Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


ぷーまま特製ハンドクリーム

何年も前から、市販のハンドクリームに満足できなくてハンドクリームを調合している。
 

 
一昨年からシアバターを入れるといいということがわかってきたのだけれど、今年、2月にひょんなことで日本ミツバチの蜜ろうを手に入れることが出来た。
蜜ろうって、北欧のリップクリームには必ず入っているし、どんな物かなあ思っていたのだけれど、
使ってみてびっくり!!
保湿能力と言い、持ちと言い、全然違う。
 
まず、ベースを作るのが面倒なのと、容れ物を買っても高くつくので、ベース&容れ物として今は「馬油スキンクリーム」を買って使っている。
そこに、
①精製シアバター
②馬油
③EXバージンオリーブオイル
④ホホバオイル
⑤蜜ろう

を混ぜたものを、約1/5加える。
 
 
 湯煎したボールに蜜ろうを溶かし、そこにシアバターを溶かして、完全に液体になってから馬油、ホホバオイルを溶かし、最後にオリーブオイルを加えて溶かしきったところに、「馬油クリーム」を加えて泡だて器でよく混ぜながら温めていくのです。
冷たいクリームが入ると蜜ろうとシアバターが即固まるので、それを壊しながら温度を上げていくのが大変。
馬油クリームを少しずつ加えては固形物が無くなるまで温めながらかき混ぜるという作業を繰り返して完全に混ざったら、ゼラニウムのエッセンシャルオイルを加えて出来上がり。
 
 
これのファンのS先生やIちゃん、毎年待っていてくれる。
今年はS先生に持っていったらアトピーのF先生もほしいと言って使い出した。
忘年会で会ったら「凄いっす」と絶賛だった。
山梨の農家のおばちゃんとか、丹沢のお母さんにも頼りにされている。
「これを使ったら他のは使えないね。」って。
そういう事を言われると、ついつい頑張って作ってしまう。
 
 
  
世の中で普通に売っているハンドクリームやボディクリームにも同じ成分が書いてあることが多い。
でも、これ、みんなとても高いんです。
市販のクリームにも入っているかもしれないけれど、お涙ほどの少量しか入っていないんだと思うな。
 
 
 
私は、これを、手だけではなくて足の裏から顔まで全身に使っている(笑)。もともと化粧水とかクリームとか買わない人だからなあ。
蜜ろうが入ってからは、ほんの少量で広く伸びるようになった。
 
 
蜜ろうとホホバオイルは油ではなくてワックスだそうで、保湿にくわえてカバー力がすごい。
今回、友達が「お姉ちゃんと友達が欲しいと言っている。」と言うのでまた追加で作った。
蜜ろうを下さったIさんにも1瓶送っておこう。
 
 
 
 
 
 
 
 

« 世の中捨てたもんじゃない – 今朝はきれいだった »

作成者:
ぷーまま
日付:
2014年12月22日 um 12:00 AM
Category:
2014 日記
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

4件のコメント »

  1. garimpo

    ああ、skypeでの連絡はそういうことですかー

    #1 コメント vom 22. 12月 2014 um 11:26 PM

  2. Kana

    何故、同じ24時間のはずなのに、そんな時間が作れるんだぁ???いつも不思議でたまりません。やっぱり私は睡眠時間取りすぎか???

    #2 コメント vom 23. 12月 2014 um 6:08 PM

  3. ぷーまま

    garimpoさん、そうでした。
    連絡取れました。すみません。

    #3 コメント vom 29. 12月 2014 um 11:46 PM

  4. ぷーまま

    Kanaさん、コメント気付かずすみません。
    このクリーム、ほしい??

    #4 コメント vom 29. 12月 2014 um 11:46 PM

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする