Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


海岸で柘榴石の入った砂

 

朝ごはん食べて、海岸で柘榴石の入った赤い砂を採取した。
雨が降ってきたので写真撮らなかった。
お昼ご飯にまたうどんを食べたのだけれどこっちも写真忘れ。

 

その後市之川に見学に行ったのだが、村の人が集まっていたけれど博物館は開いていなかった。

 


 

 

 
このすごい根っこの木はなんだろう。

 

 

 
鉱山は事故が多いからこうやって神様祀ってあるよね。

 

 

 

 

徳島から来る石友さんを待つあいだ、海中に水が出ているという弘法の水へ向かい、

 


 

 
明日の朝の珈琲の水をくんで、

 

 

 


 

 

 
みんなで美味しいお魚いただいた。

 

 

 

 

おやすみなさい。

 


 

 
 

 

 

 

 

 

« 奈良から四国へ – 高温石英 »

作成者:
ぷーまま
日付:
2018年12月22日 um 11:59 PM
Category:
2018 鉱物
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする