Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


父のお宝 万年筆

以前書いたことがあるかと思う、生き物に詳しく、ナイフの趣味とか、
ぷーままのはるか上を行く 同僚のKAMO先生。

藤沢めだかはいっぱい飼っているし、ウーパールーパーは増やしているし、スッポンの話もした。
教室でも、カニだのドジョウだのウーパーだのの水槽が周囲をずらーっと取り巻いている。
廊下も水族館状態。

昨日、KAMO先生が宿題の丸付けをしていて、万年筆にインクを入れていたの。
あら、モンブラン!

もしかして、父の部屋に山積みのインクを使っていただけるかしら・・と話しているうちに、
私も万年筆で丸付けしようかと言う気になってきた。

今日、KAMO先生に見せたところ、「 146かな? 」と言われた。
モンブランはキャップにNoが書いてあって、それで種類分けするらしい。


モンブラン585F               モンブラン146

たしか、還暦のお祝いにプレゼントした万年筆。
もう、30年も前になる。
定価どおりで買ったから高かったよなあ。

インクは固まってしまったものもあって、ひと壜は中身を捨てて洗った。
この壜はもう廃盤だからインク入れに使おう・・・

私がずっと使っていたプラチナ側のモンブラン585Fも復帰させるか・・。

 

 

 

 

« スネイルフラワー – ゲランドの塩 »

作成者:
ぷーまま
日付:
2012年9月6日 um 10:54 AM
Category:
父のお宝
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする