Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


秋も終わる

学校の4階から見える新林公園もすっかり秋の終わりの色になってきた。
  

 
  
あの葉っぱが散り始めたときには、まさかばあばがいなくなってしまうなんて考えもしなかった。
  
  
どうしても、「たら」「れば」になってしまう思考。
それは、去年くらいにまでさかのぼる。
  
かかりつけ医を変えなければよかった。
変えても、血液さらさら薬をやめないようにすればよかった。
やめた後は、また、納豆を食べさせればよかった。(さらさら効果が高いらしい)
背中が痛いといったときに何故ネットで検索しなかったんだろう。
  
細かいことを言ったらきりがない。
  
 
とにかく、やるだけのことをした、という思いがなくて、
もう少し・・すればよかった、という思いだらけなのだ。
  
  
だから余計に納得できないし、余計に胸が後悔で疼く。
 
 
  
  
ばあば。
まだこの部屋にいますか??
  
私はどうすべきだったのでしょうね。
ばあば自身もわからないかもしれないけれど、私はもっと一緒に居たかった。
 
 
  
  
  
  
 
 
 
 
 
 

« 危険がいっぱいなの – アンジュール ある犬の物語 »

作成者:
ぷーまま
日付:
2010年12月15日 um 7:02 AM
Category:
2010 日記
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする