Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


山は湿気ていた

お山は湿気がすごくて、絨毯も畳も歩くとしんなりべたべた。
ああ、杉の木や、石を見たら湿気が多いのが分かるね。

コケや地衣類がびっしりついているもの。
下のほうの緑がコケで、上のほうのぱすてる色のブルーグリーンが地衣類。

石も裏側は地衣類がびっしり。

「 おん あろりきや そわか 」 「御真言 観世音菩薩」 と書かれている。
神社なのに???

前にも書いたけれど、この神社は、神社庁にも登録されている (神社庁番号6203 「駒ヶ嶽神社」 ) し、神道大教にも所属し、「神道大教駒岳大教会」 とも言う。
山岳密教修験道)のこの神社は、普通の神社としての体裁も持ちながら、白装束の教会信者による山岳信仰の神社なので、教会信者は神社でありながら 『般若心経』 を唱える。

本殿は甲斐駒ケ岳の山頂にあるので、ここにあるのは 『前宮』。
地元では、 『前宮の下のぷーまま』といわないと通じない。

昨日も、白装束の信者さんが裏手に並ぶ「神さん」に手を合わせていた。

 

信者さんたちの高齢化が進み、山に登るのが厳しくなってきている。
この黒戸尾根は高低差が激しく、岩場も多い。荒行の修行にはもってこいの山だったのだろう。

 

そういえば亡くなった叔母も吉野の山の中に修行に行っていた。

 

私は信者ではないけれど、信仰の場というのはちょっと厳かで身が引き締まるから嫌いではない。

 

・・・で、湿気ていて、雨ばかり降って寒いから帰ってきてしまったら暑いの何の。
明日まで居ればよかったかも。

 

 

 

 

 

 

 

« 昨日の雨 – ピノ君の雄姿 »

作成者:
ぷーまま
日付:
2012年8月17日 um 7:48 AM
Category:
2012 山梨
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする