Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2016年5月31日

砂金以外の事ども  3

さて、砂金掘りも終わって、博物館にも寄って、
みんなで食事しようと出かけたら、団体予約があってダメって・・・

 

 
じゃあ、どうするか。
 

明日、長野経由で帰るというOさんに合わせて、南アルプス市のとんかつ屋に向かうことに(笑)。

 

こんなところを通って(もっちさんの家に近いはず)、

 

走って走って、

 

着いた! 住宅地と田んぼの真ん中にとんかつ屋!!

 

お店自慢のつくねをハンバーグにしたというのを頼んだけれど、美味しかった。
 

 

アマガエルの大合唱の水田に囲まれた要塞のようなとんかつ屋さん。

 

 

甲府を回って帰ってきました~~。
超眠くてヤバかったですよ。

 

 

 

 

2016年5月30日

砂金以外の事ども 2


 
鳴沢で待ち合わせだったのだけれど、溶岩樹形ってすぐみたいだから見に行こう、とみんなで歩いて行った。

 

 
案内の看板が全然違っていたのだけれど、あったあった。
 

へええ、こんなに大きな穴だったんだ。
写真で見たことはあったけれど、もっと小さいものだと思っていた。

平安時代の富士山の噴火によるものらしいけれど、そのころ、富士山麓にはこんなに太い木が生えていたのだね。
まあ、まだちゃんと調べていないから、この太さがそのまま木の太さかどうかはわからないけれど。
 

 


 

 

 

川では卯の花が満開だった。
 

 

 

 

 

 

続く・・

2016年5月29日

砂金以外の事ども


 
昨日はずっと下道を走ってみたのです。
 

 


 
フロントガラスの青が写っちゃったけど、こんな風に富士山が現れるのって、ちょっと素敵じゃないですか。
 


 
ゴールデンウィークに日没の写真を撮った所に出ました。
 

 

 

山中湖畔


 

もう少し風がないときれいに富士山が映ったのになあ。
 

 
 

続く

2016年5月28日

早川に砂金掘りに行った

砂金掘りのことは、うっかり場所とか書いてしまうと、そこに人が集まったりして、
そうすると、車の駐車など地元の人に迷惑をかけてしまうことがあって、
そんなことがあると、自分たちもたのしめなくなってしまう、というジレンマで、あまり書けなくなってしまった・・・
つまらないなあ。
 
 
 
まあ、今回は早川だから、有名だし・・・。
 
 
午前中はちょっと違うところでまず小手調べ。
 
いつものFさんご夫婦と、滋賀から参戦のOさんと、Zさんの5人。
同じ川でも、ちょっと日を変えると採れる場所が違う面白さ、というか、難しさ。
 
先日ここなら出ると思った場所になくて、そうでないただの表面の泥から出る・・というのに気付く前はみんな坊主。

 
わかった後は採れる採れる・・・
 
 
この川はどんどん補給されている川なんだろうなあ・・
しかも、Zさんが上流や下流を見たのだけれど、全然なかった・・・
あつまるところ、ってのがあるのだねえ。
寄せ場と言っていいんだろうか。
 

 
ちょっとの時間でこんな感じ。

 
 

 
その後、早川に移動。
 
早川に通っているという人に会った。
その人の午前中の獲物、ちょっとお借りしてパチリ。

 

こんな大きさのをたくさん持っていらっしゃるそうで、これは今までで最高の大きさだとのことだった。

こんなのが出て来たらうれしいね。
 
 

Oさんが遠くから来た甲斐あってかなりの大きさのをGetされたけれど、わたしはこんなもの。(下の瓶)
 

 

 
 
家に帰って双眼実体顕微鏡で写真撮り。
 

一本目の川。
95粒なり。

 
 

二本目の川。
23粒。

 
 

雨も降らず、カンカン照りでもなく、良い一日だった。

 

 

 

 

 

 

2016年5月27日

サボテン落とした


 
こんなにかわいく咲いていたサボテンたちが、この間の風で落ちてしまった。
エアコンの室外機の上に乗せておいたのだけれど、水をたくさんやるわけでもなく、あまり重くない鉢だったからかなあ。

 
まあ、落ちてしまったものはしょうがない。
 
落ちた上にテラスを風に転がされたらしい。
 

 

とりあえず、そこらにあった鉢に植え替えた。
 

 

 

 

 

 

 

2016年5月26日

5月1日宮城県での獲物

安達でMさんご夫婦と一緒に採ったはずの青い石。
他の家に混ざって行ってしまってました。
 
戻ってきた、うれしい。
 
 

 
石全体が青いと思ったのは、細かい結晶の集まりだった。


 

 
 

もう一つ、カミントン閃石。


 
 

どの写真も、とりあえず撮った写真なので、これからちゃんと撮り直すよ。

 

 

 

 

 

2016年5月25日

秩父の獲物 その2


 
緑色の柘榴石。
(秩父には緑のベスブ石もあるらしい。)
 
Mikiちゃんの採ったすごいのの写真を見せてもらって鼻息荒く行ったけれど、及ぶべくもない。(ショボン)
 
 

 
 
 
 

わりときれいなのを選りすぐってこれ。

 

 

結晶の形がちゃんとしているのは3つくらいしかないかな。
 

これは12面体。
①の面が反対側にもあって、それを取り巻く1.2.3.4の面も反対側にもある。
1と4、2と3に囲まれたオレンジ矢印の面が2つあって全部で12面。
 
 

 

 
これは24面体。

 

 

 


 
これは黒いガーネットをシャリにした緑のガーネットの握り寿司。
 

 

 

これだもの。
自然の造形は本当に面白い。

 

 

 

 

 

2016年5月24日

秩父の獲物 その1


 
ベスブ石。
 
これがどんなものかというと、
 

 
Mさんが担いできてくれた、こんな大きなもので、
 

 
現在、私の初めての採集物の母岩付きガーネットとともに我が家の玄関の飾りになっている。
 

 

 
 


スピネル。
これも採ってきてもらったのだから大きな顔はできないけど。
 

 

 

 

クリントン石。
 

6角形に薄く剥がれる(雲母なんだそうだ)。(青く映ってないけど青い)
 

 

 
続く

 
 

2016年5月23日

秩父で石採り

石友達のZさん、Fさんご夫婦、Oさんと、
この間仙台でお会いしたMご夫婦と、いつもツイッターにきれいな顕微鏡写真を載せられるT父子に、秩父の石産地を案内していただくことになった。

 
秩父は、去年石を始めて2回目にZさんに連れて行ってもらったので2回目。

 

 

 
秩父の朝は、道の駅の下の河原での砂金掘りから始まった。

 
全員集合したところで、Tさんのお道具が・・・

 

 

 
「 ここ、道の駅ですよね?? 」
「 みんな見てますよ。 」
などと言いながら、
双眼実体顕微鏡で沸石を見たり、
顕微鏡で石を撮影できる装置の説明が始まった・・

 
 

 

空は晴れ渡り、緑がきれい。
Tさんのお友達のSさんも到着して、いざ、山中へ!!
 

 

 

 
 

 

最初の産地では随分山を登って、尾根を越えて降りてくるというので、
最近甲状腺がまた頑張りすぎているぷーままは、留守番させてもらって、すぐのところにあるベスブだけ採ることに。

Akkeyと、Mikiちゃん母子と、ぷーままと4人でお留守番。

いや~暑い、暑い。

 
下の沢で砂金を掘ってみたけれど、不発。
 

 
 

昼近くになってから、ベスブ石を見に行った。

前回はズリを掘っただけだったけれど、今回は露頭をたたいた跡があったので頑張ってたたいてみた。

 
・・・スカルンって、もろいから、たたくと、採ろうと思っていた肝心の石がパシーンって吹っ飛んで行ってしまうのね。

「 だから良い石がずりに落ちてるんだ。。。 」 と納得…している場合じゃない。石を抑えてたたいてみたり・・ところが、採りたい石がついているところに限ってその周りの母岩が硬い(涙)。


 

まあ、たっぷり時間があったので私にしては頑張ったと思うよ。
顔がスカルンの跳ねた砂で真っ白ザラザラ。

 
 

 

 

お山に登った人たちは、良いのが採れたんだろう、ちっとも帰ってこない。
バーベキューするのに・・・

 
結局始まったのは2時半ごろだった。

久しぶりの野外でのバーベキューはとてもおいしかった。

 
 

で、片づけて、次の産地に!!

ん??Mさんがいないぞ!!??

バイクツーリングの人がバッテリー上がって動けないMさんのことを知らせてくれた。
スマホの電波が入らないところだからね。

 
ここの急登はぷーままも参加したよ。

薄暗くなる中、ちゃんとヘッドランプ持って来ているFさん偉いっ!!

 
でも、ちゃんと目的のものは採集できた。

 

 

 

 
獲物はつづきに。

 

 

2016年5月22日

秩父でバーベキュー

石友さんたちと秩父で石を採り、バーベキューしてきました。
詳細は後程。