Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


早く帰った

早く目が覚めたので早く出発。
 
と言っても片付けに時間がかかってね(笑)。

 

 

 

 

大変、朝日が昇ってしまう。

向かいから日光当たると運転しにくいんだ・・・

 

と焦ってみさか道を登る。

 


 
トンネル抜けたら、
 

 
曇りだったよ。

 


 

富士山見えない。

途中のセブンで朝ごはん食べて、リラ娘のごはんも済ませて、

 

 

 

 

名泉そば屋さんでおうどんとしゃくし菜の漬物を買って(食べなかったらお土産くれました)

 

 

 

山北のK君の所におうどんお土産に置いて、おみかん貰っちゃって、

 

 

 
これが、姿は悪いけれど本当においしいおみかんで、

 

 

 
ディーラーで地図更新したので時間喰ったけどこの時間に帰ってきた。
 
368㌔走行。
 

 

 

 

 
帰ってきて、まず洗濯して、石を洗うのが普段だけど、今回位はこれよ。

 

 
一回作ってみたかったの。

 

 
適当に切った紐が数ぴったりですごいなと思ったけど、
 

 
相棒がいないのって困るよね(笑)。

 

 
端っこだけ間抜け。

 

 

 

夜家に入れて、扇風機の風あててます。
暖かいからなあ、このあたりは。それに北側にいい窓がない。

 

家の中で扇風機当てるしかないみたい。
さて、どうなるかなあ。
 

 

 

 

 

 

 

 

« 今日も – 珪灰鉄鉱 »

作成者:
ぷーまま
日付:
2018年11月18日 um 9:32 PM
Category:
2018 日記,2018 美味しいもの 料理
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

2件のコメント »

  1. すばる

    お加減如何かと思いましたが遠出なさっているようでよかったです。
    干し柿、ことしも作りました。うちに渋柿の八珍(ハッチン-正式名は平核無しというらしい)があるのです。雨がちでカビたのも。
    相棒無しさんがボトルを下げてもらっていてたのしかったです。

    #1 コメント vom 19. 11月 2018 um 10:31 AM

  2. ぷーまま

    すばるさん、
    「肺癌だといけないから精密検査してもらうように」と言われたときに、
    もともとはじけている私の中で、もっと何かがはじけました。
    身体が動くうちに、やりたいことはやっておこう、と、決めたのです。
    病気でベッドに縛り付けられているのなんてまっぴらごめんです。

    で、肺炎の熱が下がった二日後には山にいました。さすがに荷物の一部を持ってもらっていましたし、息を吸うと胸が痛かったりもしたのですが、ステロイドで体のいろいろな不調が治ったことで今回は肺癌ではないだろうなあという解放感もあり、寒い山にいることが本当にうれしかったのでした。

    #2 コメント vom 20. 11月 2018 um 3:51 AM

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする