Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


火事

子どもたちが黒い煙が見えると言って図工室に来た。
2階から見たら、学区内から煙が見えた。
 
あわててカメラを持って屋上に上ったら、煙の元はうんと遠くだった。
 

 

 
綾瀬市で資材置き場が燃えたらしい
用田の辻から横浜に向かうところの県道沿い。
六会も煙が来たと塩大臣が言っていた。
息KOも、夜臭かったと。
ご近所さんは臭くて大変だったろう。
    
このご時世、火事なんてものはこういう事になるんだねえ。
   
 
 
 
 
 
 
 

« クマ先生の名言 – 鎌倉往復 »

作成者:
ぷーまま
日付:
2015年1月30日 um 7:49 AM
Category:
2015 日記
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

4件のコメント »

  1. REIKO

    29日に 東京駅から踊り子号で伊東まで行きましたが、車中 この火事の煙がもくもくと見えましたよ~~!

    #1 コメント vom 31. 1月 2015 um 10:16 PM

  2. ぷーまま

    REIKOさん、凄い煙でしたよね。
    風下は匂って大変だったと思います。

    #2 コメント vom 01. 2月 2015 um 1:02 AM

  3. ぴらちゃん

    家が焼けてから25年だ・・・・
    1月25日だったような?30日だったかな?どっちも厄日だ。
    焼け跡から持ち出した品物何年経っても焦げ臭かったよ。

    #3 コメント vom 03. 2月 2015 um 7:20 AM

  4. ぷーまま

    ぴらちゃん、火事にあったことがあるんだ・・・
    うちは泥棒は私が赤ちゃんの頃にあったようで、その後は犬をずっと飼っているので
    雨戸がガタっと鳴って犬が吠えまくり、足音が遠のいて行ったときが2回。呼んだ警察が犬飼っていてよかったですね~って言ってました。
    わけわからず犬が吠え続けていたら停電した時も、「泥棒に入ろうとしたけれど犬にほえられて入れず、怒って引き込み線に棒を投げて切って行った」と言われました。
    火事は怖いよねー。

    #4 コメント vom 04. 2月 2015 um 12:16 AM

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする