Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2017年5月3日

宮城県で砂金掘り

さて、宮城県の長者原SAで目覚めました。

 

ドッグランに行くと、リラ娘と遊んでもいいというビーグルちゃんがいて遊んでもらいました。
飼い主はいいと言いましたが、ビーグルちゃんははっきり嫌がっていました(笑)。
嫌だと思います、あんなにしつこくて、あんなに人に手をかける奴なんて。
おかげでリラ娘はスッキリ爽快な顔をして、真黒で、体を拭かないといけませんでした(笑)。

 

 

さて、今日合流する二人に現在地を送ってびっくりしたことが・・・
長者原SAの住所が
『 〒989-6235 宮城県大崎市古川宮沢字金堀場金堀場25 』
あとで知ったのですが、上り線のSAは全然違う住所でした。
『金掘場』って!!!
これは周りを見たくなるじゃないですか。

 

ETC出口が新設されていたので早速下りてみました。

 

 

作られたばかりのSAから一般道への道はまだ未舗装。
しかし、見回しても砂金が掘れそうなところは目につきません。
まあ、いいや。
今日は予定もあるし、と、先を急ぎました。

 

振り返ると、奥羽山脈はこんなにまだ真っ白です。

 

 


仙台平野は田植えが始まっていて、川の水がどろどろ・・・

 

試しにやってみましたが臭いし、汚いし・・・
早々に退散しました。

 

 

この石碑みたいなのは何でしょうか??

 

 

 

 

一か所目、大谷鉱山からの沢筋で掘ってみました。
粉が出ますが、本当に粉。
地元のおじさんが見に来て、「山菜泥棒かと思った」「砂金かい?」と長く話しかけられました。
私が掘っていた場所に家があったのだそうです。
ちょうどおじさんの家までが津波で流されてしまったとか。
今はもう少し上に家を建てているのだそうでした。
帰り際に少し上に登ると、なんと道端に

 

 

山菜の採れる山中にボートです。
なるほど、ここまで津波が来たということですね。
このボートを放置しているということは持ち主は・・・

 

 

 

 

二か所目は鹿折金山跡です。

 

金山跡から流れてくる川でパンニングしましたが出ませんでした。

 

 

金山の資料館を見ました。
横の川でパンニングしましたが粉が数粒。
さらに資料館の下でもパンニング。
まあ、大谷鉱山の下の川よりは少し大きかった、という程度でしたがまあサンプルとして(笑)。

 

 

 

それより、ここに来る道が混んでいて山の中にう回路を求めたら、山中にこんな干し物が!!
何だと思います??
中華食材やさんのふかひれ干し場でした!!

 

 

 

 

 

 

続く。