Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


リラ娘切腹

土曜日に、楽しく石談義した後、部屋に戻ってリラ娘にご飯あげたところ、口に入れるんだけれど出してしまって、困ったように私の顔をじ~っと見ている!
 
おかしい、絶対おかしい。
おなかの中にまだプラスチックがあって、それが悪さをしているに違いない、と思った。
 
ノエルみたいに胃捻転だったらどうしようもないから、気づかずに寝るというわけにもいかないぞ、と、床にマットレス敷いて、犬毛布を何枚もかぶって(ちゃんと洗濯したやつ)リラ娘抱いて寝た。
 
夜中に何回も起き上がるのだけれど、いつもと違っていて、やっぱり変だなあと思った。

 
とりあえず、おなかは腫れなかった。それは助かった。
 

 
朝、結構いいウンチをしたのでよくなったのかと思ったけれど、やっぱりご飯を食べない。

 
 
 

かかりつけのA動物病院に電話したけれど、「見ることはできても、検査も手術も一人ではできない」、と言われた。
「わかりました。では、M医療センターに連れて行きます。」と担当医に伝えた。
(M医療センターは、A病院からの紹介で以前ノエルやCOCOが見てもらっている)
 


M医療センターではお預かりで検査することになった。
 

で、2時ころに、バリウムドッグフード強制給餌による検査で胃から先に食べ物が流れないので内視鏡検査とその結果によっては手術の許可を求める電話がかかってきた。
 
まあ、完全に想定内だったので、「もし開腹する場合は、胃のクリップ手術も同時に施してほしい」旨を伝えた。
 

 

 
さあ、待てど暮らせど連絡がない。

病院の営業時間を過ぎそうなので行って待っていようかと電話したが、まだ手術中だと言われた。
結局今日は電話で、と、「小腸からタオルが出ました」と連絡いただいた。

 

 

で、今日、結果を聞きに行った。

 

 
写真と、詰まっていたブツを頂いてきた。
 

切腹あとは大きい。
 

短毛でもハゲはハゲ。

 

エリカラつけて、情けない顔。

 
 

 

 
出て来たブツはこれ。
 

 

帰ってからこれを漂白剤入りの水で洗って何か確かめた。
 

 
(続く)
 

 
 

 
 

« 愛知の石友さんと石談義 – 出て来たものは »

作成者:
ぷーまま
日付:
2017年1月30日 um 2:02 AM
Category:
2017 うちのワンコ
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする