Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


竿秤の表記をついに解読した

学校で子供たちに「てこ」の勉強を教えるときに是非使いたいと思って
4年ほど前に佐賀県の競売オークションで落札した竿秤。

竿が2竿と、おもりが一つ届いた。

 

 

おもりがどちらの竿秤のおもりかもわからず、大体目盛りに書いてある漢字すら読めなかった。

 

 

今回、調べまくってやっと解読できた。
わかってみれば簡単な字だった。

 

これを何と読むのか、最初全然わからなかったのだけれど、『重さ・質量の単位』についに見つけた。
貫(かん)のことを 「 乄 」と書くらしい。重さ・質量の単位

 

つまりこれは、「 1乄 」と「 2乄 」。
1乄は3・75kg。 ( 2乄は7・5kg。)

一本の、目盛りに鋲がないほうは、 「 1乄、2乄用 」の竿秤だった。

 

 

 

 

さて、もう一本はなんという字なのか??

 

 

 

やっと見つけたのが、単位の漢字表記だった。
「瓦」(グラム)を中心に、「瓱」「甅」「瓰」 「瓧」「瓸」「瓩」そして「瓲」と続く。
「ミリグラム」「センチグラム」「デシグラム」 「デカグラム」「ヘクトグラム」「キログラム」 &「トン」。

瓦の字に、毛、厘、分、 十、百、千、 屯を組み合わせたこの漢字。 なるほど~~。

 

 

 

 

 

 

 

 

(つづく)

« もっと大きい結晶はきれい – 竿秤の表記をついに解読した (其の二) »

作成者:
ぷーまま
日付:
2013年2月9日 um 4:24 AM
Category:
家にあるもの
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする