Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


住宅地に残る大木の運命

散歩の途中で見つけた。
この木がこんなに切られたのはいったいいつのことだったか、確かな記憶はない。
 

 

 
「 日当たりが悪くなる 」だの「 落ち葉が落ちる 」だのと苦情を受ければ、切らなくてはならなくなることも多いのだろう。
 
 

 
幸い、と言うか、この小さな三角形の土地は植木屋の駐車スペースらしい。
 
植木のことは良く分からないが、生き残れる切り方なんだろうとふと思った。
 
 
 
 
 
 
 
 

« 朝から走りまくった – コブシの実がはぜた »

作成者:
ぷーまま
日付:
2014年9月16日 um 4:47 PM
Category:
2014 植物
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする