Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


ふう母さんがいなくなった

ノアが出てきたのと入れ替わるように、先週の金曜からふう母さんを見なくなった。

木曜の夜はクックと一緒に普通に餌を食べていたのに、金曜の朝からずっと見ない。

金曜の朝、未明に雷とともに雨が激しく降った。
その雨の中、外でネコの喧嘩する激しい声が続いていたらしい。(塩大臣が気付いた)
そして、朝からずっといない。

今までも母さんがいないことは時々あった。
二日顔を見せないこともあったけれど、今回はどうもおかしい。

なにがおかしいのかというと、こいつ。


ずーっと大きな声で鳴き続けている。
今までこんな鳴き方はあまりしなかった。

小さな子猫が親を呼んでいるときみたいな鳴き声で、思わず返事をしてしまう。
昨日は塩大臣も返事していた。

『 にゃぁ 』 「 はぁい 」
『 にゃぁ 』 「 どうしたの? クック。 」
『 にゃぁ 』 「 母さんはどうしたの?? 」
『 にゃぁ 』 「 さびしいねぇ。 」

ふう母さん、年も分からないけれど、(うちに来たときすでに親だったからね)
親子を捕まえて避妊去勢手術をしたのはCOCOが来る前だったから10年以上前になる。
年齢も年齢だね。

無事ならいいんだけど。

   
   

   
   
   
 

« アカボシゴマダラ春型産卵に来た – 「死ぬかと思ったよ」 »

作成者:
ぷーまま
日付:
2012年5月26日 um 6:33 PM
Category:
にゃんこ
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする