Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


プルートが逝きました

朝起きたら、もう逝ってしまったあとでした。
 
昨日は目がとじなくなってしまって、でも、スライスチーズを6枚、これはうまい、と食べて、
お湯をごくごく飲みました。
一昨日から後ろ足がパンパンに腫れていて、昨日はおしっこも出なかったので、別れの時が近いとは思っていました。
 
 
 
 
 
ほんとうに、ほんとうに、今まで飼ったどの犬より大変な犬でした。
生活をこちらが変えなくてはならない、そういう子でした。
自己主張がすごくて、何を考えているんだか良く分からないところもたくさんありました。
誰とも喧嘩しない、絶対怒らない、それはそれは素晴らしい性格だったのですが、それで補っても余りあるたいへんな子でした。
 
最後の最後、もしかして、最後の最後だけ、ママ孝行をしたのかもしれません。
明日学校にちょっと遅刻して行けば火葬場に連れて行けます。
 
 
 
 
 

あ、私はずっとぷーままです。
このブログも、続く限り、「おバカなプーたろう」です。
 
 
 
 
 
 

  

 
 
 
 
 

« 新顔 – 胸が痛い »

作成者:
ぷーまま
日付:
2014年12月23日 um 6:50 AM
Category:
2014 うちのワンコ,プロフィール
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

26件のコメント »

  1. みつき美しい月

    朝から涙. …陸と同じお別れの仕方… お疲れ様でしたお空の国で みんなで仲良く遊んでね

    #1 コメント vom 23. 12月 2014 um 7:42 AM

  2. はなpapa

    ぷーさん、今はどこに居るのかな?

    我が道を我が物顔で駆け抜けた俺さまな君。

    天晴れじゃ。

    前はなに会ったらよろしくね。

    #2 コメント vom 23. 12月 2014 um 7:58 AM

  3. ada

    プルート君、
    最初、”ふ”に○ではなく、” ゛ “だと勘違いしていたんだよ。
    細いのに、”ブルート”なんて、まっちょな名前だと思ってたんだ。
    ごめんね。

    プルート君、ぷーままと私を繋いでくれてありがとね。

    寂しいよ。

    #3 コメント vom 23. 12月 2014 um 8:49 AM

  4. ぱぷりか

    ぷー様、旅立って行かれたのですね。
    最後まで、美味しく、穏やかで何よりでした。
    いつもひょうひょうとゴーイングマイウェイなぷー様、山梨で会った時もおなじ印象でした。
    ぷーままさんの子で良かったね。
    今頃ココさんと笑ってるでしょうか。
    ぷーままさん、お疲れ様でした。
    体調崩さないようにして下さいね。

    #4 コメント vom 23. 12月 2014 um 9:15 AM

  5. リドミン

    お疲れさまでした。
    年末を迎えて、そろそろ行こうか・・・っと想ったのでしょうね。
    やすらかな最後でよかったですね。
    充分な介護をされてあるので、悔いが残らず、
    お互いに良かったと思いますよ。

    違う意味でメリー・クリスマス!

    #5 コメント vom 23. 12月 2014 um 9:27 AM

  6. ナカムラ

    昨夏にプルート君と会ってから1年あまり。
    犬にとって1年とは本当に長いですね...
    手がかかる犬だというお話は当時も伺っていましたが,
    通り道を塞いで横たわっているくらいで,まったく吠えもせず
    不思議な印象のワンちゃんでした。
    年の瀬の忙しい時期,どうかご自愛下さい。

    #6 コメント vom 23. 12月 2014 um 10:22 AM

  7. さんた

    ぷー様、逝ってしまったのですね・・・。
    ご冥福を心よりお祈りいたします。

    ぷーままさま、お疲れ様でした。
    どうぞご自愛下さいませ・・・。

    #7 コメント vom 23. 12月 2014 um 11:38 AM

  8. demizo

    できれば もう一度 会いたかったなぁ、、、
    かろやかで ひょうひょうとしたぷーさまが忘れられません。

    合掌

    #8 コメント vom 23. 12月 2014 um 12:50 PM

  9. D.D.

    ご冥福をお祈りいたします。
    ぷーままさん、お体を大切に。

    #9 コメント vom 23. 12月 2014 um 4:03 PM

  10. Kana

    ぷーちゃん、さようなら…
    スライスチーズ食べて、最後が穏やかだったなら、天国ではCOCOちゃんも、クロちゃんも、ジェイドちゃんも、猫のじぇいさんも、ZEBも待っています。
    みんなで私たちを見守ってくれていると思います。

    この旅だってしまった子たちのお蔭で、ぷーままやOさん、由紀子さん、素敵な人達と出会うことが出来て、心から感謝しています。

    ぷーちゃんのご冥福を心よりお祈りします。
    そして、ぷーまま、いつまでもぷーままでいてね。お疲れ様でした…

    #10 コメント vom 23. 12月 2014 um 6:04 PM

  11. ドべ子

    ぷー様、穏やかに虹の橋に行ったんですね。

    ひょうひょうとした美しい姿で、この日記を見ていなければそんな大変なワンちゃんには見えませんでした。

    ご冥福をお祈りいたします。

    ぷーままさんもどうぞご自愛ください。

    #11 コメント vom 23. 12月 2014 um 7:59 PM

  12. アレックスママ

    プーまま様お疲れさまでした
    そして最後までプーままが大好きでなかなかあちらの世界にいけなかった
    ぷー様よく頑張りましたね・・・
    最後はとっても良い子で穏やかな時間を共にできて
    14年間の大変だった思いが吹っ飛んだのではないでしょうか
    あちらに行ってもきっと、ままの傍にいるでしょう、永遠に・・・

    寂しいですご冥福心よりお祈り致します

    #12 コメント vom 23. 12月 2014 um 8:02 PM

  13. chiy

    ぷーまま、お疲れ様でした。
    ぷーは、本当に大変な子でしたね~
    これで、以前言われていた「生活が大きく変わる」ことになりますね。

    さびしいけれど、順番だからしかたないですね~
    ノエルの介護もせまっていますね。
    お身体ご自愛くださいませ。

    #13 コメント vom 23. 12月 2014 um 9:07 PM

  14. REIKO

    ぷーさま・・・・逝ってしまったのですね。
    何だか 泣けて泣けて・・・・。

    だって ぷーままさん たいへんな大変な子と言いながら
    これからも ぷーままのままですって・・・・。

    泣かせる!!
    悲しいです。
    私も ぷーさまが大好きでした。

    ぷーままさんの沢山のワンちゃんの歴史の中で もっとも強烈な大変な子 ぷーさま。
    存在感 抜群ですね!
    献杯!

    #14 コメント vom 23. 12月 2014 um 9:28 PM

  15. 猫族小太郎

    ぷーまま様。お疲れ様でした。
    寒いですからどうぞご自愛下さい。

    ママ孝行のぷーちゃん、最後まで美味しいものを食べられてよかったね。
    やすらかに。。。

    合掌

    #15 コメント vom 23. 12月 2014 um 11:46 PM

  16. ぷーまま

    みなさん、どうもありがとうございます。

    神様も、ぷーにはあんまり早くそばに来てほしくないんじゃないかと思っていたのですが(笑)。

    完全に倒れる前はいくら庭に暖かい小屋を作っても夜は寒いだろう、夜中に外で立てなくなったらどうするかとか悩んだのですが、本当に寒くなる前に立てなくなって家に入ってくれたし、 でも、家に入ったら入ったで、今までのぷーのいろいろな行状を考えると、このまま行って、28日に亡くなるんじゃないかとか(市の焼き場が休みになる)いろいろ考えていましたが、わたしに覚悟とあきらめの時間を充分くれて、さっさと引き際良く逝ってしまいました。
    食べられなくなったらどうしようかとか、これ以上床ずれが酷くなったらどうしようかとか言う私のぐたぐたした迷いもどうでもよいようにきっぱりといさぎよく幕を引いていきましたね。

    「 あれ? ぷーちゃん あんたこっちに来ちゃったの?? 」 今頃ばあばにお尻を叩かれているかもしれません。

    14歳、一匹の犬を飼うということを堪能させてくれる年月でした。

    ぷーが家に来て、ぷーままというハンドルネームでブログを書きはじめ、日本のみならず外国にいらっしゃる方までたくさんのお友達が出来ました。
    年寄りのネットはバーチャルじゃないのよ、と言いながら、そのお友達と会ったり、犬の服を縫いあったり、本当にたくさんのつながりを産んでくれました。
    ありがとうね、ぷー。
    大変だったけれど、感謝してるよ。

    #16 コメント vom 24. 12月 2014 um 12:34 AM

  17. ラッキーママン

    プーママ、本当にご苦労様でした。

    プーちゃんもママのお宅に迎えてもらえた事に
    とっても感謝していると思います。
    最後まで、美味しい者を食べて、お水も飲めて、良かったね
    プーちゃん。

    プーママ、お疲れ出ませんように。

    合掌

    #17 コメント vom 24. 12月 2014 um 9:46 AM

  18. すばる

    ぷー様はさいごにおいしいものも食べて、ほんとの年末年始にはならないうちに、旅立ったのですね。
    おつかれさまでした、前にも言いましたけど、うちなーぐちでの讃辞、「たーがんならんどー」(誰にもは出来ない-あなたしか出来ない・の意)。
    ずっとぷーままさんでいてくださる由、嬉しいです。

    #18 コメント vom 24. 12月 2014 um 11:09 AM

  19. Anna

    ぷーママ、寂しくなりましたね。
    手のかかる子ほど、そうだと思います。
    うちも、何考えてるんだかわからない手のかかる老犬が、来年14歳。その日を覚悟しておかないといけないのか、と感じています。
    ぷーさんは、ぷーママのおうちの子で幸せでしたね。
    ご冥福をお祈りします。

    #19 コメント vom 24. 12月 2014 um 5:57 PM

  20. Baronron

    プー様、ありがとう。
    あなたに何度、ぷっと笑わせてもらったか。
    お空に行っても、そのままのプー様でいてね。

    心からご冥福をお祈りいたします。

    #20 コメント vom 25. 12月 2014 um 12:05 AM

  21. ぴらちゃん

    大して可愛がっても居なかった亀が死んでも心に空いた隙間。
    大きく暖かかった犬だもの、ぷーままさん私以上に辛いと思います。
    つぶらな瞳を折に触れ思い出すでしょう。
    他の子見ても、つい、亡くなった子思い出しますよね。。。。

    #21 コメント vom 25. 12月 2014 um 7:17 AM

  22. ako

    大変だった分、寂しいことと思います。
    わんこと一緒に過ごせばいつかは来ると
    わかっているけれど、辛く悲しいですね。
    ぷーちゃんはぷーままのところで幸せだったんだろうな
    と思います。
    ぷーまま、お身体ご自愛くださいませ。
    ぷーちゃんのご冥福をお祈りいたします。

    #22 コメント vom 25. 12月 2014 um 5:08 PM

  23. ハッピードッグ

    プルート君,旅立ったんですね。
    静かそうなのに存在感のあるわんちゃんだったという印象があります。
    冥福をお祈りします。

    #23 コメント vom 25. 12月 2014 um 8:12 PM

  24. ぴらちゃん

    ぷーままさんの老犬介護共々叔母の家で飼ってる老犬プリンちゃんのことを心配していたら今日逝ったそうです。16歳。
    叔母が悲しくて涙も出ないと呟いていました。
    本当にぷーままさんと同じぐらい面倒を見て可愛がっていました。
    痴呆が出ていて夜中になくので部屋に入れ、一時間おきに夫婦でさすって居たそうです。
    居間に積まれた紙おむつ、ぷんちゃんの?と聞いたらそう、と叔父が呟いていました。

    生き物を飼う以上必ず来る別れ、人事だが本当に辛い。

    #24 コメント vom 26. 12月 2014 um 11:15 AM

  25. ぷーまま

    ぴらちゃん、ぷんちゃんも飼い主さん夫婦に穏やかなお正月をプレゼントして逝ったんですね。
    泣きながらおせちを食べてぷんちゃんをしのんでほしいです。

    #25 コメント vom 27. 12月 2014 um 3:09 PM

  26. ぷーまま

    皆さんに個々にお返事しなくて申し訳ないです。
    今は冬期講習中であまり空き時間がないのです。

    プルートはあまりに大変な犬だったので、生前、ことあるごとに、
    「正直ぷるーとがいなくなったら生活が変わるし、ほっとすると思う。」と言っていました。
    いい子のCOCOが早く逝ってしまったし、プルートは最後まで粘るだろうとも思っていました。
    「神様だって、ぷーがそばに来たら大変だもの・・」って。

    でも、本当にいざいなくなってしまったら、胸にぽっかり穴が開いてしまって、さびしくてしょうがありません。
    数日で痩せてしまいました。
    (これでは正月がのり切れないと、昨日から無理やりたくさん食べています)

    でもね、もう絶対サルーキは飼いません。

    #26 コメント vom 27. 12月 2014 um 3:13 PM

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする