Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


うれしくないことだけど、うれしいと思ったこと

COCOの保護団体、鎌倉のPAKさんの2013年4月の活動報告書を読み忘れていて、夕べベッドに寝転がりながら寝る前に読みました。

PAKさんも活動12年目に入って、この11年で新しい家族のもとに巣立っていった犬、猫はなんと1800頭となったそうです。

設立当時と比べて、「会員の高齢化とともに疲れも見え始め、会の活動が、以前のようにがむしゃらに数多くの犬猫を救出するということよりも、身の丈に合った活動を地道に続ける、という縮小化の傾向にあり・・」とおっしゃいますが、一番多かった2003年度の254頭に比べたら、少ないとはいえ、2012年度も93頭が新しい家族の愛に巡り合わせていただけました。

そこに、神奈川の保護センターの事情が書かれていました。

PAK会員さんの中には20年もの間保護活動をなさっている方もおられ、20年前の保護センターの事情と比べたものです。
20年前は、収用された犬猫は7日間が収容期間でその翌日が譲渡日。この日に引き出さなければ命は保障されなかったそうです。収用数が多すぎて次々と新しい犬猫が入ってくるので処分するしかなかったのです。
15年前と比べても、収容犬は1/5に減り、飼い主返還とボランティア譲渡合わせて80%近い生存率をクリアーしている 【!】 現在、病犬、高齢犬、問題犬でもない限り簡単に処分はしないのだそうです。 【これも問題だけどね】
例として挙がっている秋田犬は、2012年3月16日に丹沢のふもとで捕獲され、引き出されたのが2013年2月12日。なんと11か月もの長期間保護センターの地下室に滞在しました。担当者が「一人でも気にかけてくれている人がいれば、できる限り置くように心がけています」とおっしゃっています。本当にうれしいです。

 

ここからがうれしくないけれどうれしいと思った話です。
「最近、処分数が激減したので、ガス室を使っての炭酸ガスによる窒息死処分はしていないそうです。やむなく処分となった犬猫にはエサに睡眠薬を混ぜ朦朧としたところに麻酔薬の注射を打つ、という処置を行っているそうです。」

10分間も壮絶に苦しんで死ぬ、二酸化炭素による窒息死。 子猫などはもっともっと長く苦しむのだそうです。 飼い主に捨てられて不安で、怖くて、その挙句が死に至る苦しみなんて、あり得ない話です。
だからと言って、じゃあ、保健所に捨てればいいわ、というバカな輩が多く出たのでは本末転倒。

大体、【老犬、病犬、問題犬】がここにいるという現実は、飼い主のモラルの低さ以外の何物でもありません。 
長年連れ添った愛犬が年を取ったから、病気になったから捨てる? 全くあり得ない話です。
「あんたらの老後、病気になったとき、天罰が下るんだ」、いつもそう思います。 (あんた)や(おまえ)という呼び名以外考えられませんし。

 

老犬だって、最後を安らかにと、引き取って愛情を注いでくださる方も大勢いらっしゃるのです。

 

 

以前、東北の(青森だったかなあ)保護センターでも同じような処分をしていると聞いたことがあります。
この国、日本。
大企業優先の自民党なんかに政治を任せていたら、子供たちに残す国土が、国が亡くなっちゃうんじゃないかと不安になり、うれしくないことだらけの最近ですが、
本当はうれしくないことだけれど、神奈川県民としてちょっとうれしく誇らしく思ったことでした。

 

 

 

 

 

« ヤブキリ – ハト小屋作った »

作成者:
ぷーまま
日付:
2013年5月12日 um 10:52 AM
Category:
2013 日記,思ったこと、伝えたいこと
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

4件のコメント »

  1. ささっち

    こんにちは♪先日は私のブログにコメントありがとうございました!!
    多頭飼いのプロなのですね~(*≧∀≦*)私も出来るならもっと保護犬を
    飼いたいのですが、東京マンション暮らしで2匹の中型犬でも肩身狭く
    暮らしてるので難しいところです。

    ココちゃん、ノエルちゃん、プー君、みんなイキイキしていて可愛いです。
    ちなみにうちのクララ(白い方)も、ボランティアさんに保護された子で
    す~。

    #1 コメント vom 12. 5月 2013 um 12:58 PM

  2. ゆきなび

    こんなに殺処分される固体数が減っているという事、
    これはもう関係者皆さんとそれに共感し動いた方々の努力の結果ですね。
    記事にして下さってありがとうございます!

    #2 コメント vom 12. 5月 2013 um 12:59 PM

  3. ぷーまま

    ささっちさん、こんにちは。
    八ヶ岳、ワンコと一緒に暮らすにはとってもいいところですよね。

    うちの年寄犬たち(みんな12歳越え)は吊り橋は渡りますが、川で遊べません。
    でも、山の散歩は大好き。

    そのうち引っ越されるのですか??
    美味しいお野菜、夏の涼しさ、いいなあ・・・

    #3 コメント vom 12. 5月 2013 um 6:15 PM

  4. ぷーまま

    ゆきなびさん、
    平塚にあるのですよね、保護センター。
    やっと、本当の「保護」センターになりつつありますね。

    #4 コメント vom 12. 5月 2013 um 6:16 PM

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする