Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


クスノキを庭木にすると・・・

散歩の途中に塀に沿ってクスノキが何本も植わっている家がある。
 

 
 
大変大きな邸宅なのだが、周りの道路は・・・
 
 

 

 
この日はまだお掃除をしていないようだったが、毎日二人で近所中掃き集めているところを見る。
 
 

 
 
クスノキは常緑だけれど、常緑樹も必ず一年に一度葉を落とす。
クスノキは春の新葉展開の後、去年の葉が全部落ちて、新葉ばかりになるのだそうだ。
 
竹も春に黄葉して葉を落とすので、その時を「竹の秋」といって、春の季語にもなっている。
 
 
落葉は樹木にとって木の「うんち」と一緒だと習ったことがある。
樹木が不要なものを体外に出す唯一のチャンスだと。
 
 
 
それにしても、忙しい我が家のような家で、道路に面してこんな木を植えていたら非難ごうごう、切るような羽目になるだろうと思った。
 
 
 
 
 
  

« シラスごはん – 暑いんだか寒いんだか良く分からない »

作成者:
ぷーまま
日付:
2015年4月29日 um 5:59 PM
Category:
2015 植物
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする