Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


2017年7月9日

手術は無事終了しました(写真閲覧注意)

8日夜、手術は無事終了しました。

 

さあ、そろそろ手術室の前に行って準備してもらわなくてはいけない、という時間に
看護婦さんが車椅子で迎えに来てくれます。」

 

部屋を出てナースセンターの前を通ったときに電話がなりました。

 

「すみません、ちょっとお部屋でお待ち下さい。

 

手術に使うガスを使いすぎてガスの充填をしなくてはいけなくなったそうで、結局4時間以上遅くなりました。

 

 

 

手術室前に移動したのが9時ちょっと前。

 

目の横に麻酔薬の注射、思い切りブスっと挿して、大量の麻酔薬をぎゅーーーーっ。

 

目玉が飛び出すかと思った。

 

 

前の人の手術中、手術室のドアの前で待つこと1時間以上。
これが寒かった~~~。

 

前の人の手術は長引いて30分の予定が1時間15分以上。
やっと自分の順番になり、手術台に。

 

眼科用の手術室らしく、今まで見た手術台のような照明器具もなし。
(私って手術経験2回もあるの)

 

しばらくして
『もう手術始まってますよ~』
全然感じなかった。

 

c0162128_21284656.jpg
まずは水晶体(レンズ)を破壊して

 

c0162128_21301183.jpg

 

吸い出してしまいます。

 

(これ、私の写真ですよ。塩大臣がモニターから撮ってくれました。)
次に硝子体手術のための機械挿入の口をつけます。

 

c0162128_21285294.jpg

 

3箇所と聞いていたのですが、私は4箇所でした。

 

c0162128_21303424.jpg

 

顕微鏡レンズを目につけます。

 

c0162128_21304066.jpg

 
膜を剥がしていきます。

 

c0162128_21305195.jpg

 

色素で染めて更に剥がします。

 

c0162128_21304562.jpg

 

剥がし終えたら、取り出したレンズの代わりのレンズを挿入です。

 

c0162128_21320156.jpg

 
c0162128_21320461.jpg

 
c0162128_21320685.jpg

 
c0162128_21320869.jpg

 
c0162128_21323043.jpg

 

終了!