりの神経が別ルートでつながったことで奇跡的な回復があったということだろう。 
だから、今回の梗塞で影響が受けた小脳の部位は普段働いていなかったからマヒも生まれなかったということか。
 
 
 
 

 
まだまだ頑張りと訓練が必要なのだけれど、何もできないのかと思われた生還当時に比べたら、一人でも生きていける回復をしている。
 
 
 
彼の快気祝いだったけれど、本当は、彼を支えた母親である親友へのおめでとうだったかな。
 
 
 
 
 

一応「狩り」か?

今朝の江の島。
春休みの晴れて暖かい一日。
観光客がいっぱい。
 

江の島水族館も、この人だかり。
 
 
 

海岸も。
 
 
 
 
 
ふと見上げると

 

 
下を物色しながら遊歩道の上を往復するトビが2羽。
 
 
 

あ、一羽が何か見つけた!
 

 

 
オートフォーカスが後ろの背景に合っちゃってひどいピントだけど、砂防の衝立の陰に飛び込んだ。
 
 
 
 
 

 
はて?
 

 
戦利品は何だ??
お菓子の袋かもしれないし、軍手かもしれない。
とまったりするとカラスや他のトビが奪いに来るから必ず飛びながら中を確認したり食べたりする。
 
 
 
ちょっと遠かったので良く分からなかったけれど、週末からの春休み、トビの獲物は引きも切らず海岸にやってくるだろう(笑)。
 
 
 
 
 

2015年3月30日

豪華食材 & 珍食材で満腹  Vol.3 これがすごいんですよ

五色エビに似ているけれど、もっと伊勢海老に近い小笠原固有種だそうです。
名前は聞き忘れました。(アカイセエビらしいです)
 

 

 
解凍ものですが、漁師のAさんが冷凍、解凍してますから、刺身で行けます。
でも、今回は・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
出刃包丁で真っ二つにして、
 
 
 
 

口からず~~っとつながる消化管を中身をこぼさないようにきれいに取り去って、
 

 
 
 
オーブンでさっと焼いてから、
 

粒ウニと生クリームを混ぜたソースをたっぷり載せて焦げ目がつくまで焼きます。
 
 
 
 
 

 
ぷりっぷりの尾の身に味噌をたっぷりからめて食べるのですよ(笑)
うまうま~~~~。
 
 
 
 

 
これを3人で。
むふふふふ。
 
 
 
 
 
 

豪華食材 & 珍食材で満腹  Vol.2


 
まあ、珍しくもないから写真だけだけど、石井ミートの黒毛和牛ですき焼き。
Shi-ちゃんが鍋奉行上手なのでお任せして、湘南たまご倶楽部の地鶏の卵で、これまたうまうま~~。
 
 
 
 
 
実は、京都産のいいジンタを売っていたので、ジンタの南蛮漬け。

 
白菜買ったついでにエセ白菜漬け

 
 
 
これだけじゃ終わらないよ・・・
 
このあと、どーんと凄いやつが。
 
 
 
 
 

豪華食材 & 珍食材で満腹  Vol.1

昨日は5人でパーティのはずだったんだけど急に2人欠けてShi-ちゃんと塩大臣と3人で豪華食材&珍食材を食べることになった。
 
其の1.
「 じーぐるー 」
 
 
ゴボウかと思ったよ、最初。
 
 

 
 

 
 
薄く切って食べてみたら、甘いんだ。
 
 
サラダで食べるように書いてあるし。
「 茹でると色落ちします。」と書いてあるけれど、「 色落ち 」の使い方間違ってると思う(笑)。
 
 
 

 
ほそーく切ってみた。
 
 
 
 
 

 
指も真っ黒になった。
 
 
 
 
 
さっとゆでたモヤシと、キュウリ少々といっしょに「美味しい酢」で和えたらおいしかったよ。
 

 
こんなに色が出ている汁ももったいないかも。

 
 
 
 
あ、これ、黒いにんじんでした。
 
 
 
 
 
 
 

2015年3月29日

ノエ爺は足が弱っている

ご飯食べるのものろくなった。
 
時間かかるので疲れちゃうらしい。
 

 
高い台に載せて食べていたんだけれど、自分で途中で下におろして伏せて食べていた。
 
 
 
 
 
 

テスト

写真のリサイズを無料でする方法をお試し中。
 

なんとかなりそうですね。
 
 
 
 
  

2015年3月28日

ワクチン

3匹そろって7種混合ワクチン受けてきた。
 
行きは時間がなくて(毎度、他の子の少ない午前の部の最後とか午後の部の最初とかを狙って行くので・・・)どさどさっと3匹を積んだら走行中大騒ぎ。
ノエルは助手席に来ようとしてコンソールの上に乗っかって来るし(繋がれているからそれ以上来れない)、
リラ子はそのノエルや、助手席のシェリ子にちょっかい出そうとするし。
 
ノエルをなだめながら、リラ子を怒鳴りながらの30分はなかなかハードだった。
毎回疲れる疲れる。
 
 
シェリ子の耳は飲み薬ですっかり良くなって、これから薬なしでどこまできれいになるか、毎日の耳掃除で耳の中が清潔になっていればマラセチアも増殖しないと言う事らしい。
 
3匹、ワクチンを打って、大騒ぎであやい先生を後にした。
 

 
いつもの保護犬料金、ありがとうございます~。
COCOの保護団体がお願いしている保護犬料金を他からの保護犬にも適応して下さって、しかも、COCOが居なくなった後も・・
本当に助かります。
 
 
 
 
帰りは、ノエルを左側、リラ子を右側に短く係留して窓を開けてやったら、なんとおとなしい(笑)。
 

サイドミラーに映るノエル。
 

同じくリラ子。
 
 
「 これならアタシも安心して乗っていられるわ。 」とシェリ子。

 
「 谷口先生に、「まちゅげの長い美人ちゃん~」って言われたのよ。 」
 
お外だと黒いシェリ子もちゃんと写るね。
 
 
さあ、2週間後に狂犬病予防注射、ノエルは書類でパスだな。
 
 
 
 
 
 
 

2015年3月27日

春休みなんだなあ

朝の江の島。
沖に釣り船が多くなった。

 
 

片瀬港から出ていくこの船も釣り人が・・

 
 

これも乗合船だな。

 
 

今時は、鯵サバかな。
 
 
 
 

砂浜にも投げ釣りしている人が・・
 
 


ラジオ体操してから釣り。
 
 

防波堤は中学生くらいかな。

 
 

江の島裏の岩場も。

 
 
 
 
波がないからサーファーは寝ている(笑)。

 
 

SUP連は元気。

この2人、江の島のうら側にいなくなった。
 
 
 
 

いつも元気な爆発娘。

 
 
 
 
 

2015年3月26日

まだちょっと冬型

ずいぶん霞んでは来たけれど、朝、富士山が見える。
 

 
温かくなりだしたころは何にも見えなかったから。
 
 
 
富士山の手前に見えているのは大磯の湘南平だと気づいた・・・
 
海岸際が鏡のようになっている。
蜃気楼だね。

 
烏帽子岩も浮いているみたい。

 
 
羽毛服を着るようになってリラ子は餌を夏の量にしても痩せなくなりました(笑)。