Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2015年8月31日

ぷぷぷ

 

 

 

 

新しい世界

試験前だというのに、生徒が高校見学や、予定が書いてなかったから無いと思っているというので、
日曜を休みにして名古屋のミネラルショーに行ってきました。
 
試験前の毎日勉強を教えるというやり方をちょっと変える時期かもしれないなあと思います。
日曜くらい自分で勉強するほうが結局のところ勉強の癖をつけることになるのかも、と。
そしてそうすると私も自分のことをする時間が持てるということになる。
 

そろそろ体力的にもそういう時期なのかもしれないなあと思ったところです。
 
 

 
 
で、

 
東海道線で小田原に向かい、
 


 
消費カロリーが表示してある階段上って

 

 

 
今月二回目だわ、新幹線。

 
 

途中こんなひどい雨だったのだけれど、
 

1回も傘を出すこと無く、ミネラルショー楽しみました。
 

てんてんさん、たこさん、ふみちさん他、たくさんの石友とお会いして、本当に楽しかったですよ。
 

 

帰りには、鴨葱さん達と合流して名古屋名物の手羽先を食べながら親交を深めて(笑)
 

 

 
採集地での再会を約束して帰ってきました!!

 
石から始まる新しい世界です。

 

 
 

 

 

2015年8月30日

蓮池

満開です。
 

 

 

 

 

 
人もいっぱい。
高価なレンズが並ぶ。
おじさま達は若い女性に熱心にカメラの指導中。

 
 
「はやくしてよ。」

 

 

 

 

 

 

 
忘れてましたが氏神様のお祭りです。

 

 

 

 

2015年8月29日

最後のエンゼルが星になった

アルバムを見返したら、2008年にZEROさんからエンゼルを5匹もらったのが始まりだった。
 
その年のうちに子供が生まれ、2009年最初には、パンデミックが起きていた。
 

 

 
親が子供を口に入れて運んだり守ったりするのを見て感激したり、餌のブラインシュリンプを飼うところから始まる子育てはなかなか面白く、
私も親魚も双方が慣れた3回めの産卵から、パンデミックが始まったのだった。
 
エンゼルの卵はどこかに張り付くタイプの卵なのだけれど、その卵はなんと、たった4日で孵化してしまい、お腹に吸盤でもありそうな張り付く子どもたちがしっぽをゆらゆらさせていた。
 
数日すると、その子どもたちが泳ぎ始め、最初は短いドジョウみたいな形をしているのだが・・・

 
塩大臣が、「ママ、エンゼルフィッシュって死なないのね。」と言ったのがその様子をよく表しているのだが、本当に子供が死ぬようなことは全くなく、生まれた子供は全部大きくなってきてしまった。
 

 
水槽を叩くと、真ん中に集まって、教科書の「スイミー」そのものだった。
 

 
可愛い、可愛いと言っているうちに、あれよあれよと大きくなり、
エンゼルらしく体が立てに薄っぺらくなってきて、だんだんヒレも伸びてきて・・・
 

 
かわいいエンゼルの群れになるのだった。
 
今はまだ可愛いけれど、このままでいけば、エンゼルの佃煮になってしまう・・・と、慌ててペットショップに引き取ってもらったり、高校の生物部にもらってもらったり・・・
 

 
 
結局我が家には、3つの水槽に30匹ほどが残り、小学校で子どもたちを喜ばせたりしていたのだった。
 

 

 
中に一匹子供の時から泳ぎ方が変で隔離して育てた子がいて、それが育ってわかったのだが、片方の目が欠落していたのだった。
同じにしか見えない動物を飼うとき、体に異常のある子は、個体識別ができるのでとても可愛くなる傾向がある。
 
この片目のエンゼルも、そんなわけでとても可愛がって飼ってきた。
 
他のエンゼルが死んでしまったあと、最後まで残った。
見えない側からの攻撃が無くなってホッとしたのか、たった一匹で1年半くらい生きていた。
まあ可愛いからいい、と思いながらも、一匹のために冬のヒーターの電気代はかなりのものだった。

 

 

 
今日、朝したに落ちていて、水温を上げたりしてみたのだが、結局見つけた直後に死んでしまったらしい。
 
まあ人間で言ったら100歳位になったのだろうから、大往生。
 

 
熱帯魚はもう飼わない。

 

 

 

 

2015年8月28日

そしてバッテリー忘れ

充電していたバッテリーを入れ忘れて来たのね。
 

 
スマホの写真は全く拡大に絶えない。
 

 
 
丹沢や小田原方面だけ日があたっていて、葉山の方はおそらく雨だろうという景色だったんだけど。

 

 

 

 

2015年8月27日

バッテリー切れ


 
今日は忘れ物ないはずだったんだけど、写真4まい取ったら電池切れ。
 
面白い色の空だと思ったんだけど。
 

 

 

 

 

2015年8月26日

写真がないと書きにくい

カメラのSDカードをパソコンに差し込んだまま散歩に来てしまった。
写真がないとブログの記事が書きにくい(笑)。
 

 

 

 

 
セブンのコーヒーにアイスカフェオレがあるのに気づいた。
聞いたら2ヶ月も前からあったのだそうで、気づかなかったよ。
 
ミルクとお砂糖がビーズみたいに固まって入っていておかしい。
 

 

 
 
 

甘かったけど。
塩大臣が喜ぶわ。
 

 

朝は全く寒いくらいで嬉しい!!

 
 
 
 

2015年8月25日

また朝マック

涼しいとマックに寄る気になる。

 

 

 

 

2015年8月24日

涼しかった

夕べから、突然涼しくなった。
 
朝起きたらこの温度。
 

 
 
気持よく朝の散歩に出かけた。
寒いからトレーナー着て(笑)。
 
江の水の横でこんなの咲いていた。
 

 
ナス科。
チョウセンアサガオ。
 

 

 
毒草ですね。
 

 
 

北風になっていて、箱根の山が切れに見えたのだけれど、またカメラのSDカードをPCの差しっぱなしで来てしまった。
 
富士山が見えていたらもっと悔しかったと思う。
 
 

涼しくて江ノ島猫もまったり。
  

 

 

 

 

 

2015年8月23日

二度目の奇遇

昔、数回一緒にお出かけしたことのあるルミちゃんから突然電話があった。
 
「 何故か壁にぷーままさんの年賀状がピン止めしてあって、急に声が聞きたくなったの。」
 
 
30年近く前に会ってからずっと年賀状付き合いだけになっていたのに・・・
 
 
 
話しているうちに、会うことになり、結局23日の日曜日なら仕事はしているけれど、模擬テストだからテストしている間は話していられるから、と、日曜日に来ることになった。
・・で、その前日の土曜日の朝、2ヶ月前にお友達になったクロダイ釣り師さんの誕生日だとFacebookのお知らせが来ていたので、釣り師さんのTLにお祝いのメッセージを早朝書き込んだ。
昼前だったか、その書き込みが多分今日一番の早さだよなあ・・なんて思いながら、TLを眺めていたところ・・な、なんと、ルミちゃんの名前発見!!!
 
え??
同姓同名??
いや、この写真そうだと思うなあ、えええ~~~??
 

 
 
びっくりしてMessengerしてみた。
確証は得られず、とうとう当のルミちゃんに電話してしまった。
 
ピンポン!!
 
 

 
世の中って、どうしてこんなに狭いんだろうねえ。
 
同じ趣味ならともかく、ルミちゃんと釣り師さんは高校の同級生というだけなのに・・・
 

 
釣り師さんは以前、仏門の方からこのような話をお聞きになったそうですよ。
「網の目が互いに繋がり合って網を作っている様に、総てのものは繋がり合って成り立っている。
 一つの網の目がそれだけで網の目であると思うのは大きな誤りである。
 網の目は他の網の目と関わり合って一つの網の目といわれる。
 網の目はそれぞれ他の網が成り立つために、役立っている。」のだと。
 
釣り師さん、『実は世の中は思いの外狭く、ご縁とは不思議なものだ』とおっしゃいましたが、全く同感です。