Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


サボテン咲いた


 
 
ベランダのサボテンが今年も咲いた。
 

考えると、もうん十年も育てている。
確か小学生の時に(中学生だったかもしれない)母親同士が仲が良かった小学3年の時の同級生の小学生の弟にもらったのだった。

 

その弟はサボテンが大好きで親御さんが庭に立派な温室を建てて、そこにたくさんのサボテンを育てていた。

 

こんな普通のサボテンをもらった経緯は、「これはね、食べると幻覚作用があって輸入が禁止されているサボテンなんだよ」とヒソヒソと目くばせしながらくれた、というもの。その話が本当かどうかはわからない。

 

最初一つポツンとあったサボテンだけれど、ん十年の間にだんだん根元から増えたりして根元は樹木のようになり、数年前にはなんとタネを飛ばして隣のポニーテールの鉢から実生のサボテンがいくつも生えてしまった。

 

上の段の真ん中のサボテンだけが種類が違うが、だんだん増えてしまった。

 
 

 
 

株分けしたのに、まだつぼみの株と、

 


 

満開の株。

 


 

何が違うんだろう。

 

小さい株はまだ咲かない。

 

 
 

 

 

 

 
 

 

 
 

« 御勅使川 – 欲張りカラス »

作成者:
ぷーまま
日付:
2018年3月6日 um 11:36 PM
Category:
2018 生物
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする