Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2015年4月30日

久しぶりの富士山


 
今朝は本当に久しぶりに富士山が見えていた。
 
丹沢もくっきり。
 

 
 
高いところは雲の上で日が当たっているらしい。
 

 
 
 
 
 
 
  

2015年4月29日

暑いんだか寒いんだか良く分からない

気温は高いらしいけれど、湿度はないので過ごしやすい。
海岸は風があって暑いんだか寒いんだかわかりにくい。
結果・・・
 

 
 
 
 
 
 

クスノキを庭木にすると・・・

散歩の途中に塀に沿ってクスノキが何本も植わっている家がある。
 

 
 
大変大きな邸宅なのだが、周りの道路は・・・
 
 

 

 
この日はまだお掃除をしていないようだったが、毎日二人で近所中掃き集めているところを見る。
 
 

 
 
クスノキは常緑だけれど、常緑樹も必ず一年に一度葉を落とす。
クスノキは春の新葉展開の後、去年の葉が全部落ちて、新葉ばかりになるのだそうだ。
 
竹も春に黄葉して葉を落とすので、その時を「竹の秋」といって、春の季語にもなっている。
 
 
落葉は樹木にとって木の「うんち」と一緒だと習ったことがある。
樹木が不要なものを体外に出す唯一のチャンスだと。
 
 
 
それにしても、忙しい我が家のような家で、道路に面してこんな木を植えていたら非難ごうごう、切るような羽目になるだろうと思った。
 
 
 
 
 
  

2015年4月28日

シラスごはん

昨日のシラス。

 
こういうご飯になった。
漬けをアツアツご飯にのせて、のらぼう菜のお浸しと、からし菜の醤油漬けとでかき込んだ・・・うまうま~~。
 
そのままのシラスと大根おろしもうまうまでした。
幸せ~~。
 
 
 
 
 

2015年4月27日

やっと

今年初の生シラスがやっと手に入った。
午前中に獲れたというフェイスブック記事を見て予約できたのだ。
 

 
早速半分は醤油、みりん、酒で『漬け』に。
この味付けは生イクラの醤油漬けと同じ。

 
 
 
 
そして、新鮮なカタクチイワシも売っていたので、アンチョビソース用に塩漬けした。
 

 
 
 

 

これで、完全に塩が回るまで冷蔵庫で、そのあとビンに入れて半年以上発酵させて作る。
 
 
 
 
 
 
よしよし、安心だ。
 
 
 
 
 
  

2015年4月26日

毒蛇について

バイク屋のクルーズさんは大きなミシシッピアカミミガメを飼っている。
爬虫類は大体何でも大丈夫な人だ。
 

 
昨日、クルーズで会った人は、ヘビが怖くない人だったのだが、ヤマカガシが毒蛇であることを知らなかった。
 
説明しようと思ったのだけれど、ちゃんと勉強していないものだから、昨日は説明しきれなかった。
 
・・で、検索して、こんなページを見つけた。→「outdoor hobbies
良く説明してあると思う。
 

以下、コピペ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヤマカガシ(山楝蛇=やまかがし)は、ユウダ科の毒蛇です。長い間無毒と考えられていましたが、1972年に中学生が咬まれて死亡する事故が起きてから、毒蛇として認識されるようになりました。

ヤマカガシの毒性は強力で、LD50(半数致死量)で比較するとハブの10倍、マムシの3倍の毒性があります。ヤマカガシは恐ろしい毒蛇なのです。

ヤマカガシには、クサリヘビ科のハブやマムシと違って前歯に鋭い毒牙はありません。元来、おとなしいヘビで、手で触ったり踏みつけたりしない限り咬まれることはありません。ただ、ヤマカガシに咬まれると大変危険です。

ヤマカガシは上あごの奥歯(後牙)が毒腺につながっていて強力な出血毒を注入します。キャンプや川遊び、キノコ採りなどアウトドア趣味では特に注意する必要があります。
 
 
 
ヤマカガシの頭は小さくスマートで、俗にいう毒蛇に特有な「三角頭」ではありません。また鋭い前牙(毒牙)もありません。
だから長い間、動物学者の間でも、ヤマカガシが「毒蛇」であるとは思われていませんでした。

ヤマカガシは、口腔の後方に毒牙を有する後牙類(後牙蛇)の毒蛇です。
 
 
 
半数致死量(LD50)とは、実験動物に毒物を投与したとき、その半数が死亡する体重1kgあたりの用量(mg)をいいます。単位は「mg/kg」です。

LD50には、皮下注射・筋肉注射・静脈注射・腹腔内注射・経口投与などがあり、それぞれで数値が異なります。ヘビ毒の毒性比較をする場合には、一般に皮下注射(皮下 LD50)が使用されます。

◇第1位:ヤマカガシ LD50=5.3 (mg/kg)
◇第2位:マムシ LD50=16 (mg/kg)
◇第3位:ハブ LD50=54 (mg/kg)
 
 
 

ヤマカガシの毒は出血毒ですが、クサリヘビ科のマムシやハブなどの出血毒とは少し違っていて、プロトロンビンの活性化(血液凝固作用)が主な作用です。血管内に微小な凝固を発生させることで凝固因子を消費させ、逆に血液を止まらなくしてしまいます。

その作用は強力で、時にはフィブリノーゲンがほとんどゼロまで減少します。フィブリノーゲンは、血小板と同様に、出血の際の止血機構の一役を担っています。この成分が減少することで出血が止まらなくなるのです。

そのため、ヤマカガシの毒を「溶血毒」と呼ぶこともあります。

ヤマカガシの毒には細胞を破壊する成分はありません。そのため腫れや痛みはほとんどなく、受傷後数時間から1日ほど経過したあとで出血傾向が現れます。全身におよぶ皮下出血、内臓出血がおこり、重篤な場合は急性腎不全や脳内出血を引き起こし死に至ります。
 
 
 
ヤマカガシは口腔の毒牙のほかに、首の部分に頚腺と呼ばれる別種の毒腺を持っています。この毒液が目に入ると、結膜や角膜の充血・痛みを生じ、結膜炎や角膜知覚麻痺炎などの症状を引き起こすほか、最悪の場合は失明することがあります。

最近の研究から、この頸腺の毒は、餌として食べたヒキガエルの毒成分(ブフォトキシン)を貯蔵したものであることが分かってきました。
 
 
 

ヤマカガシは危険が迫ると、コプラのように頭を持ち上げ、頸部~胸部を広げて威嚇します。

面白いのは向き合う方向です。
コプラはこちら(正面)を向いて攻撃姿勢を取りますが、ヤマカガシは反対方向を向いて背中を見せます。

「この背中のモンヨウが目に入らぬか?」
「俺は毒ヘビだぞ!」
と主張しているのです。

威嚇のポーズは立派ですが、気が小さいヤマカガシの威嚇は、本来「逃げる」のが目的です。

相手が何もしなければヤマカガシのほうから逃げていきます。
ただ、ヤマカガシも必死ですから、ここで捕まえたりすると噛み付いてきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 

詳しくは、このページを開いてごらんください。
写真つきで丁寧に説明してあります。
 
 

 
ところで、クルーズのアカミミガメは台風のあと海岸で拾ったのだそうだが、大きな水槽で大切に飼われている。
 
『カメとヘビと合わせたらどうするだろう?』
試しに水槽のガラス越しに頭と頭を突き合わせてみた。
予想通りだったけれど、アカミミガメはアンバーの頭を喰おうとしてガラス面をパクパクしていた(笑)。
(こいつはヒトの指は食おうとしないんだけれどね。)
  
 
 
 
 
 

2015年4月25日

犬に鳥の骨はいけないか

フェイスブックで友人と犬に鳥の骨はいけないかと言う話になって、
加熱していない骨は大丈夫、などと彼女が言うので、それはありかも、、と思ってちょっとネットで調べてみた。
 
・・と言うのも、我が家で昔飼っていたワイヤーへヤードフォックステリアは、家族が旅行に行っている間にお隣さんが残りご飯の鳥の骨をくれて、
それが腸に刺さって開腹手術を受けたので、私的には絶対いけないと思っていたのだけれど、
以前飲み屋で隣に座ったペットショップをサイドワークにしているというオッサンが、丸のまま鳥を与えていると言っていたのを思い出したからだ。
 
 
 
で、結論出た。
 
はっきり言うと、『 危険がないとは言えないが、だからやってはいけないと騒ぐほどのものではない。』
 
一番わかりやすく言えば、老人や幼児の「もち」や「こんにゃくゼリー」と同じと言うことだ。
 
 
 
ネットでも、「生」「加熱」にかかわらず、鳥の骨が消化管を傷つけて、あるいは消化管に詰まって、「血を吐いた」「死んだ」実例が上がっていた。
でも、普通に与えている人の方が多かった。
 
「うちの犬」が老人、幼児タイプならやらない方がいい。 健常青少年、健常成人タイプならやっても大丈夫、そういう事だ。
普段から食べ方になれていれば問題なく食べられるらしい。
(いけないなんて言っていると、鳥の骨も食べられない軟弱犬を作るぞ、と脅しているサイトもあったが、鳥骨が喰えない軟弱犬でどこが悪い??)
 
 
長く悩んでいたけれど、凄くすっきりした。
 
・・・で、私は、我が犬がどっちのタイプかわからないし、軟弱でも何も困らないから、ざわざわ与えることは絶対しない。
 
 
 
 
言い忘れたけれど、長生きをするようになった犬猫には、骨は歯の表面を傷つけてしまうと言う難点があって、それを考えると、牛の骨や固いガムも良いとばかりは言えないらしいですよ。
 
 
 
(ここでいう骨とは、鳥の翼や足の太い骨のことで、頭や首の骨は我が家の犬の好物です)
 
 
 
 

2015年4月24日

お疲れ、アンバー

今日の5年生のクラスで自己紹介はおしまい。
2週間にわたって学校に通ったアンバーも、また来年まで静かな生活になる。
 

 

 

 

 

 
 
私に会うと、『あーーっ、ヘビ~~~!』と叫ぶ君!!
先生はヘビじゃありません(笑)。
 
 
 
 
 
 
 

2015年4月23日

せわしない

年と共に適応力が低下しているのだろう、新しい学校になじむのにも時間がかかる。
子どもたちは、「あ、〇〇先生!」と気軽に声をかけてくれるようになった。
まだほとんどのクラスで自己紹介しかしていなくて、ヘビを見て大興奮した子供たちだ。
 
「あ、ヘビ~。」
『先生はヘビじゃありません!』
と言う会話も・・・(笑)
 
 
 
雨は多いし、松の花粉も多いし・・・
 

(バイクのタンクの上)
 
 
せわしないなあ・・・・
 
 
 
 
 

2015年4月22日

あんまりおかしいので

ザ コメディア クレージー」という可笑しなページに可笑しなものをツイートしたのがたくさん載っていた。
 
あんまりおかしいのでここにコピペ。